ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

漫画『スキップ・ビート! 32』著:仲村 佳樹

2013.03.21 (Thu)
4592194926スキップ・ビート! 32 (花とゆめCOMICS)
仲村佳樹
白泉社 2013-03-19

by G-Tools

「初めて会ったあの時みたいな瞳をしてる」

B・Jを演じるため、昔の自分を出し始めた蓮。
しかしそのために俳優「敦賀蓮」の仮面が崩れ始め、
いつも以上に笑顔で取り付くっているのが、社さんの目から見ても明らか;
その上、貴島とキョーコの接近に蓮と、
それにショータローは心中穏やかでなく、とうとう行動を起こす!?

以下、ネタバレ感想です。帯についてはスルーで(ぁ
やばいですよ~
昔の蓮様が出始めたことで、昔ヤンチャやってたってことが、
社さんだけでなく、付き合いの浅い人たちにまでバレ始めてる!
まぁ、周りはそれをようやく腹の内を見せてくれたと好意的だけど、
それは今まで蓮さまが作ってきた俳優「敦賀蓮」が崩れてきたということに~
でも貴島へのけん制はさすがだぜ☆

社さんが初対面のころの蓮に戻っていると忠告してくれたけれど、
仮面が崩れたのは、
今回の場合はショータローのせいでもあるようですね;

貴島さんがキョーコをドレスアップさせたことに怒って直に会いに来ちゃって、
しかも二人一緒のところを蓮さまに見られるという…
相変わらずキョーコの間の悪いこと~。

「敦賀さんのことなんて何とも思ってませんけど!!何か!?」
てっきり、キョーコが言わせられたこのセリフを聞かれたのかな?
とか思ったけれど、どうやらショータローが
わざわざこのセリフを蓮さまにいいにいったようで;
暇人だと言われてもしょうがないな(ぁ
なんというか、やり方がちょっとお子ちゃまだw

ただこのセリフ、キョーコは自分が蓮さまにのめりこんだら、
昔以上に馬鹿になると予感があるため、なおさらその気持ちを抑えようとしてるようで…

久し振りに妹としてカイン・ヒールに会うのはそれはそれは緊張したけれど、
演技だから大丈夫!?
気持ちを切り替えて部屋に入ったのに、
肝心の蓮が役になりきれてなくて、ショータローのことを持ち出してきた!!
って、非通知のショータロー電話が掛かってきたのが元凶だけど;
あの非通知見て、目の色変ったよな~モノクロだけど(ぁ

詰め寄られてベッドに倒れたところに、
蓮が乗ってきて今にも襲いそうな雰囲気だったけど、
震えてたキョーコが蓮を動かしてるもの(?)に気付いて、行動に出た!?
って、女の力であの場で形勢逆転できるものなんだろうか(苦笑)
しかも蓮さまの上に乗ったキョーコは舌なめずりまでしちゃって、
さらに妹ちゃんを出してきた感じなのかな;

しかし…なんでしょう。
194話の蓮様とキョーコの会話突然だった感がするのですが??
セリフが抜けてたりはしない??
ちょっとついていけない感じがしたけど、否定しないって何のことだったのかな?
前の話で話してたのは、部屋に閉じ込めておく云々だったはずだけど~
まぁ、次の巻読めば話は繋がるかな?

にほんブログ村 漫画ブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

■「スキビ!」不破尚と金爆・鬼龍院翔がショウ繋がりで競演 この帯を見た瞬間笑いましたw ショータローをキリショーですか… まあアリじゃないんですか~ 敦賀さんの実写化はネタ...