ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『ぎんぎつね』#2「譲り合うように」

2013.10.14 (Mon)
「私は私よ!勝手に期待するのはやめて!!」

占い&猫探しのおかげで、距離が縮まったまこととユミ。
ただユミが話しかけてくると、その外見からまことの友だちはたじたじ;
2人がおしゃべりしている様子を見て、
今は授業中だと船橋日輪子が注意をするが、
上から目線ともとれるその物言いが周りの反発を食らう。
「ただし、これ以上占いでみんなを惑わせたりしないでね。
チヤホヤされていい気分でしょうけど」

普段、ほんわかしてそうなまことでも、さすがにこの言葉には腹が立った様子。
帰ってから銀太郎に愚痴ってスッキリしたようだけれど、
本当のところはムカついてるんだろうと、
板橋に対する悪口を押さえ気味に、本音を語っていない様子をグサリと指摘してきたw

ただそんな中、ユミの周りにいた人たちが板橋に意地悪し始めて…
それを止められず、自分は偽善者なんだろうかと悶々としてしまうまこと。

「桐島先輩もどうしてこんな奴」
どうやらユミの周りの人たちが板橋をいじめていたのは、
態度がムカつくとか、ユミに対して失礼なことを言ったとかではなく、
生徒会長に気があるからなようですね。

まぁ、見た目はキラキラしてたけれど、キザっぽくて…
その実体は、生徒会メンバーの様子をみるに「残念さん」っぽいですね(苦笑)
そしてまさかの杉田さん声!
てっきり、浪川さんあたりになるかと思ってましたw
つーか、杉田さん声が浪川さんを意識してると思いました(苦笑)

「あなただって勝手に判断してるじゃない。
優等生だとか、親がどうだとか!らしくない!?私の娘ならできて当然!?
もううんざり!私は私よ!勝手に期待するのはやめて!」

ユミから助けられた板橋だったけれど、
勝手に人を判断するなとの言葉に、覚えのある板橋は、
つい自分に重ねて思いのたけをぶつけてしまって…;

ただぶちまけたことで、彼女も普通の高校生なんだと感じれたようで、
なぜだかみんなでお泊まり会する流れにw
板橋は茶道の家元ということで、母親に厳しく指導されてるようで、
色々鬱憤がたまってるようだね;

けど、まことんちの神社の静けさは気に入ってくれた様子♪

「神社って不思議だよね。ここにあるだけでいろんな人と繋がっていくの」
今後も、この神社が板橋たちとの架け橋になってくれるといいね~。
銀太郎曰く、この3人は今後も付き合いが続くようだし、
板橋の息苦しさも緩和されそうだね~。

「銀太郎が見えるもん、十分だよ」
まことも今後神社を継ぐことになるだろうけれど、
銀太郎がそばにいてくれるだけでそれでまことは十分なようで☆
大好き発言に、銀太郎がテレてるw

次回は別の神使やらなぜかカメが出てくるようだけれど、
OPに出ている男の子が出てくるのはいつなのかねぇ~。
てっきり、幼馴染か何かだと思っていたのだけれど、
まだ出てこないところを見ると違ったのか。
今後もレビュー決定です!


tiny lamp


月光STORY


ぎんぎつね 1 (ヤングジャンプコミックス)


ぎんぎつね (一) (初回特典:ミニ絵馬&落合さより先生書き下ろしドラマCD&イベントチケット優先購入申込み券) [Blu-ray]

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

「大好き」と言われて照れる銀太郎が可愛い(ノ∀`) 公式HPよりあらすじ まことのクラスメイトの船橋日輪子は生徒会に所属するプライドの高いお嬢様。ある日、歯に衣着せずクラスメイトのユミの言動を注意するが、他の女子達にも反感を買われ不穏な空気になってしまう。ある放課後、まことがトイレに入ると日輪子が女子生徒達に囲まれていて…。 「俺はなぁ、聞かなかった事にしてやるんだよ」...
ユミと日輪子、方や見た目がヤンキーっぽいけど動物好きで優しい一面を持ってる娘で力に頼ることを潔しとしないところもあって、方や親が政治家なお嬢様なんだけど周囲から押し付けられる‘良家のお嬢様’の仮面をとても疎ましく思ってて、そんな2人の女の子が本音をぶつけあってちょっと仲良くなりましたという、放送局を間違ってんでないの?というような内容でした。・・・ってか、今話のエピソードに銀太郎っていらなか...
ユミに続いて、まことが船橋さんと友達になるお話でした。一時はギクシャクしたまこととユミの関係でしたが、猫探しの一件以来、親しくなっていました。体育の時間も、ユミ
本当の友達------------!! 1回目はほのぼの系でまだお話はここからって感じで、ゆるっとスタートした今作。 いいよね、この安心して見れるような設定の作品は。 まことと銀太郎、そして達夫パパ。 三人がいる稲荷神社。 前回の猫のみーちゃん捜索以来、な...
本当の友達------------!!1回目はほのぼの系でまだお話はここからって感じで、ゆるっとスタートした今作。いいよね、この安心して見れるような設定の作品は。まことと銀太郎、そして...
「皆仲良くしたら良いのにね  でも心のどっかでは面倒臭いなって 適当にやってればいいって思ってるんだよ」 真面目でプライドの高い日輪子、そんな彼女の本心は――… 言い合いになった日輪子とユミに仲良くして欲しいまこと     【第2話 あらすじ】 まことのクラスメイトの船橋日輪子は生徒会に所属するプライドの高いお嬢様。ある日、歯に衣着せずクラスメイトのユミの言動を注意するが、...
第2話 譲り合うように 江戸時代から続く稲荷神社。祭神は宇迦之御魂神。池上ユミと仲良くなったまこと。体育の自習中に話していると船橋日輪子が怒る。協調性が無いと池上を叱る。まことも占いでチヤホヤされて惑わさないでね。 日輪子の母は茶道の家元で父は議員。自身も生徒会副会長。日輪子の態度にむかついたと銀太郎に愚痴をこぼすまこと。この偽善者、むかついたなら怒れば良い。 ユミは日輪子にムカついていた。...
まことの同級生・船橋日輪子はプライドの高いお嬢様で、ユミに対しても臆せずに注意。 だが、他の女子にも反感を買ってしまう。 まことはトイレで女子生徒に囲まれる日輪子を見つけて…。 今回もいいお話なのですが… 日輪子の髪のボリュームが気になりますw 多すぎですよね?  
 ぎんぎつね   第02話 『譲り合うように』 感想    次のページへ
第2話「譲り合うように」 前回の占いと猫探しの件で距離が縮まったまこととユミ。 そこにもう一人加わってひとつの友情の形が見えてくるというお話。 まことの占いは当てにならないと言うユミ。 結局占いに全てを任せてもその言葉で自分がどういう風に動くかで結果は変わってくるという事でしょうね。 おしゃべりしているユミを注意する船橋日輪子。 典型的な優等生タイプですね...
あらすじ まことのクラスメイトの船橋日輪子は生徒会に所属するプライドの高いお嬢様。ある日、歯に衣着せずクラスメイトのユミの言動を注意するが、他の女子達にも反感を買われ不穏な空気になってしまう。ある放課後、まことがトイレに入ると日輪子が女子生徒達に囲まれていて…。 船橋さんがかんなぎの部長を思い出した。 生真面目な委員長タイプは嫌われやすいよな。正論言っても逆効果だし。 ト...
<記事内アンカー> てーきゅう 第26話「先輩とスタンド・バイ・ミー」 ぎんぎつね 第2話「譲り合うように」 漫画感想(「ジゼル・アラン」4巻)  あっという間に三連休が終わってしまう……
ぎんぎつね 第2話 「譲り合うように」です。 はい、『ぎんぎつね』も第二週です。
ぎんぎつねの第2話を見ました。 第2話 譲り合うように 「この際だから言わせてもらいますけど、あなたみたいな協調性のない人はみんなの迷惑なのよ」 「は?何、急に。喧嘩売られる意味分かんないんだけど」 まことのクラスメイトで生徒会に所属する船橋日輪子は歯に衣着せずクラスメイトのユミの言動を注意するが、他の女子達にも反感を買われ不穏な空気になり、提出しなければならないレポ...