ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『悲報伝』著:西尾 維新

2014.01.11 (Sat)

悲報伝 (講談社ノベルス)悲報伝 (講談社ノベルス)
(2013/11/26)
西尾 維新

商品詳細を見る

空々空が四国に降り立ってから5日目…
から6日目までの話があったのだけれど、もう全然話が進まなかった!(汗)
なかなか分厚い本なのに、この内容のなさといったら…もう、感想書くことがないよ!

以下、ネタバレ含みつつあっさり感想です。
とりあえず~ネタバレすると、
スプリングとオータムは全滅しましたとさ…。。。

あととうとう『新兵器』が投入されたけれど、何と人造人間でした。
あぁ、西尾さんってドラゴンボールとか読んでそうだよなぁ~とか思いつつ…
いよいよ次あたりから魔女、
ことかんづめも動き出したりするのかな~。
いや~どうもパンプキンだけは魔女についてちょっと知ってそうだったし、
かんづめも彼女にだけは正体を披露した感じだったしね。

ただパンプキンは魔女のことをちょっと知ってるどころか、
会ったことがあるようだけれど;
そしてどうやらかんづめは以前あったときと姿が違うのらしい。
裏はありそうだけれど、つぎの『非業伝』では進展あるんだろうか?(汗)

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック