ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今期(9月終了アニメ)を評価してみないかい?18」Part.2

2012.10.13 (Sat)
さて9月終了アニメ総評の後半です。

今回も「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロ様が企画されている
「今期(9月終了アニメ)を評価してみないかい?18」に参加させていただきました。

興味のある方はこちらをご覧下さい
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6436.html

6項目を5点満点で採点。
評価の指標は、5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い

*各評価項目については、末尾に記載。

あとは以下の9作品を評価してみました。*エウレカセブンAOを追加。

超訳百人一首 うた恋い。
薄桜鬼 黎明録
はぐれ勇者の鬼畜美学
TARI TARI
黒子のバスケ
境界線上のホライゾンII
だから僕は、Hができない。
カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~
エウレカセブンAO

*辛口コメントも混じってますが、ご了承ください。あくまで私的意見です

前半Part.1はこちら→Part.1
『超訳百人一首 うた恋い。』
ストーリー…4
キャラクター性…4
画…2
演出…4
音楽…3
総合的な評価…4

総合点…21

絵とOP&EDはイマイチ…
ただストーリーは楽しめました♪
難を言うなら、親子の描き分けがあまりできてなかったなぁ~と。
似すぎて序盤混乱するというのが、2回ほどありました(苦笑)
あと定家の金髪は余り違和感なかったけど、
紫式部の金髪と、あと声に違和感がありました…。。。



『薄桜鬼 黎明録』
ストーリー…3
キャラクター性…4
画…4
演出…4
音楽…4
総合的な評価…3

総合点…22

少々、他のシリーズよりも盛り上がりに欠けましたね。
ただ芹沢さんが漢を見せたので、芹沢さんのところは盛り上ったかと!(ぁ
ただ新キャラの龍之介は、なんだか傍観者ポジションが多く、
芹沢さんを描くには必要な人物だったとはいえ、
アニメではなんだか活かせなかった気がします。
ゲームでは違うんだろうけどね~なんだかもったいなかった気がします。



『はぐれ勇者の鬼畜美学』
ストーリー…2
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…2

総合点…16

1クールで終るとは思ってなかった;
一応区切りの良いところで終わった感はあったけど、
振り返ってみると「序章」がようやく終わったという感じがしてならない;
1クールだけのアニメをする必要があったのかな?(汗)
結局、エロを前面に押し出して終ったな…
だが岡本信彦にエロキャラはまだ早いと思う。声があってなかったよw
そして暁とお兄さんの確執は不明なまま。
妹さんの死と何か関係があったりするのかな?
これから大掛かりなことがおきそうなところで終了…評価がしづらいですね;
あと、絵が好みでなかったのがね…
原作絵は綺麗だったのに、とCMを見て思いました。



『TARI TARI』
ストーリー…3
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…2

総合点…17

評価はすべて普通にしましたが、ストーリーとしては苦手なジャンルでした;
周りにあたったり、喧嘩したり、泣いたり。
時々青臭すぎて、イラっとすることも(ぁ
ただ最初から最後まで一本線が入っていたかなぁ~と。
しかし騎手を目指してたのに、紗羽が体重制限を知らなかったというのはちょっと、
いかにも物語を盛り上げるために直前になって出しました~的な計算が見えて嫌でした。



『黒子のバスケ』
ストーリー…3
キャラクター性…4
画…4
演出…4
音楽…4
総合的な評価…3

総合点…22

最後、主人公たちはライバルの試合を観戦して終るという…
なんとも不思議なところで終ってしまいましたね(苦笑)
まぁ、これもある意味黒子らしいか?
視聴してまず意外に思ったのは、テンポの速さですね。
とても週刊少年ジャンプとは思えない速さだった(苦笑)
ちゃんと丁寧に作られてるんだろうけど、ジャイキリやおおふりなんかを見てきたから、
このテンポでサクサク進むのは、ちょっと物足りなかったなぁ~。
試合あっさり終るし…。。。
あと、ちょっと特訓とか練習風景が少なかった気が…
あまりスポ根という感じはせず、キャラで見せる作品でしたね。



『境界線上のホライゾンII』
ストーリー…3
キャラクター性…5
画…5
演出…4
音楽…5
総合的な評価…4

総合点…26

1期目はよく分からないまま、でもなんだか面白いので視聴。
2期目はというと、実はその思いは変っていなかったり(苦笑)
なんだか面白いので最後まで見てしまって、
良く分からないまでも、魅せたのはサンライズのすごいところだと思うww
原作者が喜ぶわけだよ~。
ただ、最後に新キャラを続々出したのがな…。。。
続きは小説で、ということなのかな?
既読ファンには嬉しいサービスだったのかもしれないけど、
未読者にとっては必要ないサービスでしたね。



『だから僕は、Hができない。』
ストーリー…3
キャラクター性…4
画…4
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…20

主人公があんなだから、最後シリアス展開が長く続くのは予想外でした;
で、結局主人公のお父さんって何者だったの?(汗)
そこが放置だったのが、激しく納得できないww
続きでは小説でということなのか、尺が足りなかっただけなのか。
ちょっぴり謎が残ったまま終っちゃいましたね;
主人公のせいもあってエロを前面に出すアニメで、ED映像とか見てられなかったな;
まぁ、でもツンデレキャラが好きなせいか、全体的に点数高いかも(エッ



『カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~』
ストーリー…3
キャラクター性…4
画…3
演出…4
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…20

神話の神様に詳しかったら、もっと楽しめたんだろうなぁ~というアニメ。
うん、時々ついていけないときがあった(ぁ
サルバトーレとの出会いがばっさりカットされてたようで、いきなり出てくるし!
さすがに端折ってるのバレバレ…これが響いてストーリーは3点に。
正直、9話のリリアナ回が一番面白かった♪
まぁ、絵は崩れて残念だったけど…
時おり、女性の腕が細すぎるとか、バランスの悪いときがありましたね;
そこまで細くしなくてもw
あとはキスシーンがなければもっと楽しめたんですけど、まぁ、それがうりなら仕方な…(コラ
あ、でもナレーションはステキでした(苦笑)



[2012.12.5 追記]
『エウレカセブンAO』
ストーリー…2
キャラクター性…2
画…4
演出…3
音楽…3
総合的な評価…2

総合点…16

全体的に盛り上らなかったし、夢か現実か分かりにくい演出がありましたね;
最後のアオ一人ぼっちエンドは、ちょっと寂しかったし;
エウレカが出たときだけ盛り上った感じだな(ぁ
登場を待ち焦がれていたレントンは、最後の最後しか出番はなく…
まぁ、レントン夫妻のイチャイチャが見れたのは良かったんだが、
レントンがホランド声の藤原さんだったのにはちょっと納得いかないw
まぁ、泣き出したときはちょっとレントンらしいと思ったけどさ~
ただ何のためのアニメ続編だったんだか~
まぁ、スカブとか世界の謎が分かっただけましなのかな?




ベストキャラクター賞…該当者なし!

ベストOP賞…「ZONE//ALONE」茅原実里『境界線上のホライゾンII』
いつもOPを飛ばさずに聞いてました♪

ベストED賞…該当曲なし!
これだ!というものがなかったな…

ベスト声優賞・男性…中村悠一さん
『氷菓』の奉太郎の声がよかったかな♪
あのやる気のなさそうな感がよかったです。

ベスト声優賞・女性…該当者なし!
迷ったけれど、あえて挙げる人はないかなぁ~と思ったので。。。



各評価項目については、以下が基準となっております。

ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。
キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。
画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。
演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。
音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。
総合評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

さあ、準備も完了したのでベスト賞専用記事、 通称「ベスト賞決定大戦」記事です!!! 候補キャラが多い時に何度も語りましたけど 今期は知っての通り夕方枠と朝枠の終了アニメも...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。