ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『夏目友人帳』OVA「 いつかゆきのひに」

2014.02.06 (Thu)

夏目友人帳 いつかゆきのひに(完全生産限定版) [Blu-ray]夏目友人帳 いつかゆきのひに(完全生産限定版) [Blu-ray]
(2014/02/05)
神谷浩史、井上和彦 他

商品詳細を見る


「一緒に探そう。お前だって何か探しているだろう?
人とはたいてい何かしら探してるものと思っていた」


完全新作OVAということで楽しみにしてました。
冬真っ只中。
ニャンコ先生は湯たんぽの上でぬくぬくお昼寝中。
ふとかすかな音を耳にして窓の外を見上げた夏目は、
雪が降っているのに気づき、雪を見に一人外に出かけることに。
熊本では阿蘇付近でないと滅多に雪が降りませんからね。
うちの地域じゃ1年に1、2度雪が降るかどうか~くらいです。
なのでついはしゃいじゃう夏目の気持ちもわからんでもないw
アニメの季節もちょうど今頃かもしれませんね。

初めは楽しい気分だった夏目だけれど、
急に雲行きが怪しくなり引き返すことにしたけれど、何か探してる妖と遭遇してしまった!

人の子と話すのは初めてだという雪だるまみたいなその妖は、
何か探しているようだけれど、それが何なのか自分でもわかっていない様子。
ただ見つけなきゃいけないということだけはわかってるらしく、
暖かいものを探していると聞いて、思わずマフラーをあげる夏目、優しいなぁ~。
しかし、一瞬で凍らされたよ!(汗)

雪だるまみたいその妖は暖かく、キラキラしているものを探してるらしい。
夏目の家まで探しにきたようだけれど、
この家は暖かいものがいっぱいなんだとか。

それで物ではなく思い出なのでは?と推測する夏目だったけれど、
夜突然冷気を運んできた妖の話を聞いてあげるなんて、どこまで優しいんだか;
あまりの寒さにニャンコ先生はキレてるよw
あ、猫型だから寒いのか(ぁ

「暖かくなったら、それは消えちゃう」
何のために探しているのか、いろいろ思い出すよう言われたのもあって、
雪だるまなモコモコも思い出したことがあったようだけれど、
暖かくなったら消える?
それって自分(雪だるま)のことなんじゃ…とか思ってたら、さほどハズレてもいなかったか?

モコモコはユキハナというニャンコ先生が途中で話してた女の妖で、
雪の日に種が生まれ、花を咲かせて消えてしまう妖でした。
このモコモコだけが運悪く記憶をなくしてたとか言うわけではなく、
ずっと探してさまよい続けるのも、忘れてるのも宿命なのだという。

せっかく種を見つけて思い出したというのに、
花を咲かせてあっという間に消えてしまうだなんて…なんとも切ないな。
種を探してる様子だってあんなにつらかったのに;

「お前の探しているもの、必ずいつか───」
けれど夏目のことも気遣ってくれる、いい妖でしたね。
帰ってきたら、滋さんが子供のころ大切にしていた宝物をもらったけれど、
どこかユキハナを髣髴とさせるものでしたね~

「ユキハナ、探しているものを俺も知らないんだ。
これから何を見つけられるだろう。見つけたものを忘れないでいられるだろうか」

見つけたものが宝物なら、きっと忘れないでいられるでしょうよ♪
きっと探してるものを見つけたら、ユキハナのことを思い出すんだろうなぁ~。
いいお話でした。

またテレビアニメでも夏目に会いたいものです。
続報お待ちしております。


夏目友人帳 いつかゆきのひに(完全生産限定版) [DVD]

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック