ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

『氷菓』#22「遠回りする雛」(最終回)

2012.09.17 (Mon)
「俺の省エネ主義が致命的に脅かされている」
省エネは恋愛沙汰を扱えない?

突然、えるに「傘を持ってくれませんか?」と電話で頼まれた奉太郎。
何を頼まれているか分からず、順を追って説明してもらうと、
えるが参加する「生き雛祭り」という祭りで、「傘持ち」の代役をしてくれとのこと。
省エネがモットーなはずの奉太郎は、なぜかすぐさまOKし、
祭りに参加することに。
伝統あるまつりなのか、一人よそ者って感じで
そこにいる奉太郎はかなり居心地が悪そうでしたね(汗)
しかも皆が忙しそうな中、何もすることないしw

「長久橋なら工事してましたよ」
ただ自転車で通ってきた橋の情報は伝えることができましたね。
まぁ、よそ者ってことですぐに信じてもらえなかったのは辛いけど;

行列がわたるため、橋の工事を中止するようお願いしていたのに、
なぜか一昨日になって、やっぱり予定通り工事して良いと連絡があったらしく、
奉太郎が橋を通ったあと、本当に工事が始まってしまったようで…

初めは犯人探しが始まりそうでしたが、
行列の道順をどう変更するか考えるのが先ってことで後回しになったけど、
奉太郎の着付けをしてくれた茶髪の人が犯人でしたか。
まぁ、おかげで狂い咲きの桜&お雛様なえるを見たことで、
奉太郎に変化が現れたのだけれど♪

「千反田が見えない。千反田が見えない。気になる、気になる。
今もし紅を差し、目を伏せている千反田を正面から見られたら、それはどんなにか───」

この状況で、えるを正面から見られたら、
どんなにか嬉しいだろうってことなのかな☆
あぁ、ここで里志が声をかけなかったら面白いことになってたかもしれないのにw
いや、めったなことはできないだろうけど。

「滅多に見られん行列だから、わざわざ帰省してきたんだ」
あとの犯人探しはあっけなく…
地元なので見ようと思えば毎年見られる行列を、
滅多に見られないと表現したことから、
あの桜と行列のカットになることを事前に知っていたと推理。
橋の細工はこの人が計画的にやったのか~。

まぁ、えるは周りのメンツを潰しても平気な人ってことで
この人が犯人だと思ってたようですが…
あの茶髪は何歳かは知らないけど、
一瞬、えるに懸想してるのかな~とか思ったんだけどね。
えるの反応を見ると、単に写真家としてベストショットが取りたかったんだと思いたい。

あとは遠路橋を渡る計画に周りが渋い顔をしたのは、
かつてえるたちのいる北と、南とで水や土地の争いがあったからなようで、
話を通さないとこじれることがあるんだとか…

「無事大学に進学しても、私はここに戻ってきます。
どんなルートを辿っても、私の終着地点はここ、ここなんです」

周りと取りまとめたり、千反田の娘として役割の果たすことに、
抵抗感や悲しみなどはないというえる。
自分の終着地点であるここに、美しさや可能性がなくとも、
この場所を奉太郎に見て欲しかったようですね~。
この場所込みでえるは「千反田える」なのか。

①商品価値の高い作物と作ることでみんなで豊かに。
②経営的戦略眼で生産を効率化し、みんなで貧しくならない方法。

すでに将来を見据えて、えるは理系を選んだようですが、
色々考えて、文化祭で自分に会社経営が向かないと思ったらしく、
えるが選んだ方法は①の方。

「ところでお前が諦めた経営的戦略眼については、
俺が修めるというのはどうだろう?」

奉太郎はとっさにこの言葉が浮かんだようですが…何という名案!
①と②が合わされば、完璧じゃないですかww
でも、言えなかったのですね…
まぁね、このセリフ一瞬、実際に行ったと思ったので、
プロポーズみたいだな~とか思ってしまったし(苦笑)

奉太郎も、これで少しは里志の気持ちが分かったかもしれませんね~。
奇しくも季節はこれから春!
これからが恋の季節ですよ!たぶんw

いや~じわじわ互いを意識し始めてきたようなところでアニメが終ったのは残念ですが、
絵が綺麗だし、演出は丁寧だし、
原作に綺麗にそって描かれているし、いい作品でしたね!
さすが京アニ!
スタッフ&声優さんにも恵まれましたね~。
何より原作に恵まれたか。

最後はアニメの続編のお知らせがあるんじゃないかと期待していたのですが…それもなく。
続編がないなら小説の続きも読んでしまいたいところです。
あとついでに小市民シリーズですか、そっちも読んでみようかと。
総評は後日改めて書きたいと思います。
2クールお付き合いありがとうございました!

氷菓 限定版 第11巻 [Blu-ray]遠まわりする雛 (角川文庫)未完成ストライド君にまつわるミステリー

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。(最大500文字まで)


管理者のみに表示

トラックバック

アニメ「氷菓」を見ました。 テレ玉にて 日曜深夜にやってました 米澤穂信の小説 古典部シリーズのアニメ化 1作目、2作目は既読でした 日常の謎を扱ったミステリで そこに高校生
地元の祭事である『生き雛まつり』で『生き雛』となる事がきまったえるは急遽欠員が出てしまった役に折木を推薦。 かくして、折木はえるの後を傘を差して歩く事になる。 祭り
こちらも2クールにわたって放送された作品ですが終わりましたね 個人的に初期はそこまで良い印象をもっていなかった作品なんですが 話が進むにつれて面白さや楽しみが分かってき
 …何と……何と美しい……。  京都アニメーションの描いた桜のシーンは、これまで何度も目にしてきましたし、そのいずれもとても美しいものでした。  でも、今回のこの桜...
氷菓もとうとう最終回です。休日にまどろんでいた奉太郎は、えるからの電話で起こされました。何かと思えば、生き雛祭りで傘を持つ役を探しているのだそうです。それを引き
 神山高校1年B組の折木奉太郎(おれきほうたろう)は姉が所属していたものの、部員不在で廃部寸前な古典部に入部。 学校生活の中でおこる謎を次々と解決していく、第22話、最終回...
こちらの期待以上の、良い最終回でした。制作に関わった全ての方々は本当にお疲れさまでした。今回、まずは十二単に桜という組合せの絵で雅な雰囲気が表現できていたのは、さすが京...
氷菓の22話を見ました。 いやー、よかったですね! こそばゆい えるたそな!! 生き雛祭りの行進ルートが変わった! 歴史ある街の神事である
投稿者・ピッコロ 氷菓 限定版 第4巻 [Blu-ray](2012/09/28)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る ☆氷菓 第21話 「手作りチョコレート事件」の感想をポッドキャストにて収録! 里志が最...
氷菓 22話「遠まわりする雛」 の感想を 『気になります』にも、もう慣れた省エネ主義者 「折木」は淡々と推理をし、いつものごとく「千反田」納得させる 見慣れた2人の後ろ姿、
氷菓 限定版 第4巻 [Blu-ray]『もう春です』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千反田える:佐藤聡美 福部里志:阪口大助
氷菓 限定版 第4巻 [Blu-ray](2012/09/28)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る  雛の姿になり化粧をした千反田える。 入須冬実も化けたが、えるも昔の貴族のようですね。 祭り
遠回りであっても、重なりつつある距離  どうも、管理人です。何か久々に昔好きだったラジオ番組をBGMにしておりますが、ぶっちゃけ作業の手が途中で止まりそうで恐ろしいw ...
桜舞い散る道を彼等は歩んでゆく
4月1日にエルたんからの電話の誘い 「傘を持って欲しい」 旧暦で4月3日がひな祭りのようです。 旧暦を使う行事ってあまり聞かないですが、結構メジャーなのでしょうかね? 氷
「遠まわりする雛」 えるから雛祭りの傘持ちを頼まれた奉太郎。 奉太郎は引き受け、えるの元へと向かう。 行ってみると、みんな大忙しの状況。 礼儀正しくご挨
氷菓 第22話 「遠まわりする雛」 感想です えるの生き雛 もっと見たかったです
もう面倒臭がる素振りすら見せねぇなコノヤロウ(笑)
彼女が十二単に着替えたら? 「氷菓」の最終話。 春休み中、えるから突然「傘持ち」を頼まれる奉太郎。 行列の経路の問題でドタバタが起きたりするがえるが手配して無事収まる。 ...
「いきなりでご迷惑なのは重々承知なんですが、どうか傘を持ってくれませんか!?」 またもや、えるからの デートのお誘い お願い事w ひな祭りでの行列で雛をやることになったえ
ド田舎だな。 声優豪華だな・・・最終回だからって金使いまくったな。 これが、チタダエル雛形態か!?
プロポーズキターーーー!と思ったら妄想かよw でもこれはこれで二人らしい良い最終回だった! ということで京アニ渾身の背景が段違いで綺麗すぎた氷菓最終回第22話。
あれ?折木からの告白は無し? 豪農への婿入りは無理か? ・お雛様行列の傘もちねぇ あんな大々的なお祭り行列やっているのは、もう古い田舎町しかないだろうなぁ。 御内裏様の
遠回りして見えてくるもの―
氷菓の感想です。 未来に遠回りする2人。
 氷菓 -HYOUKA-  第22話 最終回 『遠まわりする雛』 感想  次のページへ
[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第22話 「遠まわりする雛」 #kotenbu2012 #ep22 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容な
最終回ということで、まとめ感想の意味も込めてレビュー。 基本的には学校メインだったので、えるのお嬢様っぷりは目立たなかった、むしろおとぼけ天然キャラで通ってた感があり
氷菓も今回で最終回。えるから雛祭りの傘持ちを頼まれた奉太郎。奉太郎はそこでどんな体験をすることになるんでしょうか…?今回はそんな雛祭り行列に注目です!京アニの演出...
遠まわりして、辿り着くのは。
 第22話 最終回「遠回りする雛」  氷菓は22話で最終回ですか?  まるまる2クール作品とはならず、余力を残しての最終回でした。  最近では”うぽって!!”が11話で最終回を
生きびな祭りえるさんが雛役でその隣を歩く大役を直々に仰せつかった折木こんちくしょうめ雛役のえるは型にハマっているというか違う人みたいだあっという間に時間は過ぎてしまい祭...
氷菓 最終話。 生きびな祭りの傘持ちに任命された奉太郎は・・・。 以下感想
記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/09/post-5bc5.html
桜吹雪の下、美しすぎるえるの微笑み 最後までえるが美し可愛かった!この笑顔が最後にあっただけで今まで見てきて良かったと思えるような、物語の締めに相応しい素晴らしい映像演
関連リンクhttp://www.kotenbu.com/第22話 遠まわりする雛えるから電話が掛かってきて明後日の予定を聞かれて傘を持ってくれと言われる奉太郎…傘持ちのために水梨神社へ自転車で桜並木を
遂に最終回。 あらすじ えるに「生き雛祭り」の「傘持ち」役を頼まれた奉太郎。祭りの会場に行ってみると…、そこは戦場さながらの様子。男衆の気迫に圧倒される奉太郎。 脚
恋心… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209170000/ 氷菓 限定版 第4巻 [Blu-ray]角川書店 2012-09-28売り上げランキング : 68Amazonで詳しく見る by G-...
「遠まわりする雛」 千反田が見えない 気になる、気になる…
終わりと、そしてまた新たな始まりの最終回でしたね。 これで奉太郎たち古典部の1年間が終わったわけですが、学生生活はまだまだこれから! 原作にストックがないのですぐには無理
傘を持ってくれませんか?+;・ο。..+(○´▽`)o☂o(´▽`○)+。ο・;+ 折木さん生き雛祭りで傘をさす人になる! 衣装かわいい(*´ 艸`*) えるちゃんのお雛様キレイ~♪ 男雛は入須先輩...
最終話です。  えるちゃんの気になりますもこれが最後とは寂しいですね。 春を予感させる中で、とりあえずアニメ版は幕をとじる。 幻想的な背景もあって、まだ奉太郎たちの物語
氷菓 第二十二話「遠まわりする雛」です。 アニメ版『氷菓』も、今週で最終回らしい
遠まわりする雛 (角川文庫)(2010/07/24)米澤 穂信商品詳細を見る  最終回だけあって、オッサンさんが声優さん的にも豪華でしたね。千葉さんがいい感じで。祭りの傘持ち役として、奉太郎...
 エフェクトが凄く効いていて……
氷菓の第22話を見ました 第22話 遠まわりする雛 えるからの電話で生き雛祭りの傘持ちの代理に奉太郎は頼まれる。 橋で工事が行われているせいで正規のルートが使えず、男衆が...
遠まわりする雛とは折木君のこと。 遠回りした折木君の先にあるのは・・・ 二人の物語はまだまだ続くのでしょう。 氷菓最終回。 桜の色に支配されたビジュアルが 幻想的でインパ...
綺麗でいい終わり方でしたね。 これで最終回というのが惜しいです。 えるに「生き雛祭り」の「傘持ち」役を頼まれた奉太郎。 祭りの会場に行ってみると…、そこは戦場さながらの