ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今期(3月終了アニメ)の評価 24」Part.1

2014.03.31 (Mon)
3月終了アニメの総評を行いたいと思います。
今回も多いので3回に分けて書く予定。

採点方法はいつも参加している企画のものを参考にしています。
6項目を5点満点で採点。
評価の指標は、5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い

*各評価項目については、末尾に記載。

まずは以下の9作品について評価してみました。

キングダム2
いなり、こんこん、恋いろは。
宇宙兄弟
ログ・ホライズン
ウィッチクラフトワークス
ノラガミ
ディーふらぐ!
ハマトラ
東京レイヴンズ

*辛口コメントも混じってますが、ご了承ください。あくまで私的意見です

Part.2はこちらから→Part.2
Part.3はこちらから→Part.3
『キングダム2』
ストーリー…3
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…18

年が近いライバルが現れて勢いづいたけれど、
ちょっと廉頗将軍との戦いの話が長すぎたかなぁ~。
結局は終わっていたものを終わったといわせたに過ぎない感じだったし;
面白かったけれど、少々盛り上がりにかけた。
あとOPがね…1期のOPの曲の方が良かったな…。。。




『いなり、こんこん、恋いろは。』
ストーリー…2
キャラクター性…2
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…2

総合点…15

ぶっちゃけ『姫ちゃんのリボン』の展開だなぁ~と(苦笑)
姫ちゃんも変身が解けなくなったことあるし;
ただいなりがな~友達思いなところはあるけれど、結構自分本位に動いてたよね。
別人に成り代わって告白だってひどいのに、返事まで聞いちゃうなんて。
せめてラブレターをなくしたことを謝っとけばこじれなかったかもしれないのに、
それをしないなんて、忘れてたor深く考えてないとしか思えない。人としてどうなのよ!
うか様と燈日を見てるのは楽しかったんだけどね~。
あと墨染になって変身が解けなかったから神通力をもらったはずなのに、
最後、元のいなりに戻っていたのはなぜなんだろう??ご都合主義?
一体、今までの苦労はなんだったの?



『宇宙兄弟』
ストーリー…5
キャラクター性…4
画…4
演出…4
音楽…3
総合的な評価…4

総合点…24

時々嫌なキャラが出てきてハラハラさせられたけれど、
たいてい自体はいい方向に進んでいって、何度ホッとしたことか(苦笑)
いいこともあるけれど悪いこともあって、バランスがいいというか~
宇宙飛行士になるという夢みたいな、視聴者の日常とはかけ離れているのに、
妙にリアルなところがあった。
またそこの良かったんだけれど。
曲はちょっといまどき過ぎると感じることもあったけれど、
絵は安定してて、優秀な作品でした。




『ログ・ホライズン』
ストーリー…3
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…18

始まった当初は『SAO』の劣化版が始まった…
なんてひどいことを思っていたのですが、じわじわ面白くなりましたね。
ちゃんとこの世界にきてのデメリットがあってホッとしました。
やっぱり多少、デメリットがないとハラハラ感が足りないよね。
少々苦手なキャラはいたものの、全体としては楽しめました。
あと最後の方で直継の出番が少なかったのはなんなんだろう…
とにかく、最後に出てきたキャラとか色々気になるので、2期には期待してます。



『ウィッチクラフトワークス』
ストーリー…3
キャラクター性…3
画…5
演出…3
音楽…4
総合的な評価…3

総合点…21

絵が綺麗で全体的には良かったのだけれど、ストーリーがね…
起点のはずの主人公たちの過去が描かれてないことが、
ストーリーを穴だらけにしていると感じました。ちぐはぐ感が;
夢に見ただけであそこまで多華宮に固執するのはおかしいだろうw
やっぱり過去に何かあったからこそ固執するんだし、そこは見せて欲しかったな。
でもキャラは個性豊かで、見ごたえはありました。



『ノラガミ』
ストーリー…3
キャラクター性…3
画…4
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…19

雪音のモラトリアムが長くて、ちょっとしんどかった。
もう少し早めに切り上げられなかったのかなぁ~。
まぁ、何やかんやで夜ト&ひよりはラブラブだったと!
あとは毘沙門天との因縁がはっきりしなかったのは残念。
それと「ヤスミ」「ヤスム」という言葉が、アニメでは分かりにくかったね。
途中でようやく分かったときには、夜トすごいことになってたし;
感じがあればそれを表示してピンと来ることもあったかもしれないけれど、アニメは難しいね。



『ディーふらぐ!』
ストーリー…3
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…18

ストーリーはあってないようなものだよな?(エッ
いや~息抜きに見るには面白い作品でした。
ツッコミがさえてた…こにたんお疲れ様でした!!
ただまぁ、全体的にはどうなよのwな感じでしたが…うん、うん…



『ハマトラ』
ストーリー…2
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…2

総合点…16

各キャラ回とかもあったのだけれど、肝心のナイス回はなく。
彼の過去回もなく~
モラルがナイスの気持ちそっちのけで行動しているのに、
それを真っ向から反論する素材があまりあげられてないので、妙にちぐはぐ。
まぁ、ストーリー展開もちぐはぐだったけどな。
アートが撃たれても、次の回は普通ののんびりした話しやってたからな…
最終回も含めて、なんともまとまりの悪い作品だった。
せっかくキャラは魅力的なのにもったいない。
それとはじめちゃんも謎だったな…
続きはテレビでなければ見ないかもしれない。



『東京レイヴンズ』
ストーリー…3
キャラクター性…4
画…4
演出…3
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…22

大人組がいいよ!と聞いていたのですが、なるほど大友先生いわ。
クールな人かと思いきや、中身は熱いではないですか!!
禅次朗は両方熱かったけど、早乙女涼対してはすごい顔して…どんな因縁があるんだか~。
原作が続いてるせいか、最後尻切れトンボで終わったのは残念。
まぁ、ちゃんと互いに思いを伝えられたけれど、二人が再会するのは、
そしてみんなで再会できる日は来るのか、気になるところ。
これは原作読むべきなのかなぁ~。
みないいキャラしててね、見てた楽しかったです。



各評価項目については、以下が基準となっております。

ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。
キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。
画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。
演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。
音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。
総合評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。