ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

氷菓『クドリャフカの順番』を読んで、アニメの相違点とか。

2012.09.09 (Sun)
4044271038クドリャフカの順番 (角川文庫)
米澤 穂信
角川書店(角川グループパブリッシング) 2008-05-24

by G-Tools

ようやく『クドリャフカの順番』を読みました;
間が空いたので記憶もおぼろげで…
記事に書くのは諦めようかとも思ったのですが、的を絞って書いてみることに。

あまり大きな違いもなかったので、
キャラクターごとに気になったところや、
アニメではあまり出てなかった要素をピックアップしてみました。

アニメでは12話から17話までということで6話も文化祭に話に使ってたんですね。
長いのに、長さを感じさせなかったな。
と少々振り返りだしたところで、行ってみましょう。

ネタバレはあまりありませんが、これから本を読もうと思う方はご遠慮ください。
<里志>
「楽しむ」ことに命を注いでる里志でしたが、
「個人的な体験」に重きを置いてるらしく、
友人とイベントを楽しむという考えは全く持ってない様子。
どうりで谷に冷たかったはずだ…
あと奉太郎いわく、摩耶花を憎からず思ってる節があるようだけど、
なぜ付き合わないかは不明。
十文字かほを「図書館の新しい主」として注目してるけど、苦手意識があるらしい。

<奉太郎姉>
校内でえるとすれ違ってたけれど、
原作では奉太郎がトイレにいってる間にやってきて文集を買い、
手紙と『夕べには骸に』を置いていっただけ。
でも相変わらず存在感は十分(苦笑)

<摩耶花>
原作では女子の中で背が低い方だと表現されてた。アニメではどうだったっけ?
漫研では河内先輩と対峙する感じになってたけれど、
以前、摩耶花が先輩に反抗したことで先輩一派についていけない人たちが
摩耶花の周りに集まった結果、女子のグループが二つに分かれたらしい;
で、周りに押される感じで、代表して摩耶花が先輩と対峙するポジションに…
ちなみに男子のグループもあるそうだが…全体的に女子が多かったよね~
あと部長との会話で「亜也子は本気じゃない」というような話があったけど、
会話が分かりにくいなぁ~と思ってたら、一部会話がカットされてたようです;
「きのう、伊原と言い争ったこと」ってのはちゃんと入れてて欲しかったな。

<える>
奉太郎のことを腰が重くて、頼りになるんだかならないんだか~
と神社でお参りしてたときは思ってたようだけれど、
「自分が面倒だから他人を放っておく、ということにどこかで強いためらいを持つ、
核の温かい人だと思うのです」
芯は温かい人だと思ってるようですね。
「連峰は晴れているか」にも通じているかも。
けれど頼りに人だからこそ頼りすぎてはいけないと考えてたようで。
えるにとって人に頼る、甘える行動は、
自分にできることを充分にしなかったのではと不安になるらしく、
おかげで文化祭では、情緒不安定というか、ずいぶんお疲れだったのですね;

<奉太郎>
さて、最後は奉太郎。
ほとんどアニメとの差異はなかったけど、
この間、「テヘペロ☆」ってのがあった感じで、
店番やってたときに、愛想良く「やってますう、うふっ」をやる自分を想像したらしい…
意外とお茶目なところがあるんですね(苦笑)
あとは「十文字」事件を解決できたのは運がよかったといってたくらい。
「誰かお参りでもしてたのか?」だなんて奉太郎の語りがありましたが、
えるがしてましたよ!!
まさか序盤のお参りがここで活かされるなんて!
事件が解決したのは、えるのお参りのおかげでもあったかもしれない!
あの心の声はアニメでも欲しかったな~。


予告状となったしおりの「参加団体一言コメント」は
小説では初めの方に一覧が載せられてたのですが、
これもミステリならではですよね。
よくミステリもので建物の設計図なんて載せてあったりしますが、
それと同じく事件をとくための「ヒント」なんだな、って感じがしました。
そのあたりは小説で読むと、また違った感じですね。

アニメでもちょいちょいしおりは出てましたが、一時停止しないと分かりにくかったし。
まぁ、ヒントだということは薄々他のでも伝わったけど。
ダンスとか動きのあるものや、顔の表情を出すにはアニメはいいけど、
やっぱり小説も良いと思う。

そろそろアニメも終盤ですし、
また短編が終ったら本を読んで、アニメと原作の相違点について記事にしてみたいと思います。
今度は終わったらすぐ読むぞ!

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック