ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『<物語>シリーズ セカンドシーズン』#20「鬼物語しのぶタイム 其ノ肆」

2013.11.17 (Sun)
「失礼。噛みました。大好きでしたよ、阿良々木さん」

置き去りにされてしまった忍を救うためにも、
急いで余弦と連絡を取り、『くらやみ』に対処したい暦だったが、
余弦の手間を省こうと、何でも知ってる臥煙伊豆湖が助っ人に現れる。
だが、一方的に頼られる関係は好まないと、3つの条件を提示される。
条件は、伊豆湖の姪に当たる神原を紹介し、
かつ、余接の途中になってる仕事を神原ともども手伝ってくれとのこと。
まぁ、一応、神原には拒否することもできるようだけれど、
暦から頼まれたら断りづらいだろ;

つーか、影縫さんが仕事で苦戦してるってことのほうが気になるわ…
誰かのしわざなのか、それとも単なるめぐりあわせか;

「今回、『くらやみ』に狙われているのはそこで疲れ果てて寝てる子だよ。
つまり八九寺真宵ちゃんだ」

「『あれ』は怪異の道を踏み外した怪異を狙うんだよ」
条件をOKしたところで、臥煙伊豆湖が状況を説明し始めてくれたけれど、
『くらやみ』の狙いは八九寺なのらしい。

400年前、忍が『くらやみ』に狙われたのは、神を演じたから。
周りがそう誤解したのだけれど、
誤解を解く努力をしなかった時点で「嘘」をついたと判断され、
怪異の道をを踏み外した者として、『くらやみ』に狙われたようですね。
けど、吸血行動したあとは、狙われなかったようで…

そして、八九寺は…
暦たちのおかげで、とうに迷い牛からは解放されたはずなのに、
いまだ成仏せず、幽霊の幽霊のように存在し、
人を迷わせずに怪異っぽく存在しているのが道を外したと判断されたようで、
狙われてしまったようですね;

臥煙伊豆湖と出会うまで、『くらやみ』が襲ってこなかったのは、
狙われてる真宵が気を失ってたり、
迷い牛らしく道に迷っていたからか…
なので忍を救うために、街に迷わず帰るのはまずいという臥煙伊豆湖。
ならば、どう非存在である『くらやみ』に対処すれば良いのか…

「具体的には、私が消えればいいんですよ」
その方法は、八九寺自身がちゃんと分かっていました。
自分が消えればいい。
もう迷い牛として、人を迷わせることはしたくないという。

「単に阿良々木さんと話すのが楽しくて、
ずっとあちら側に行くのを先延ばしにしていただけなんですから」

本来、暦と出会い5月に救われた自分が、
暦と楽しく話せていたのは、ボーナスステージのようなものだと考えていたようですが、
この状況となっては、決断するしかないようですね。

「私は帰るんですよ、阿良々木さん。
いなくなりますけれど、いなかったことになるわけじゃありません」

けれど、暦が納得してくれないものだから、
八九寺は暦を説得させるのに大変で…
でもこの言葉いい言葉やったわ~。

「離れていてもずっと一緒だとか、心の中の思い出は消えないとか、
いつでも私のそばにいるとか、二人の絆は永遠だとか、
それでもいつか阿良々木さんが本当に困ったときにはきっと帰ってきますとか…
そういうので何とか納得してください」

ここまで八九寺に言わせて納得しないとか…
本当にもう、男としてダメだろ!!

「阿良々木さん。最後にあれやりましょうよ、あれ」
「噛みましたから始まる、一連の流れ」

最後は笑ってさよならしようということか、
噛みましたのいつものやつをやろうとしたけれど、
余接に肩車してもらった八九寺は、暦にキス!!
またキスかよw

「失礼。噛みました」
しかも悲しいことに、八九寺から出た言葉は噛んでない…
笑ってはいたけれど、泣きながら大好きだといい、
ここで八九寺とはお別れになったらしい…

「間違っているものを正し、終わるべきものを終わらせる――
強いて言うなら、嘘つきを罰する仕事ってところですかね」

後日談として、八九寺が消えた4ヵ月後。
暦は八九寺が消えた一連の流れを扇(女)にだけ話したようですが、

「お前さま。わかっておるとは思うが、あの女『何か』じゃぞ」
やはり怪しさプンプン臭う扇は何かある様子。
八九寺が消えたことも扇にだけ話して、
何か起こるか様子見なようですね。
何か、話したことで状況が変わったりするんだろうか;

「さようなら、八九寺真宵。お前と会えて幸せだった」
最後は、いい忘れてた八九寺へ向けての暦のセリフで終了。
「しのぶタイム」といいつつ、最後に忍は出てこなかったという…
いつぞやと逆パターンですね;

なんかみんなが自分を置いていなくなってしまう感じがすると暦がぼやいていたけれど、
どう考えたって扇のしわざとしか思えないんだけれどw
扇の思い通りにいった際には、暦の周りには誰も残らないかもね…。。。
残ってもなんちゃって怪異はいなくなり、普通の人とかになってそう…だな;
まぁ、これは扇が勝った場合だけど、もし暦たちが勝った(?)らどうなるんだろう。
というか、これを勝負に例えてもいいんだろうか;

鬼物語 (講談社BOX)鬼物語 第二巻/しのぶタイム(下)(完全生産限定版) [Blu-ray]その声を覚えてる(初回生産限定盤)

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

No title
>「さようなら、八九寺真宵。お前と会えて幸せだった」

切ない台詞ですよねえ( ´・ω・)
真宵ちゃん好きだからハッピーエンドでおわってほしかった・・・(´_`。)
>顔文字さまへ♪
顔文字さん、こんにちは。
本当、八九寺にお別れの言葉をいう日が来るだなんて…寂しいですね~。
八九寺は<物語>シリーズで一番好きだったのにw
これからでもハッピーエンドへと巻き返せるといいのですけれど、
相手は手ごわそうですよね。
でも今後の展開に期待したいです!
コメントありがとうございました。
コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

原因は八九寺。あの怪異ともつかぬくらやみが出現した原因は八九寺真宵。400年前に遭遇している事もあり、てっきり忍狙いかと思ったら違った。あれは道を踏み外した怪異を排除するシステム。…やりたい放題に見える怪異にも脅威になる存在が居たんだ。そしてゼビウスのバキュラのごとく、撃墜不可能。なんでも知ってるお姉さんが言うんだから、間違いないんでしょうね。 400年前に忍ことキスショット(...
【シリーズ セカンドシーズン 第20話】真宵さん退場の巻。ここに来てメインキャラクターの一人が退場しちゃうとは思いませんでしたよ。…初めの真宵さんエピソードについては記憶 ...
しのぶタイム其ノ肆、臥煙伊豆湖の膝の上に座る斧乃木ちゃん!美少女の上に美童女、かわいいです!今回は感動話です。
「物語シリーズセカンドシーズン」の第20話。 すべてを知った上で先回ししていた「説明大好キ臥煙オネーサン」が 余接をヒザに乗せて状況説明開始。 駿河との間を取り持つことを暦に確認して、「くらやみ」の正体や 狙いを延々と説明をする。 狙いは真宵、本分を外れた怪異を消し去る法則のようなものという。 400年前は吸血鬼として振る舞っていなかった忍を、今回は人を 迷わさない真宵...
鬼物語4話を見ましたよ。 いやー、よかったですね。 最期の八九寺な! (う〜ん微妙。。) なんでも知ってるお姉さん、 臥煙伊豆湖から知らされる事実。 暗闇に狙われていたのは 忍ではなく八九寺だった…! 暗闇というのは怪異の道を外れた怪異を世界から排除する「法則」のような存在だそうで、 400年前は神という身分に甘んじた...
今回で鬼物語・しのぶタイムラスト。くらやみに追われる暦・まよい。この状況から抜け出すにはどうしたらいいのでしょうか…?今回はまよいとのお別れに涙…。化物語はだらだらしているかと思いきゃ、時にいきなりばっさりくるのでドキリとさせられま...
暦に心の底から愛された幽霊のお話。 本当は1話ずつちゃんと書きたかったんですが・・・。 鬼物語は統括という形で締めさせて頂きます。
 幽霊の幽霊。
<物語>シリーズ セカンドシーズンの感想です。 こっちが傾物語だよなあ。
「鬼物語 しのぶタイム 其ノ肆」
くらやみの正体があまりにもあっさりしていた件について。 まあ、あんなの予想できないですよw 囮物語 第一巻/なでこメドゥーサ(上)(完全生産限定版) [Blu-ray](2014/02/26)神谷浩史、斎藤千和 他商品詳細を見る
存在否定の断罪(ジャッジメント)  どうも、管理人です。昼出先で順番待ちしてたあたりから体調が大分下向きで、どうしたものかと思っていましたが、いろいろやってるあいだにどうにかニュートラル一歩手前まで回復。近頃、体調がひどく不安定なので怖いんですよね…。 アララギ:「さようなら、八九寺真宵。お前と会えて幸せだった」  今回の話は、くらやみ騒動の完結編。結局暗闇とはなんやっ...
臥煙伊豆湖によると阿良々木暦たちからメールを受け取った影縫余弦は苦戦して長引いているため、斧乃木余接だけでなんとか出来るだろうとメールを無視した。 しかし伊豆湖は今回の一件が彼らの手にはあまる事を知っていたため、救援にやってきた。 元々伊豆湖が余接に仕事を依頼していたが、その進みが遅いのがとっかかりとなって色々と調べているうちに、暦たちの問題にまで達したという事。 ただ、結局この説明で...
猫物語(白) 第二巻/つばさタイガー(下)(完全生産限定版) [Blu-ray]『大好きでしたよ、阿良々木さん』 原作:西尾維新 キャラクター原案:VOFAN 製作会社:シャフト 監督:新房昭之 阿良々木暦:神谷浩史    羽川 翼:堀江由衣   戦場ヶ原 ひたぎ:斎藤千和 忍野 忍:坂本真綾   八九寺 真宵:加藤英美里   神原 駿河:沢城みゆき 千石 撫子:花澤香...
臥煙伊豆湖によると阿良々木暦たちからメールを受け取った影縫余弦は苦戦して長引いて
「私は何でも知ってるんだよ、こよみん♪」 「こよみん!?まさかのニックネーム!?二人きりの時の戦場ヶ原かよ!!」 ガハラさんデレデレだーww 二人きりの時は阿良々木さんのことを何て呼んでるのか超気になります(つ∀`) ていうか、その光景が見たいw
鬼物語 しのぶタイム 其ノ肆
化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻(2013/11/30)不明商品詳細を見る  原作は既読状態であります。西尾維新氏や講談社は嫌がりそうですが、図書館で借りやすいのですね。最新刊あたりになると、予約は凄い数になっていますが。買う方が早かったりもします。物語シリーズは長く続いているものです。最後と謳いながら続刊されているという。「悲鳴伝」シリーズも長くなるでしょうか? ...
暗闇の目的が明らかになるお話でした。何でも知っている女性・臥煙伊豆湖と出会った暦は、暗闇への対抗策を尋ねます。それに対して、臥煙伊豆湖は3つの条件を出してきまし
 物語シリーズ セカンドシーズン  第20話 しのぶタイム 其ノ肆 感想      次のページへ
第20話「鬼物語 しのぶタイム 其ノ肆」 何でも知っているおばお姉さんの解説。 「くらやみ」は怪異ではない。存在しない非存在な現象のようなもの。倒すとかそういう次元のものではないようですね。 忍が心配で時間が無いと焦るアララギさんに情報の対価として3つのお願いをする伊豆湖さん。 これは別の物語の話になりそうですね。 出会って1時間で暦くんに呼び方が変わり、さら...
第忍話 しのぶタイム其の肆 公式サイトから『くらやみ』から逃れ、潜んでいた山から下山した暦たち。 山中の村に立ち寄ったところ臥煙伊豆湖に出会い、 『くらやみ』について説明を受ける。 影縫が忙しい、斧乃木ちゃんだけで大丈夫と思った。しかし無理なようなのでやって来た臥煙伊豆湖。影縫と待ち合わせしていたのに現れない。それで逆に考えたのだった。 今は安全だが、頼られるのだけは嫌。コヨミンに、3つお願...
八九寺、成仏… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311170001/ 新品★西尾維新アニメプロジェクト★物語シリーズ DXFフィギュア1★忍野忍★単品★バンプレスト...価格:2,040円(税込、送料別)
鬼物語、最終回。 『くらやみ』が本当に狙っていたのは真宵だった。 真宵のついていたウソが『くらやみ』を呼んでいた…。 いつまでも続くと思えた時間の終わり。 真宵の涙をこらえた顔が忘れられないですね…。  
「鬼物語 しのぶタイム 其ノ肆」 臥煙伊豆湖に助けを求めた阿良々木暦。 暦のことをこよみんと呼び、話し出す。 臥煙伊豆湖は条件として神原駿河に会わせて欲しいという。 そして、暦の力も借りたいと。 「くらやみ」ついて話し出す伊豆湖。 狙われているのは忍ではなく、八九寺真宵だという。 「くらやみ」は怪異ではなく、 非存在的な...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。