ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『氷菓』#20「あきましておめでとう」

2012.09.03 (Mon)
「私、凶のおみくじって初めて見ました!」

大晦日、ゴロゴロしていた奉太郎に、
一緒に初詣に行かないかとのえるからお誘いが☆
なんとなく『君に届け』を思い出しちゃったけれど、
二人きりというわけではなく、
摩耶花は神社でバイト中だし、里志も来るとのこと。
ただ着物を見せびらかしたいというえるは電話越しでも可愛い!
「見せびらかしにきました」
けれど、実物の方がやっぱり可愛い☆
これで着物姿を誉めないだなんて~奉太郎も無粋ですなぁ~
摩耶花とあった際には、巾着袋でさえ誉められて嬉しそうだったのにw

しかし、今回残念だったのは、
アバンの様子と、サブタイの「あきましておめでとう」から
展開が読めてたことですね;
閉じ込められちゃったんだろうな~ってのがひしひしと伝わってきたw
あのアバンのは必要だったのかな…
まぁ、演出のうちなんでしょうけど…うぅむ;

しかし蔵と納戸を間違えた上に、閉じ込められてしまうとは…
本当、不運としか言いようがないw
まぁ、年初めに悪いことが起これば、あとは良い一年かもしれないけど、
さすが「凶」だな!

「心配なんだろう、誤解されるのが」
ここで大声を出して助け出されても、
二人きりで納戸にいたことを誤解されるかもしれないとえるが言い出したため、
とりあえず事情がわかってくれそうな摩耶花か十文字に助けを呼びたいところだけれど、
あいにく両者とも携帯は持っておらず;

「ここから俺たちの持ち物だとはっきり分かるようなものを落として、
氏子に伊原のところまで届けてもらうんだ。
俺たちのピンチが伝われば、助けに来てくれるかもしれない」

そこで落し物係をしていた摩耶花にピンチを伝えて助けてもらおうという作戦に!
けれどハンカチも、空にしておいた奉太郎のサイフでも察してもらえず…

ただ、そろそろ里志が来ているころだろうということになって、
里志にこのピンチを伝えることに!

「巾着は袋だ。口と底を縛ると中身を閉じ込めたということになる。
袋のネズミという意味にな」

奉太郎が取った行動は、里志も見ていたドラマにも出ていた、
えるの巾着を紐で縛って「袋のネズミ」を伝えるというもの。
うん、これは大河ドラマ『江』でもありましたね。

「奉太郎、千反田さん、今助けるよ!」
今回ほど里志が頼もしいと思ったことはない!!
すぐさま巾着を見て分かってくれましたね♪
そして、「あきましておめでとう」は里志の言葉かいw

周りに誤解されることなく救出されたのはよかったものの、
さすがに風邪は引いたかもしれませんね;
まぁ、無事でよかった。

「福部君は一緒じゃなかったの?」
「十文字さんって、どうも苦手だな」

しかし、なんとなく里志と十文字さんの関係が気になりました。
意外と十文字って里志のこと気に入ってるのかな~なんて思ったり(エッ
なんだか急に里志のことをたずねたような気がして気になったんだけど、
単にクラスメイト&えると同じ古典部ってことで尋ねただけなのかな?

次回は2月のバレンタインの話になりそうですが、
最終回はどんな話になるんですかね~気になります!

氷菓 限定版 第10巻 [Blu-ray]遠まわりする雛 (角川文庫)未完成ストライド君にまつわるミステリー

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

今回も「遠まわりする雛」からのエピソードです。奉太郎がえるに誘われて、初詣に出かけるお話でした。お正月、家でぐ〜たらしていた奉太郎のところに、えるから電話がかか
「なんでこんな事に・・・?」 「そうですね、多分おみくじが悪かったんじゃないでしょうか?」 「あぁ」 冒頭、暗がりの中で寒さに震える奉太郎とえる。 二人は一体どのような
投稿者・ピッコロ 氷菓 (角川文庫)(2001/10/31)米澤 穂信商品詳細を見る ☆氷菓 第18話 「連峰は晴れているか」の感想をポッドキャストにて収録! 荻先生の笑顔に隠された真実、奉太
氷菓の20話を見ましたよ! いや〜、良かったですね〜! 十文字かほさんな! カンヤ祭編で「運命の輪」を盗られた、占い研究会の部長さん。 そして...
しとらす的には、ケータイを持たないカップル2人が納屋に閉じ込められるハメになったのは、御籤の「凶」のせいではなく、初詣にえるの隣で 「エネルギー消費の穏やかな一年を送れま
遠まわりする雛 (角川文庫)『見せびらかしに来ました♪』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千反田える:佐藤聡美 福部
二人だけの秘密  どうも、管理人です。部屋に戻った途端に悪化する体調って一体…(苦笑)。これはあれか、引きこもるなと言う思し召しなのか?? 里志:「あきましておめで...
奉太郎の省エネ主義がどんどん崩れているような……(笑)
閉じ込められるとしたら何処がいい? アバンでそんな事を思いつきましたw 体育倉庫に体操服の女の子と一緒に閉じ込められちゃったらいいですよね~(←マテ) 氷菓 限定版 第4巻 [B...
「あきましておめでとう」 奉太郎のもとに、えるから電話がかかってきた。 元旦に神社へお参りに行こうとさそわれる。 着物姿も見せたいという。 着物姿に驚く奉太郎。 ...
着物を見せびらかすえる可愛い
氷菓 第20話。 初詣、奉太郎とえるに訪れた悲劇。 以下感想
私、気になります。「氷菓」の第20話。 いやぁ、いつも可愛いんですがお正月で着物を着て 「見せびらかしに来ましたぁ」って巾着ふりふりの仕草が あまりにも可愛らしくて・・
[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第20話 「あきましておめでとう」 #kotenbu2012 #ep20 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな
氷菓 第20話 「あきましておめでとう」 感想です これって デートのお誘いじゃないか! それなのにどうして こんな事になっちゃったんだ?
「あきましておめでとう」 あきましておめでとう!
記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/09/post-48e0.html
今回もえるが可愛かったですね。 納屋を結構壊してたけど大丈夫なの? 正月早々からえるに呼び出される奉太郎。 えるの新春の挨拶に付き合うことになった奉太郎。 えるの着物姿
なるほど、寝正月にも意味があったかww でも、これって先に一人だけ救出してもらって、後で救いに行けばいいだけだよね? 寒さは頭を回らせないんですね。 良くわからないこと
関連リンクhttp://www.kotenbu.com/第20話 あきましておめでとうなにやらどこかに飛び込められている場面から何が起きたのやら…えるから電話が来るどうやら初詣へのお誘い見たいで着物を
着物姿のえるちゃんが可愛すぎてもうっ(*´∀`) ということで奉太郎が見惚れすぎていた着物姿えるちゃんご披露回だった氷菓第20話。
千反田えるさんの和装姿に釘付け。 折木君も改めて彼女の魅力に気づいたでしょう。 伊原さんの巫女服も中々に似合っていました。  
氷菓 第二十話「あきましておめでとう」です。 アニメ版『氷菓』も、放送が9月いっ
千反田からの誘いで初詣に行くことになった奉太郎。 私もちょっと着物を見せびらかしたいんです… そんな千反田の言葉に「はぁ」と答えただけの奉太郎でしたが、待ち合わせの
 服や髪型が変わると新鮮でいいですね。
コミトレに遅刻しかけて駅から全力で走ったら、階段が下りれないぐらいに膝を痛めた律ちゃん博士です(`・ω・´)ゞビシッ!! 今日はもうお外に出ずに記事作成に専念するよ・・・(も
氷菓の感想です。 納屋での出来事。
初詣デート服を見せびらかせにと題目は何でもいいからと折木を誘うことに成功どこに行っても二人一緒とはまるで夫婦である巫女さんはたまらんね(ぇ  摩耶花はコスプレ担当に成り...
 氷菓 -HYOUKA-  第20話 『あきましておめでとう』 感想  次のページへ
今回は正月の出来事。あるアクシデントに見舞われた奉太郎とえる。地味にピンチなこの状況、どうやって乗り越えるのでしょうか…?今回も奉太郎とえるにニヤニヤしてしまいま...
あらすじ 正月早々からえるに呼び出される奉太郎。えるの新春の挨拶に付き合うことになった奉太郎。えるの着物姿にまんざらでもない。神社では巫女の十文字かほともう一人の巫女姿
開けゴマ!
省エネな一年を送れますように―
未完成ストライド(2012/08/08)こだまさおり商品詳細を見る  奉太郎はエルに誘われて、荒楠神社にまで初詣に行きました。制服や私服姿とは違い、エルは和服姿を決めこんでいます。豪農
納屋に、閉じ込められる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209030000/ 氷菓 (2) (カドカワコミックス・エース)タスクオーナ 米澤 穂信 角川書店(角川グ...
女の子と閉じ込められて2人っきり(*/ω\*) なにそのギャルゲ展開! 元日に初詣! 着物を見せびらかしたいんです(p*・ω・`*q)えるちゃん素直ww うんって素直に頷く折木さんかわ
えるちゃんに電話をもらって奉太郎は初詣に♪ 名家・千反田家だけに、えるちゃんの装いも華やかでいいですね~! 新年からよいものを見れた奉太郎ですが... その後運が尽きたのか
「見せびらかしに来ました♪」 着物えるかわえええええええええええええええええええ! な、なんということだ、ただでさえ完璧な着こなしで抜群の美し可愛さなのにそれと合わせて
「私もちょっと着物を見せびらかしたいんです・・・」 えるから初詣デートのお誘いw ストーレトな誘い方がえるらしいけど、何か違う意味で誘ってるようにも聞こえた(つ∀`) 「
氷菓の第20話を見ました 第20話 あきましておめでとう 「なぁ千反田、元日にやっていたことは一年間繰り返すっていう迷信はあるか?」 「さぁ多分そんな迷信はないと思います...
えるも摩耶花も可愛いなー。えるを見た奉太郎の反応とか、 里志に巫女服を見られて照れてる摩耶花とか、なんだか青春してるなぁって感じですねw しっかし、小説で内容を知っては