ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『<物語>シリーズ セカンドシーズン』#23「恋物語 ひたぎエンド 其ノ參」

2013.12.08 (Sun)
「この娘は馬鹿で、しかも狂っている。頭が悪く、頭がおかしい」

ようやく「ひたぎエンド」のOPが流れたけれど、
ひたぎと貝木のデュエット曲!昭和風!(苦笑)
「木枯らしセンティメント」とかいいつつ、
日差しの強そうな中、貝木がオープンカー乗ったりして季節感は夏っぽかったんだけどな?

撫子に会い、すぐさまひたぎに連絡をとる貝木だったが、
相変わらずひどいなもの言いだったけれど、ひたぎに朗報をもたらす。
「あの娘を騙すのはたやすい。とりあえず安心していい」
「千石撫子、アイツは馬鹿だ」

貝木曰く、お馬鹿な撫子を騙すのはたやすいとのこと。
撫子は甘やかされて育ち、甘えて育ち、
周りを疑うということを知らずに育ったようですね。

「あいつは誰も信用することなく、誰も信じることもできず、
13年だか14年だかを生きてきたんだろうな、そう思った」

ただそれは、周りを信じてるとは違う様子。
色々面倒くさいw

まぁ、暦のことも信じていなかったからこそ、
今の状況があるんだろう、という言葉には反論もできないよ;

「確認しない。あいつは確認しない、そのまま鵜呑みにする」
まぁ、だからこそ撫子の信用を勝ち取った上で、
暦とひたぎが揃って交通事故にあって死んだと嘘をつくつもりなようだけれど、
撫子は2人の生死を確認しないと自信を持てるところがすごいなぁ~。

貝木の説明を聞き、ようやく肩の力をぬくことができたひたぎさん…
思わず貝木に礼を。

「手を引けってさ」
けど、それに水を差すように余接が臥煙伊豆湖からの忠告を伝えにきて。
しかもなんなら300万円出すとか、貝木を分かってる!(苦笑)
けど、貝木曰くそんなこといわれたら、むしろやる気を出す?
いや、それは嘘かな??どうなんだろう?

「本来、千石撫子が神様になる予定はなかった」
「何かのミスというか、なぜだか誰かの介入があったらしくて」

阿良々木たちの街をちゃんとしようと考える臥煙は、
キスショットを神様に立てようと思っていたのに、
誰かの、たぶん扇の介入でなぜだか撫子が神様になってしまったのらしい。

けど、意外と現状は安定してるようなので、
ここで貝木に引っ掻き回されたくないと忠告したようですね。
ただ、貝木の出した答えは~
300万円もらった上で、仕事を続けると!
なんともらしいやり方かもしれない(苦笑)

「実は俺にはすごくすごく叶えたい願いがあるんだよ。
だからこの神社にお百度参りってやつをすることにしたのさ」

懐の温かくなった貝木は、再び北白蛇神社にお賽銭を投げ入れ撫子と再会。
これから毎回、1万円札投げ込むのかな;
あと98回だと、98万円か~
でもホテル代もあるから300万円あってもなかなか予算的には厳しいな。

貝木をつける尾行は気になったけれど、
まずは撫子の壊れ方が気になった貝木は、撫子両親に家を空けさせ、
前回見れなかったクローゼットの中をのぞくことに!
「何だこりゃ!!」
思わず中をのぞいて驚く貝木だったけれど、何が入っていたのかな?

恋物語 (講談社BOX)恋物語 第一巻/ひたぎエンド(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]snowdrop(期間生産限定盤)

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!相互リンクについてのコメントは、ここをクリック
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

【シリーズ セカンドシーズン 第23話】貝木さんが戦場ヶ原さんを安心させたり、臥煙さんに一件から手を引くよう告げられたりするお話。臥煙さんからのお金を着服しておきながら、 ...
今回も貝木がひたぎのために、撫子を説得しようと頑張ります!1話ずーっと貝木視点で、もはや貝木物語。しかもOPまで…!これは予想外でした。見るたび笑い死しそうな予感。
恋物語の3話を見ましたよ、イェーイピースピース。 いやー、よかったですね。 80年代調オープニングな!! デジタル全盛の時代に あえてのセル画風OPとは… なんたるデチューン! 歌詞が載っているのも懐かしいですねw 物語シリーズや絶望先生など、シャフトのオープニング演出って毎度スゴイとは思っていたけれど。 「鬼物語」を挟ん...
 西尾維新による「化物語」シリーズ、セカンドシーズンの23話目。 「恋物語」は戦場ヶ原ひたぎに頼まれた貝木が暦を救う物語 貝木は夜、戦場ヶ原に電話をして呼び出した。「戦場...
80年代風OP。これ見ると貝木と戦場ヶ原のラブコメみたい。 何か「きまぐれオレンジ☆ロード」思い出しました。  貝木曰く「千石撫子を騙すのはた易い」という言葉にビックリの戦場ヶ原。撫子は所謂おばかさん。勉強が出来ないという意味じゃなくて、世間知らず的な馬鹿だからというのが理由。蝶よ花よと育てられ、学校でもちやほやされ続けて来た彼女は人の「悪意」に疎い。人から何か言われると...
うるるんガハラさんが可愛い、「物語シリーズセカンドシーズン」の第23話。 恋物語版オープニング。 80年代風アニメとのミックス。www しかもガハラさんの相手は貝木。若大将風。www 直接会って報告するためにひたぎを呼び出す貝木。 警戒をしながらも呼び出しに応じたひたぎは、撫子にすぐに会えたこと、 仮にも神を相手にして「騙すのは容易い」との貝木の言葉に驚く。 貝木の...
 まさかのOP。
俺みたいなおっさんが、女子高生を好きにできるってどんな気分? 最高だね~  我の志願でもあり、人生の目的でもある…んじゃないでしょうかねw ガハラさん「○ね」 女子高生か死か…( ゚Д゚) OPはわざとですね。文字がデカくなっていたのは(←そこ) 鬼物語 第一巻/しのぶタイム(上)(完全生産限定版) [Blu-ray](2014/04/23)神谷浩史、斎藤千和 他商品詳細を見る
傾物語 第一巻/まよいキョンシー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]『貝木、ありがとう感謝するわ』 原作:西尾維新 キャラクター原案:VOFAN 製作会社:シャフト 監督:新房昭之 阿良々木暦:神谷浩史    羽川 翼:堀江由衣   戦場ヶ原 ひたぎ:斎藤千和 忍野 忍:坂本真綾   八九寺 真宵:加藤英美里   神原 駿河:沢城みゆき 千石 撫子:花澤香菜  ...
神の弱点  どうも、管理人です。今日は一日引きこもって作業に宛てようと思ったのに、気づいたらリトバスEXプレイしたり、積本消化に回ったりと、全然それどころじゃなかった。なので、夜作業がひと段落し次第本気出す。 戦場ヶ原:「貝木、ありがとう。感謝するわ」  今回の話は、貝木の誤算と可能性についての説明回。多分物語シリーズ通しての黒幕がほぼ確定ですけど、ここまでやってもまだ...
「恋物語 ひたぎエンド 其ノ參」
夜遅く、ホテルへと戻った貝木泥舟は依頼者である戦場ヶ原ひたぎに報告したい事があるので、出来るだけ早く会って話したいことがあると伝える。 呼び出されてきたひたぎは貝木とミスタードーナツにて話をする事になるが、お金のないひたぎは水だけ。 この町は夜遅くに営業しているようなファミレスも存在しないという事なのか。それなりの住宅街ではあるみたいだから、ファミレスぐらいはありそうなものなんだけどな。...
夜遅く、ホテルへと戻った貝木泥舟は依頼者である戦場ヶ原ひたぎに報告したい事がある
恋物語 (講談社BOX)(2011/12/21)西尾 維新商品詳細を見る “片思いをずっと続けられたら―― それは両想いよりも幸せだと思わない?”  戦場ヶ原の依頼を受け、貝木は新たな詐欺を行うため、かつて詐欺を働いた町に戻ってきた。  簡単な変装をし、簡単な情報収集をしてから北白蛇神社へと赴き、神様と一回目の交流を果たして貝木は思った。 この娘は馬鹿だ――。  ...
貝木がひたぎに報告をして、臥煙からの伝言を斧乃木余接から聞くお話でした。撫子と会った貝木は、ひたぎに状況を報告するために呼び出しました。要約すると、この仕事はち
恋物語 ひたぎエンド 其ノ參 23話
 物語シリーズ セカンドシーズン  第23話 ひたぎエンド 其ノ參 感想      次のページへ
あらすじ 北白蛇神社で、千石撫子と対面した貝木。蛇神と化すことで明るい性格になった撫子は貝木に、もうすぐ暦お兄ちゃんを殺すつもりだと無邪気に語りはじめ――。 今回の主題歌は「木枯らしセンティメント」 ガハラさんと貝木のデュエット。何だろうな、この80年代臭。 ってかあれだな。ミキシンは元々そんなに歌は上手くないけどこれは明らかにわざと下手に歌ってるな。 ガハラさんを呼び出...
化物語音楽全集 Songs&Soundtracks(2011/12/21)TVサントラ、supercell 他商品詳細を見る  不意打ち的なタイミングということもあり、スペシャル・ヴァージョンなOPに度胆を抜かれてしまいました。シャフトの遊びが効いていますね。昭和終盤のアニメを意識した演出でしょうか。当時っぽさを醸しだすためか、歌詞フォントも大きくされています。綺麗な貝木が、ひたぎとデュエ...
OPで盛大に吹いたwww 飲み物飲んでたら大変なことになってましたよ(つ∀`) 綺麗な貝木さんは見るたびに笑ってしまうし、カラオケのノリみたいなガハラさんと貝木さんの昭和臭漂うデュエットが素晴らしかったですw これはフルで聞いてみたいと本気で思ったw
撫子はバカ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312080001/ 【送料無料】恋物語 第一巻/ひたぎエンド(上)【完全生産限定版】【Blu-ray】 [ 神谷浩史 ]価格:6,300円(税込、送料込)
第恋話 ひたぎエンド 其の參 公式サイトから北白蛇神社で、千石撫子と対面した貝木。蛇神と化すことで明るい性格になった撫子は貝木に、もうすぐ暦お兄ちゃんを殺すつもりだと無邪気に語りはじめ――。 カリフォルニアの青い空のような映像と 貝木とひたぎのデュエット曲がOP。 ひたぎを呼び出した貝木。案外と後先を考えないタイプのひたぎだった。ミスドで話す二人。撫子に会えたコトを驚く。撫子は誰も信用してい...
「恋物語 ひたぎエンド 其ノ參」 貝木泥舟に呼び出されて駅に到着した戦場ヶ原ひたぎ。 制服に厚着をした姿だった。 そして二人は ドーナツショップへと移動。 ひたぎは阿良々木暦にはまだこのことを話せないでいた。 貝木が撫子に会えたことに驚くひたぎだったが、貝木はだますのは簡単だと告げた。 コミュニケーションをとることで暦とひたぎがじこにあったと信...
触らぬ神に祟りなし―
第23話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ參」 オープニングぅぅぅwww 一昔前のアニメ風OP。まさかガハラさんと貝木のデュエットとは予想外でしたw 貝木の残念な歌唱力が笑えます(三木さんホントはお上手なのにw)
はじめに 〈物語〉シリーズ セカンドシーズンの第23話のOPを見てビックリした。 いきなり80年代のテイストのOP映像と曲だったからである。 今回はこの事について触れてみたい。 80年代のTVアニメの象徴「上條修」というクレジット まずこのOP映像で驚いたのは、 キャラクターデザインに上條修さんがクレジットされていたことだ。 上條修さんといえば 「宇宙戦士バル...
蛇神と化した撫子と対面した貝木は、撫子を騙すことは簡単だと報告する。 暦とひたぎ以外なら誰でも簡単に騙せると…。 貝木がちゃんと主人公して、OPではデュエットまでしてます(笑) 昭和風のOP映像の再現度が(^^;