ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『有頂天家族』#13「有頂天家族」(最終回)

2013.09.30 (Mon)
「面白く生きるほかに何もすべきことはない。
我ら一族とその仲間達に、程ほどの栄光あれ!!」


偽右衛門を決める長老会議に間に合った矢一郎は、さっそく早雲の悪事を曝露!
だが証拠がないのをいいことに、早雲がシラを切るため、
「何が叔父だコンニャロウ!!父を鍋にしたくせに!」
早雲が父を鍋にしたことを、汚い言葉で罵ってしまう。
しかしこちらも海星くらいしか証拠がないため、軽くかわされて;
しかも早雲はこの罪を矢二郎になすりつけようとしたものだから、
矢一郎、さらに怒って虎に化けて早雲を追撃!

隣の金曜倶楽部に乗り込んじゃう事態に!
隣に弁天を見た前列にいた長老たち、思わず変化が解けてタヌキになっちゃったよ(苦笑)
隣も思わぬ事態にあっけにとられていたけれど、
早雲は、そこに下鴨母がいることにビックリ!

「何ゆえ、何ゆえあなたがそのタヌキを持っているのです。
倉庫においておいたはずだ」

思わず寿老人に食って掛かったけれど、そのセリフ色々ばらしちゃってるからね;
「それは私のタヌキだ。彼女だけは鍋にしちゃダメだ」
おまけに兄の嫁だったタヌキを私のもの宣言☆
そのうえそのセリフ…下鴨母以外は鍋にしても良いのかよw

「これはあの子だ。僕が手当てをしたあの子だ。この子だけは渡さん!!」
しかし、そこに思わぬ伏兵が!
鍋の具として用意されたタヌキが、
以前助けたタヌキだと確信した淀川教授はタヌキを強奪!
矢三郎については警戒してたっぽいけど、
同じクラブの仲間である教授が、こんな行動に出るとは寿老人も予想外だったようですね。

おかげであっさりタヌキを奪ったけれど、
隣にいたタヌキたちは、ここで隣で金曜倶楽部が忘年会をしていると気付いてビックリ!
ついでに弁天にもビックリして、また変化が解けた;

「絶景かな。いくらでも鍋ができる」
いっぱいのタヌキを見た寿老人の言葉に、タヌキたち慌てふためいたけれど、
襖を開けれず、部屋から出れない(汗)
その騒ぎを聞きつけた赤玉先生がまだ怒り出して(苦笑)
矢三郎はその先生の怒りを利用することに…。。。

「浮気現場にございます」
弁天の背中を軽く押して、淀川教授の上に倒れ掛かる感じに。
それをわざわざ浮気現場として披露し、
先生が暴れる状況を作り出したw
「我こそは天狗である!お前ら一人残らず身の程を知れ!」
で、赤玉先生予想通り暴れてくれちゃって;

「十分にお師匠様の怖さも分かったと思います。どうかもう」
「もうおうちに帰りましょう」

最後は弁天がおさめてくれたけれど、
弁天様は全然赤玉先生を怖がってないよね…まるで子どもでもあやすような;
先生、膝枕&耳掃除など弁天が帰ってきてくれることで折れましたか(苦笑)
全くどこまでも男って奴は…。。。

「お久し振りです、母上。
ご無沙汰いたしました。どうかお許しください」

事態は収まり、矢二郎も母と会話することがで来て…めでたしめでたし。
ただカエルから元のタヌキに戻るまでは、まだまだ時間がかかるようだ;

まぁ、悪事が露呈した早雲は温泉に行くと行ったきりなようですが~
自業自得だしね…。。。
しかし正月早々でも金閣銀閣は相変わらずで(苦笑)
ただ弁天が帰ってきた赤玉先生はどこか心に余裕があるよね。
矢三郎を除く兄弟達にそれぞれアドバイスをくれて!

「運命の人に会えますようにって、お願いするわ」
しかし、弁天様のこのお願い事、どこまで本気なんだか~。
一応、赤玉先生の隣に戻ってきたものの、
またこの人はどこかにフワリと飛んでいっちゃいそうだね;
で、またやさぐれる先生が目に浮かぶw
なんだかんだで楽しい作品でした☆

1クール制作に携わったスタッフ&キャスト様に感謝を。
面白い作品に仕上げてくれてありがとうございました。
一応原作読んでたけれど、かなり忘れていたので楽しめましたわ。
また森見作品をぜひともアニメ化して欲しいものです!
また来期作品もお付き合いよろしくお願いいたします。

有頂天家族 (The Eccentric Family) 第七巻 (vol.7) [Blu-ray]有頂天人生ケセラセラTVアニメ 有頂天家族 オリジナルサウンドトラック

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!相互リンクについてのコメントは、ここをクリック
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

【宇宙兄弟 第75話】バトラー局長にバーティカルクライムロールやらハートマークやらを披露する六太の巻。デニール・ヤングの薫陶よろしく飛行機でアクロバテックな曲芸をやって ...
ついこの間はじまったばかりだと思った「有頂天家族」も、とうとう最終回です。偽右衛門選び、金曜倶楽部が集まって、仙酔楼には何か起きる気配が充満しています。隣にお客
ほどほどに栄光を! 良いなぁ。凄く見ててほっこりした。 最後まで感じの良いアニメでした。 ジジイの暴走が、唯の暴走に見えなかったんだよなぁ。 ・隣に天敵がwww 矢一郎は真面目すぎるんだよなぁ。叔父に真正面から言っちゃ駄目だよ。 実の兄と甥を狸鍋に差し出せる男だよ。 旨い事策略を立てないと…矢二郎も試みるも振り払われる。 ここでキャッチしてくれる人が良いなぁ。若手の代表か...
『有頂天家族』
初詣へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309300000/ 【送料無料】有頂天家族 第一巻【Blu-ray】 [ 櫻井孝宏 ]価格:3,730円(税込、送料込)
[終]有頂天家族 第13話 『有頂天家族』 ≪あらすじ≫ 仙酔楼の座敷では金曜倶楽部による狸鍋の準備が整い、檻に入れられた狸が運ばれていく。一方、別の座敷では狸の頭領・偽右衛門を決める会議が開かれ、居並ぶ狸たちを前に罠を脱した矢一郞と早雲が正面から衝突していた。ふてぶてしい態度を崩さない早雲に、ついに矢一郎の堪忍袋の緒が切れる。狸と天狗と人間の三つ巴で繰り広げられる波乱万丈の物語、...
第13話 最終回 有頂天家族 公式サイトから仙酔楼の座敷では金曜倶楽部による狸鍋の準備が整い、檻に入れられた狸が運ばれていく。一方、別の座敷では狸の頭領・偽右衛門を決める会議が開かれ、居並ぶ狸たちを前に罠を脱した矢一郞と早雲が正面から衝突していた。ふてぶてしい態度を崩さない早雲に、ついに矢一郎の堪忍袋の緒が切れる。狸と天狗と人間の三つ巴で繰り広げられる波乱万丈の物語、その結末やいかに! あな...