ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『キルラキル』#11「可愛い女と呼ばないで」

2013.12.13 (Fri)
「そう、僕だよ。君の父さんを殺したのは」

第1回壊惨総戦挙塔首頂上決戦、第二回戦は上空戦に早代わり!
蛇崩には焦りがみえ始めたようだが、
鮮血の早すぎる進化と、短時間で生命戦維を2つも取り込んだことに、
美木杉の方も焦りを感じているようで…。。。
黄長瀬に何かを届けさせていたけれど、
それを使う事態になるんですかねぇ~;

肝心の試合はというと、
流子が蛇崩の攻撃を返し彼女を地に落としたまでは良かったけれど…
アンコールを受けて、蛇崩は奏の装ダ・カーポで復活し、
さらなる音を出して二人を苦しめ始めた!

「私の極制服から発せられるリズムが、
狙った生命戦維に共振し、時に操りダメージを与える」

どうやら直接鮮血が狙われたようで、
鮮血が動けないと、流子も動けず攻撃を受けるしかないw

「他の音に耳をかすな。お前は私の音だけを聞けばいい」
厄介な攻撃だと思ったけれど、流子はその音を自分の音に変え、
さらには蛇崩に攻撃を返してきた!!
この攻撃に敗れた蛇崩は斬られて戦維喪失…
敗れてまたマコたちのいる観客席にやってきたよ;
彼女のジャージにはつっこまない蟇郡がいいな。
そしてつっこまない理由に気付くマコがいいな。

お次は楽しみにしていた猿投山との試合!
でも前回の予告で新キャラ見たときから、薄々そうはならないという予感はありました。

「何をしにきた、針目縫」
なにやら皐月と顔見知りなようだけれど、
名前からして生命戦維や神衣の製作者だったりするのかな?
どうも皐月の母である鬼龍院羅暁が送り込んだようだけれど、
リボックス社の大物らしい。

「絆糸を切ったか」
あっさり猿投山を倒してしまって、まるで子ども扱い(涙)
なにやら極制服の要の糸を一瞬で取り出して切ったらしく、
やはり服とかの専門家なのか?
流子の神衣に興味津々で試合を催促していたけれど、

「君の鋏の半分。君のお父さんから僕がもらったの。
そう、僕だよ。君のお父さんを殺したのは」

片太刀鋏の片割れを取り出し、自分が流子の父を殺したと暴露!
これには流子の怒りのボルテージもMAXにのぼりつけたようだけれど~
美木杉たちが心配してる状態だというのに、さらに我を忘れて…
もう暴走するしか道がない気がするw

次回、どうなるのかしら;

キルラキル 4(完全生産限定版) [Blu-ray]シリウス(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)ごめんね、いいコじゃいられない。(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)「キルラキル」オリジナルサウンドトラック

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

針目縫が登場! キルラキル 1(完全生産限定版) [Blu-ray](2014/01/08)小清水亜美、柚木涼香 他商品詳細を見る
【境界の彼方 第11話】目が覚めた神原くんの現実世界の巻。神原くんが栗山さんを助けに行くのはお約束っちゃあ、お約束なんでそれに文句つける気はない。だが、あのシリアス展開 ...
 「最後の1分ほどで全部持っていかれた感」がハンパないです。  皐月の母である鬼龍院羅暁(らぎょう)が怪しさ爆発だとか(意思を持った服を何着も持っているようだったり、皐月のことを軽々と翻弄している風だったり)、皐月は四天王のVS流子戦により、既存三つ星極制服の弱点を強化しようとしているっぽいとか、黄長瀬績が持ってきた弾丸は一体何に使うんだとか、その弾丸を一番使いそうにないのが美木杉だっ...
タイトルは針目になのか、蛇崩になのか
キルラキル 11話「可愛い女と呼ばないで」
<記事内アンカー> 革命機ヴァルヴレイヴ 第22話「月面の拳」 キルラキル 第11話「可愛い女と呼ばないで」  引越し先への荷物の移動完了。まだ全然開梱できてませんが。部屋のレイアウトの考えにちょっとミスがあったので作り直さないと……というか腕も肩も痛い月曜休みたい。
ちきしょう!! なんて引きだっ!! 本当にTVの前で「ちきしょう」って言っちゃったよ! もう改めてキルラキルスタッフには脱帽ですよ。 ってか、TVクルー優秀過ぎるだ ...
可愛い女と呼ばないで。四天王の紅一点がついに戦維喪失しようとしています。あとはおっさん達を剥いていくアニメになるのかと思ったその時!!救世主が!!
猿投山が完全にカマセwwww 皐月様が下がれって言った時に下がっておけば…。 結構蛇崩が健闘してて驚いた。 ・アンコールとかありかよwww あのまま蛇崩倒すかとおもったら、音楽家を相手にした極制服は特別性だったんですね。 負けてもあともうワンチャンスあるとか特別仕様っつーか、えげつない。 そっちのほうが長いんでしょ? ダ・カーポになる前に負けるやつも弱いけど、最終的にあれで...
第11話 可愛い女と呼ばないで TVを見て面白いことしてると喋る少女。 空中戦を始めた蛇崩と流子。一気に決めると皐月に向かう流子に立ち塞がる蛇崩。奏の装・一斉掃射を発動するが機動性を生かして 飛び回る流子。遂に飛行を止めて落下させて、空から攻撃する流子。しかし戦維喪失出来なかった。 アンコールの声で復活する蛇崩、奏の装・ダ・カーポ。鮮血の生命戦維を共振させる攻撃に流子の声も遠くに聞こえる。腕...
四天王と死闘を続ける流子。 その戦いの場に突如現れた針目縫。 極制服も無しで四天王を倒すその女の正体は…!? クライマックスに来てさらに展開が加速。 四天王も越えるさらなる強敵が登場です!
満を持して…瞬殺。四天王戦もいよいよクライマックス。猿投山との再戦を待ち焦がれていたのは流子だけじゃなく視聴者もそうだろう。突然の乱入者&猿投山瞬殺。全裸と粗末なモノを晒すためにこの男は降りてきたんだろうか。 しかもただの乱入者ではありません。基本クールな鬼龍院皐月が動揺しているのがその証拠。それもそのはず、彼女は皐月の母羅暁(らぎょう)が送り込んできた人物だから。 四天王最弱...
今回は針目縫という、なんだか西尾作品に出てきてもおかしくなさそうな新キャラが登場。名前に加えてゴスロリ+ボクっ娘+ゆかりんボイスってキャラ立ちしすぎ〜。 戦いに乱入してきた縫は一体何をするんでしょうか。そしてあの謎が遂に明らかに…!1...
引き続き流子と蛇崩あっさりと撃破したかと思いきやアンコールで復活音風でおっぱいぷるんぷるんじゃねーか!普通に倒しちゃって四天王サクサクじゃないかしかし本編での目線は既に次のステージへ新キャラや裏での動きが目立ってきましたね四天王最後はリベンジを掛けた猿投山と思いきや針目縫、そして皐月の母親登場四天王なんてどうでもいいとばかりに飛ばされてしまった。自ら流子の父親を殺したと宣言思いもかけずに親の...
塔首頂上決戦の第三戦で文化部委員長『蛇崩乃音』との戦いに臨んだ流子は空中からの一方的な攻撃に苦戦しつつも乃音の専売特許であった飛行能力を『鮮血疾風』により獲得した事で形勢を逆転。 乃音の極制服『プレスト』を破壊し地上に引きずり降ろし、戦維喪失により勝利したかに思われたが乃音の極制服は隠し持っていた更なる姿『ダ・カーポ』を見せる。 これまでにない威力の『交響曲第5番...
おやくそく通りの展開でしたね 蛇崩乃音戦は、乃音ちゃんが二段変身で粘りましたが、鮮血無拍子によって倒され そして、四天王最後の猿投山渦とのバトルは、新キャラ針目縫によって邪魔され、猿投山はあっけなくやられてしまいます 猿投山が四天王最終ということで、先週から予想できた展開 針目縫が流子ちゃんの親父を殺した片太刀バサミの女ということが分かりましたが どうみても、流子ちゃんが見た片太刀...
ついに片太刀鋏の片割れを持った相手が登場! 針目が言っていることが本当か嘘かは分かりませんが、次回が気になる 引きでしたね。 蛇崩乃音との闘いも佳境の中、本能寺学園に一人の女が現れる。 その名を針目縫。 気を付けろ、流子。 自分の名前を眼帯にする女なんて相当ヤバいぞ、危ないぞ。  キルラキル 公式サイト キルラキル 1(完全生産限定版) [Blu-ray](201...
「キルラキル」オリジナルサウンドトラック(2013/12/25)TVアニメOST商品詳細を見る  物語が大きく始動していきます。蛇崩乃音との激闘は凄まじいもの。飛行バトルでは決着とならず、さらなる極制服形態を披露してくれました。2段階で盛りあがりましたね。おかげで、強敵感は表現できたかと思います。犬牟田宝火は棄権しましたが、四天王戦は昂ぶっていきました。このまま物語が運べば、猿投山渦へのリ...
『第一回本能字学園壊惨総戦挙』で壊惨総戦挙塔兵場の塔首頂上決戦、第3戦。 蛇崩乃音と対決する纏流子。 二人の戦いが架橋へと差し掛かる中、町に一人の少女が辿り着いた。その名は針目縫。 ここにきて新キャラ登場で、塔首頂上決戦後の新章突入への序曲という感じでしょうか。 三つ星極制服奏の装に対して、鮮血を更に進化させて鮮血疾風にて空中戦を可能とした流子。 流子は戦いの中、鬼龍院皐月を襲...
『第一回本能字学園壊惨総戦挙』で壊惨総戦挙塔兵場の塔首頂上決戦、第3戦。蛇崩乃音
キルラキル 第11話「可愛い女と呼ばないで」 の感想です。 ラストの流子がすごい表情で… 針目縫が父の仇だったこと以上に,流子の表情に驚きました。 怒り過ぎに見えるところがかえって今後に対する不安を煽ります。