ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『翠星のガルガンティア』#13「翠の星の伝説」(最終回)

2013.07.01 (Mon)
「この空と海のすべてが、あなたに可能性をもたらすだろう。
生存せよ、探求せよ、その命に最大の成果を期待する」

未来へ───

いい最終回だった!!
ということで『翠星のガルガンティア』もとうとう最終回。
クーゲル中佐の意思を引き継ぎ「神」になろうとするストライカー。
だが、レドもチェインバーもその行動に異を唱える。
「思考と判断を放棄した存在は人類の定義を逸脱する」
以前のレドのように思考し判断することは人類にとって負担だろうと、
自分の教えにしたがっていればいいのだ~的な発言をするストライカー。
けど、それにチェインバーが反論!

「貴官はこの想定外の環境において、常に正しく人間として思考し、判断した。
その結果、当機もまた今なお正常な機能を維持している」

パイロット・クーゲルが方針を見誤ったため、
システムであるストライカーも論理破綻を引き起こしたと状況説明w
ついでにレドがいかに正しい行動を取ってきたか誉めてくれましたね~。
いいわ、このコンビ☆

「あいつを倒そう、チェインバー。それが俺たちの務めだ」
打倒ストライカー!
ということで、心をひとつに戦い始めたレドとチェインバー。
けれどクーゲルの操縦技能を解析、自立起動プログラムを最適化したストライカーには
機動性において劣るようで…
全システムをレドの中枢神経に接続して対抗するという、荒技に出た!

「レド!私たちがついてる。私たちが一緒に戦う。
どんなに辛くても、私はあなたのそばにいたい。だから帰ってきて。
あなたが守ろうとしてくれた場所に、私たちのガルガンティアに」

そこにエイミーという心の支えも現れてくれて♪
ガルガンティアとラケージの協力のおかげで、ピニオンも助かりましたね~。
ラケージが格好よかったわ!
それに比べてピニオンは…なぜこんな男がモテるんだかw

ピニオンを脱出したことで、遺跡にもガルガンティアからの砲撃が与えられ、
クーゲルサイドの反撃の意思はすっかりそぎ落としたようで。
残るはストライカーのみ!

ただこのまま機械と融合した状態で戦い続けるのは危険だと、
最後にレドに死を望むかと、意思確認するチェインバー。

「俺は死に方はわかっても、生き方は分からない。
そんな俺のために生き方を一緒に捜してくれる人がいた。
もう一度会いたかった。もっと声を聞きたかった」

レドは明確なことは言えなかったけれど、生への、
エイミーに対する思いが明らかにあったため、チェインバーが決断を!

「レド少尉の心理適正は兵士の条件を満たしていない。
よって現時点を持って貴官の軍籍を剥奪する」

レドの心が兵士の条件を満たしていないという建前のもと、
非戦闘員としてレドをコックピットから排除し、
一人…もとい、一機でストライカーに臨むことに!
って、これ絶対レドのためだよ!(涙)

「私はパイロット支援啓発システム。
あなたがより多くの成果を獲得することで存在意義を達成する」

これ初めの頃にも聞いたセリフだけれど、全然意味あいが違って聞こえるな。
レドはすでに支援の必要はなく、
啓発の余地もないというチェインバー。
その上さらに可能性が待っていると、命を大事にするよう言葉をかけてくれましたね。

いや~ガルガンティアにやってきて、
次第に人間らしい感情を得ていくレドと一緒に、
チェインバーもちょっとは人間っぽい感情を手に入れていかないかな~
とか思っていたけれど、本当にチェインバーも成長して(涙)
本当に二人三脚でここまできた、って感じがするわ。

「くたばれ、ブリキ野郎」
最後はピニオンが言いそうなセリフを言って、
ストライカーを確保した上で、至近距離からビームで攻撃!!
ともに光となって消えてしまいましたね~。
それを見て涙を流すレドを見ても、二人の絆が窺がえるよ~。

その後、ガルガンティアはいつもの日常を取り戻したようで、
ピニオンのそばにはラケージ…
おまけにベローズ(にマイタ)もいて、複雑な人間関係になりそうだわ(苦笑)
あ、ベベルの講義にたくさんの人がきてたけど、
ここでコンテストに入賞したキャラがいっぱいいたようで、いすぎて分からんw

一方、レドはクジライカとの共存を目指して、海に潜ってるようす。
チェインバーがクジライカの新たな住み処になってるとか、泣けてくるわw
彼らを刺激しない方法って、笛でも使ってるのか…
なんにせよ、良い傾向。
パイロットスーツを脱いで、現地の服を着てるのもここになじんでる感じがしていいわ。
エイミーもいるし、今後もガルガンティアでうまくやっていけそうですね。
ハッピーエンドでよかったです♪

最後は、なんにせよチェインバーにつきる!!
ありがとう、チェインバー!
君の事は忘れないよ!
いい最終回でしたわ。

1クールいい作品を作ってくれたスタッフ&キャスト様に感謝を。
お付き合いしてくださった皆様もありがとうございました。
また来期の作品もお付き合いよろしくお願いいたします。

翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 3この世界は僕らを待っていた空とキミのメッセージTVアニメ 翠星のガルガンティア オリジナルサウンドトラック

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

なぜこのアニメを2クールでやらなかった!! ということで遅れに遅れましたが、翠星のガルガンティア12、13話感想と総括です。 レドと彼を取り巻く人々の物語もついにクライ...
【宇宙戦艦ヤマト2199 第13話】倒れる沖田艦長と襲いかかる潜宙艦の巻。中田譲治さん演じる潜宙艦の艦長が渋かったですね〜。対比して、副官さんが品のない荒くれ者っぽかったのも ...
機械と機械によるイデオロギーの激突。空っぽのコクピットを晒しながらストライカーは悪びれる様子もなく告げる。私は人類支援啓蒙レギュレーションシステム=即ち神である、と。こ...
 銀河の果てで戦いを繰り広げていた少年兵レドは時空のひずみにのみこまれ、目が覚めると地球に漂着していた。第13話、最終回-場面1-チェインバーvsストライカーチェインバー「X3...
「翠星のガルガンティア」もいよいよ最終回です。クーゲル中佐と戦っていると思っていたレドでしたが、中佐はコクピットで死亡しており、勝手にその意志を引き継いだ支援コ
最終話、チェインバーの漢っぷりに全米が泣いた・・・かどうかは知りませんが(をい)、自身を神と宣うほどの暴走をクーゲルの遺志と強弁するストライカーに対して真っ向から正論で...
真の主人公はチェインバーさんだった・・・。>えー 前回、チェインバーとストライカーによる激闘の果て、レドはストライカーの搭乗者であるクーゲル中佐が既にしぼうしており
翠星のガルガンティアの感想です。 レドが帰る場所。
未来を切り開け―
私達はどこから来て、どこへ向かうのだろう。学ぼう、翠の星の考古学を。「翠の星の伝説」クーゲルはすでに亡くなっていたが、彼の思考を引き継いだのがストライカーだった。人間た...
「くたばれ!ブリキ野郎」
「この空と海の全てがあなたに可能性をもたらすだろう。生存せよ、探求せよ、その命に最大の成果を期待する」 チェインバーかっけえええええ!! 兵士ではなく人間としての感情を
クーゲルの任務を継承し、代行していると語るストライカー。 クーゲルの策定要綱を順守した上での行動であると言い、クーゲル船団の社会形態は、ストライカーを偶像とする事で ...
ただ一言、素晴らしい最終回でした!!! チェインバーの男気、人間らしさ、格好良過ぎます。 レドも本当の意味で自立しましたし、エイミーちゃんは可愛いし、 リジットやベロー
レドとエイミーが主人公でありヒロインだったけど、チェインバーが もう一人の主人公でありヒロインでしたね。 チェインバー、格好良すぎですよ!  翠星のガルガンティア 公式
未来へ--------!!今期1クールという規制の中、一番構成がうまく、毎回気になる所で終わって、続きが気になっていた作品。特に後半のもっていき方は秀逸だったなぁ。素晴らしい作品...
くたばれ!ブリキ野郎!!。・゚・(ノД`)・゚・。 最後まで『機械』だったよ!最後までチェインバーは『ロボット』だったよ! それでもなんか感情があるように思える。 でも人間を
「この空と海の全てが 貴方に可能性を齎すだろう  生存せよ、探究せよ、その命に最大の成果を期待する」 ついに最終回――! チェインバーvsストライカー! ストライカーに
翠星のガルガンティア 第13話「翠の星の伝説」です。 さて、『翠星のガルガンティ
ストライカーとの決着・・・ 翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1(2013/08/28)石川界人、金元寿子 他商品詳細を見る
翠星のガルガンティアの第13話を見ました。 第13話 翠の星の伝説 はストライカーを鉄柱に押し付けることができたレドはチェインバーを降りてストライカーのコックピットを開
第13話 翠の星の伝説 REX3752ストライカー、全ては貴官の捏造に依るものか?クーゲル中佐の任務を継承し代行している。ユーザーである共同体に支配と統制のための圧力を提供し続ける
くたばれ ブリキ野郎――!  クーゲルはすで死んでいたが、その最後の意思をついで動いていたストライカー。 自らを人を導く神とまで言う狂った機械に、レドとチェインバーは最後
ストライカーを、撃破… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201307010000/ 翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1バンダイビジュアル 2013-08-27売り上げランキング : 1...
翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1(2013/08/28)石川界人、金元寿子 他商品詳細を見る 生存せよ、探求せよ。 「翠星のガルガンティア」第13話のあらすじと感想です。 その命に最大の成果を
「私はパイロット支援啓発システム。貴方が、より多くの成果を獲得することで、存在意
「翠星のガルガンティア」第13話の感想です。 くたばれ、ブリキ野郎 アニメ公式ホームページはこちら↑
真の主人公はチェインバーだった件。。。 クーゲル中佐の生前の方針を実行し続けていたストライカー。 しかし、有機的な思考を持たないプログラムであるストライカーは、やがて自己
翠星のガルガンティア 第13話[終] 『翠の星の伝説』 ≪あらすじ≫ かつての上官の命令より、ガルガンティアの仲間を守ることを選んだレド。ストライカーとの戦いの中で、すでにク...