ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

『ぎんぎつね』#7「神社とお寺」

2013.11.18 (Mon)
「イタズラするの楽しいよ。
やなこと忘れるもん。いいことだよ」


ハルを狛犬たちと引き合わせようと街に赴くまことたち4人。
途中でユミの彼氏・天本将平と遭遇したと思ったらユミも加わり、
彼の実家である天吹寺に立ち寄ることに。
ただこの天本家、かなりにぎやかな家族なようで;
な、なかなかにぎやかな一家だ!!(汗)
特に一番上のお姉さん、かなりのSだな;
上に3人もお姉さんがいるし、ユミも強そうだし…
関さん声の将平、かなりの弟気質と見たw
…苦労しそうだな。。。

まぁ、さすがにユミの彼氏と聞いたときの悟の反応は失礼だったけど(苦笑)
でも髪染めてても将平はいい奴そうだし、
案外、悟とは友達になれるんじゃないかな♪

ただ今回の話は、天本家の話ではなく、
天吹寺の中にある神社の神使の話。
まぁ、正確には寺のほうが神社の敷地を間借りしてるということだったけれど、
神社の方は神仏分離の際には、すでに無人だったらしく、
そのまま建物は残ったとのこと。

「こりゃいるな。いたずら好きなのがいる」
だた、ここの神使が妙にいたずら好きで、
寺の小僧さんを怖がらせてるようで、

「お寺だし、見える人いなくて。
子どもだし、人との間が大きく開いちゃってるのかも」

まことがなんとかしないと、と乗り出しちゃって;
まぁ、そこがまことの良いところでもあるのだけれど、
いたずら好きな神使につられてハルも騒ぐものだから、
銀太郎と悟はすっかりお疲れモード;

まぁ、それでも銀太郎は、
まことが必死な様子を見て、力を使って2人を捕まえてくれたけど(苦笑)
本当、何だかんだいってまことには甘いんだから。
でも今回は悟とまこと、意外といい雰囲気が何回も(ぁ

「お前らが笑ってなければ、誰も勝たせることはできゃぁせん」
話を聞いてみると、吹も風もじっちゃんの教えを守ってただけなようですね。
ただ葬式とかあって人間が暗いものだから、
驚かせて気を紛らわせようともしてくれてたようで~
って、まぁ、イタズラ好きには間違いなかったけれど。

しかし…じっちゃん妙にかっこえぇw
神使って、年を取るとしぶく格好よくなるものなのか。

「風ちゃんたちは長生きだから、人間の分も、仲間の分も、じっちゃんの分も、
ずっとこのあとの世界を見続けてあげるんだよ」

何も考えてないようで、ちゃんと神使らしく立派な考えも持ってたようですね。
まぁ、今回ほかの神使や人間と話したことで、
もうちょっとイタズラを控えてくれるといいんだけれど。

思わず猿の神使についてお寺の人たちに話しちゃうまことだったけれど、
周りが動揺しなかったのは、神使の話を信じてないからだという悟。

「信じてなくてもいいんじゃない。
きっとその橋渡しとして私たちがいるんじゃないかな」

それに対して、まことは信じてなくても良いというけれど、
このセリフは大人というより、
すれてないまことだから言える言葉ですかね;
すっかりひねくれちゃった悟にはでこないものかも~。
まぁ、一周回って大人になれば悟もそう思える日が来るかもしれないけど。

次回は船橋日輪子の話かな?

ぎんぎつね (四) [Blu-ray]tiny lamp月光STORY

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

子供の神使---------!!?今日は悟に街を案内するついでに、ハルも狛犬が見たいという事で、一緒に神社へ行く事に。必然的についていくことになってしまった銀太郎はいつもの「めんど...
まことたちが、お猿の神使と出会うお話でした。まことは、悟やハルに街を案内していました。そんな時、まことたちはユミの彼氏・将平と出会いました。なんと将平の家は大き
ぎんぎつね 10 (ヤングジャンプコミックス)(2013/10/18)落合 さより商品詳細を見る  このアニメも視聴を続けています。昔ならば、夕方に放映されていたでしょうか。冴木マコトは稲荷神社の跡取り娘。神使という存在を視れます。触れることも可能なようです。そんな彼女が人間関係を広げていくのですね。銀太郎は長生きした狐であり、人間とは価値観も違うようで。マコトを見守っている、若々しい爺ち...
いたずらな神使が登場。 可愛い猿の神使ですが、いたずらがすぎる(笑)   ハルに付き合い、まこと、銀太郎、悟の4人で歩いていると、大きなお寺の前を通りかかる。 どこかで聞いたような声が聞こえると思ったら、そこはユミの彼氏・将平の実家だった。 中に通されると将平のユニークな家族の他に、お寺の中にある神社には、いたずら好きな神使がいた。  
<記事内アンカー> てーきゅう 第31話「先輩とヴェニスの商人」 ぎんぎつね 第7話「神社とお寺」  更新控えてるのにほぼ終電の絶望感。原稿自体は書けていたのが不幸中の幸いか。
ぎんぎつね 第7話 「神社とお寺」です。 はい、『ぎんぎつね』も第七週です。うち
第7話「神社とお寺」 狛犬を見たいというハルのために街を歩くまことと悟。 他の人には見えないけど、ハルはもちろん銀太郎まで引っ張り出されてるw 銀太郎様が迷惑そうだw 途中で出会ったのはユミの彼氏の将平くん。お寺さんの子だったんですね。お弟子さんも取ってかなり大きなお寺です。 ユミちゃんの・・・と言っただけでお察しの悟。今回は全体を通して悟が顔芸キャラになってるw...
「どうしてあの子たち悪戯するのかな」 悪戯好きな猿の神使! 二人が悪戯をする理由とは……    【第7話 あらすじ】 ハルに付き合い、まこと、銀太郎、悟の4人で歩いていると、大きなお寺の前を通りかかる。どこかで聞いたような声が聞こえると思ったら、そこはユミの彼氏・将平の実家だった。中に通されると将平のユニークな家族の他に、お寺の中にある神社には、いたずら好きな神使がいた。 ...
銀太郎やハルが見えててもダブルデートに見えたんじゃないかな。 あらすじ ハルに付き合い、まこと、銀太郎、悟の4人で歩いていると、大きなお寺の前を通りかかる。どこかで聞いたような声が聞こえると思ったら、そこはユミの彼氏・将平の実家だった。中に通されると将平のユニークな家族の他に、お寺の中にある神社には、いたずら好きな神使がいた。 アバンで逃げ出そうとした坊主を見ててっきり掘ら...
第7話 神社とお寺 ハルに狛犬を見せるついでに悟にも 町を案内するまことと銀太郎。途中の天吹寺でユミの彼氏、天本将平と出会う。そのお寺は彼の実家だった。 ユミがやって来て猫のミーが居なくなったのでと 探すらしい。家族は両親に3人の姉、悟がイケメンと人気。大きなお寺で若い見習いが住み込んでいた。その宿坊で出ると噂らしい。 若い見習いが騒ぎ出す。悟と銀太郎が気づく、境内に神社が在った。神仏習合の...
ぎんぎつねの第7話を見ました。 第7話 神社とお寺 ハルに付き合い、まこと、銀太郎、悟の4人で歩いていると、大きなお寺の前を通りかかる。 「ったくクソチビが狛犬に会いたいとか言い出すから、あ~面倒臭っ」 「申し訳ありません、銀太郎様」 「まぁまぁ、悟くんに町も案内できるしさ」 「面倒だったら家で寝てろよ」 どこかで聞いたような声が聞こえると思ったら、そこはユミの...