ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

漫画『最遊記異聞 1巻 限定版』著:峰倉かずや

2013.04.26 (Fri)
4758057966最遊記異聞 1巻 限定版 (ZERO-SUMコミックス)
峰倉かずや
一迅社 2013-04-25

by G-Tools

「仲間を見殺しにして得られるような称号なら、
「三蔵」なんぞクソくらえです」


『最遊記異聞』は玄奘三蔵の師匠である光明三蔵法師が主人公!
本編『最遊記』より40年ほど前の話で、
光明こと「峯明」の修行時代が描かれてました。
帯には「痛快学園坊主ライフ」と銘打ってありましたが…あながち間違いじゃないかも?(苦笑)

限定版には16ページほどの小冊子がついてました。

以下、ネタバレ感想です。
あらすじ紹介するには、
作者自画像の下に書いてある文章がいいかと思ったんですけどね(苦笑)

イケメンが出てこなければ、格好つけたストーリー展開もないらしい。
主に「光明[峯明]」のせいで(ぁ

「なんで光明三蔵が経文を二つも所持していたのか?」
「そもそも天地開元経文って、三蔵システムってなんぞ?」

というあたりが描かれる予定のようですが、
「絶対に人気の出ない漫画を書いてもいいですか?」
作者はそう担当さんに切り出してからの連載となったようだ…
まぁ、確かに今までとは雰囲気違うよね~。

本当に坊主だらけで、丸坊主が多いし…
妙に褌一丁の描写が多いし(苦笑)
でも筋肉がすごいのね☆

みな三蔵をかけたライバル!という中で、
峯明だけやっぱりどこかぽやぽやって感じだし;
たまにキリっとすることあるけれど、それは仲間のためだったり。
みんな仲間意識が高まっていってるよ♪

今後は残った三蔵候補11人を描いていくんでしょうけど、個性派ぞろいで(苦笑)
蝶庵はブリーチのオカッパの奴とイメージかぶるわ(ぁ
あとそのコンビの人が銀髪だったのが意外w
まぁ、三蔵の金髪もたいがいだけどね(エッ

見覚えがあるのは桃醍。
彼は確か本編『最遊記』で烏哭に殺された剛内三蔵法師なんじゃ…(汗)
峯明といい、名前がちょっと似た響きだし;
そういえば、待覚もリロード3巻に出てたな。。。

正統派で行けば青藍あたり三蔵になりそうだけど、どうなんだろう。
以前、砂漠で食われた三蔵の話もあったけれど…
峯明の同期でないといいな。

あとは玄灰あたりが三蔵になって、峯明に経文を託すという感じになりそうだなぁ。
「魔天経文」は代々妖怪の僧侶が受け継いで立って話だし…
なんとなく、玄灰は死にそうで怖いな;

今のところ、時おりシリアスは含まれるものの、
死人が出る気配は今のところないけど…今後どうなるんだか。
なんだかんだで楽しみです☆

あと限定版の小冊子。
表紙のカラーがめちゃ気合入ってる!
そしてやっぱりオッサンは、カーネルさんに見えるよなぁ…。。。
中の内容は、「寄せ鍋」というか「闇鍋」っぽい感じでした。(エッ
うん、なんかザックリした感想でスミマセン(苦笑)
ただ、小冊子表紙の三蔵候補11人の白スーツ姿は必見ですわ☆


最遊記異聞 1巻 (ZERO-SUMコミックス)

にほんブログ村 漫画ブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック