ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

ドラマ『空飛ぶ広報室』#7

2013.05.26 (Sun)
「みんな見ず知らずなんかじゃない。
みんな守るべきものなんだってこと教えてくれました」


空自のイメージアップのためにプロモーションビデオを作ることになった広報室。
鷺坂室長の言葉から航空救難団、
通称『メディック』にスポットを当てることに!
隊員たちを身近に感じてもらいたいコンセプトはよかったのだが、問題が~。
バーで隊員たちがダーツしているところに出動命令がかかり、
現場に駆けつけるという格好いいPVが出来上がったのだけれど、

「これ飲酒運転にならない?」
「そもそもバーってどうなんですか?何を飲んでいるにせよ、
お酒のイメージのある場所から出動というのはよろしくないんじゃありませんか」

撮影ではウーロン茶などを飲んでいるのだけれど、
バーという場所にいては、お酒を飲んでいると誤解されかねない。
そもそも酒場からの出動に渋い顔されてしまって…
せっかく撮影したPVはお蔵入りに~。

空幕を取材するリカも自然と「メディック」などについて勉強したようだけれど、
報道の元同僚になんか引かれてたな(苦笑)
でもそのリカの一生懸命は買うよw

何気に撮影の合い間に、槙と柚木も進展があったようですが、
久し振りに引き出しから乙女心を出すのは、なかなか難しいようですね。
リハビリが必要だw
リカは何気に振られたことを柚木に話していたけれど、
「仕事してる女性にとっては選びにくいですよね」
空井のこのセリフの感じだと、やっぱりリカを嫌ってることはなさそうな?

リカはメディックのメンバーになかなかきわどい質問をしてましたが、
以前よりはずっと、用心しつつ質問してるのがなんだか伝わってくるな。

「きついこともたくさんありますけど、
これ見たら頑張らないわけにはいかないでしょう」

家族も心の支えだけれど、
助けた家族からの手紙やお礼というのも、自分を奮起させるひとつのようですね。
この話聞いてたら、なんだか空井の広報魂にも火がついたようだw

ただ、リカの方も…
いろいろ知るためには鷺坂室長にも話を聞かなければと思ったようで、
阪神淡路大震災と、奥さんがなくなった事柄についてインタビューすることに。

室長は震災の際、待機していたところ奥さんの危篤を聞いたらしい。
駆けつけられたのはそれから5日後。

「妻よりも、いってしまえば見ず知らずの人を助けることを選んだ。
自衛官としては正しい選択です。でも夫として正しかったのかどうかは…」

妻ではなく見ず知らずの人を選んだことは、
自衛官として正しくても、夫としてはどうだったのか…
さすがに悶々としたという室長だったけれど、
いまでは「見ず知らず」の人なんかおらず、
みな守るべきものだと思えるようになったようですね。
それもこれもなくなった妻のおかげ。
きっと妻も自衛官の自分を今でも応援している。

色々経験した室長だからこそ、
有事の際、理解があればこそ迅速に友好に働けるといえるんでしょうね。
広報の仕事はやっぱり大事なんです!

しかし、インタビューしたはいいものの、
古傷をえぐっただけで、自分ではいかしきれないと不安に思うリカ。
「違う形で思いを伝えられるなら意味があるんじゃないか?」
しかしテレビで流さなくても、別の形でなら伝えられるかもしれない。
上司、いいこといったな。

いいタイミングでリカの元同僚がメディックの救出活動の現場を撮影したけれど、
テレビでは「山岳救助ヘリ」との字幕が…
ガッカリする空幕室だったけれど、香塚がすかさず訂正を入れてくれて、
その上、「メディック」とその救助内容について細かく報道してくれた!

「絶対稲葉さんだよ!!!」
リカのしわざだとピンときた空井は一目散にリカのもとに駆けつける!
リカのしわざだと疑わない空井は、すぐさまお礼の嵐☆

「飲みにいきましょう、今から二人で。
もうグダグダ考えるのやめにしました。僕が稲葉さんと飲みたいから誘います」

あまりの嬉しさに悩んでたのがふっ切れたので、二人でのみに誘っちゃったよ♪

リカも断ることなく、付き合ってくれて~。
おまけにいつぞやの女のこのときとは違って、会話が弾んでましたね♪
例のイケメンの誤解も解けて、これで障害はなくなった!
まぁ、転勤の際には、遠距離or結婚で悩むかもしれないけれど。
とりあえず、ひとつ問題が解決してよかったわ!

と思ったのに、次回またお邪魔虫が現れるのか!
ライバル登場に、いなぴょんどう出る?


空飛ぶ広報室

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック