ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『ぎんぎつね』#11「まことの未来」

2013.12.16 (Mon)
「まことの決めたことなら、お父さんなんでも応援するよ」

夜、一緒に時代劇を見る達夫と銀太郎。
毎回同じだと銀太郎はつまらなさそうな態度を取っていたけれど、
何だかんだで毎回見てそうな雰囲気。
それにしても時代劇に平田さんの声があったんだが~
って、やっぱり新キャラで平田さん声きた!!
小さいころはお父さんのお嫁さんになるといっていたまこと。
本人は全然そんなことをいった記憶はないようだけれど、
記憶がおぼろげな母に対する憧れがあったのは覚えてる様子。

「巫女じゃなくて、私きっとお母さんになりたかったんだよ」
巫女としての母にあこがれていると思っていたけれど、
今思うと母親としての母に憧れがあったのか?
体が弱かったようで、触れ合えた時間は短かったようですね;
将来を見据えている同級生に触れて、
将来に対する焦りが見えてきたまことだったけれど、今は祭りの準備優先!

なんだけれど、茅を取りにいった父が帰ってこなくて戦々恐々;
って、それもそのはずで今日はお祭り「夏越の祓」の前日…
いつもこんな感じだと聞かされて、悟ってば胃が痛そう;
悟なら前もって準備しておくんだろうなぁ~
こんなところにも性格が出る…

ようやく達夫が帰ってきたと思ったら、
子どもの時から友達だという元神主・高見義友が一緒だった!
おもわずユミが食いつくイケメンで、平田さん声☆
これは女性がほおっておかないよ~という雰囲気を漂わせていたけれど、
どうして神主辞めちゃったのかねぇ~。

「向かないからかな。そういう年なの」
以前は悟の部屋を使っていたこともあるそうだけれど、
ひょっとしてまことの母に懸想していたとか?ドキドキ
まことの母がなくなってから、神主辞めちゃったとかありえそう~。

達夫は大恋愛の末、まこと母を射止めたようだし、
友達というのもあったし、間に入り込めなかったのかな?
まことは祭りの準備の忙しさに、
焦っても答えは見つからないという答えに達したようで;
今はそれでいいのかもしれませんね。
まぁ、おいおい自分のやりたいことを見つけていけばいいさ。

「夏越の祓をしたら、千年生きられるくらい寿命が延びるよ~って」
千年生きられると聞いて、思わずそれぞれの神使をみるまことたちだったけれど、
お祭り成功するといいねぇ~。
もう最終回とは。
みんな神社に集まりそうだし、にぎやかな祭りになりそうですね。

ぎんぎつね (六) [Blu-ray]tiny lamp月光STORY

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!相互リンクについてのコメントは、ここをクリック
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

自分の将来に悩むまこと。 そんな中、夏越しの祓がやって来る…。 準備のために達夫の親友・高見義友たちも手伝いに来るが…。 まことの父は酒蔵の御曹司だったですね。 人に人生ありですねw  
明後日に夏越の祓を控えて、まことたちは大忙しです。そんな中、まことは自分の未来について考えるのでした。みんなで将来の話をしたことで、まことも将来について考え始め
<記事内アンカー> てーきゅう 第35話「 先輩とトゥモロー・ネバー・ダイ」 ぎんぎつね 第11話「まことの未来」  久しぶりに寝坊して朝の予定がカツカツに。以前より会社に近い新住所で良かった……!
ぎんぎつね 第11話 「まことの未来」です。 はい、『ぎんぎつね』も第十一週です
第11話「まことの未来」 達夫さんと一緒に時代劇を見ている銀太郎。 毎回同じだと言いながら結構お気に入りのようですねw 昔は時代劇いっぱいやってたのに、最近は見ないなぁ。 水戸黄門→大岡越前→江戸を斬るのループが好きだったんだけどな~ 将来のことが具体的に見えてこないまこと。 まことの好きな事をしたらいい。 自分は好きなようにやって来たからと言う達...
「まことは何かしたい事はないの?」 将来について思い悩むまこと そんな中 明日の夏越野原に向けて準備の為に神社に人が集まる    【第11話 あらすじ】 自分の将来のことで漠然と悩むまこと。達夫は「まことのやりたいことをすればいい」と言ってくれるが、自分がどうしたいのかイメージがつかめないまことは、銀太郎に悩みを打ち明ける。そして夏越の祓(なごしのはらえ)前日、準備のために達夫...
第11話 まことの未来 時代劇をTVで見る達夫と銀太郎。お風呂上りのまことが訪ねると毎回同じと話す銀太郎。実はDVDも借りてきた達夫。友達が将来を既に考えていて少し焦るまこと。達夫はまことがやりたい事は何でも全力で応援してくれる。 銀太郎に母の事を尋ねると、体が弱くて巫女になって 神社を継ぐしかなかったと話す。父との結婚は反対されたが押し切ったらしい。まことは巫女になりたいと思ったが、それは...
ぎんぎつねの第11話を見ました。 第11話 まことの未来 自分の将来のことで漠然と悩むまことは達夫からやりたいことをすればいいと言ってもらうが、自分がどうしたいのかイメージが掴めず、銀太郎に悩みを打ち明ける。 夏越の祓の前日、準備のために達夫が高見義友が出かけてからなかなか帰って来ずは心配していた。 「それよりおじさんが帰ってくる前に掃除終わらせないと。ほら、まだ...