ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『カレイドスコープの箱庭』著:海堂 尊

2014.04.01 (Tue)

カレイドスコープの箱庭カレイドスコープの箱庭
(2014/03/05)
海堂 尊

商品詳細を見る

あの窓際講師で、英語もしゃべれない田口がマサチューセッツ大学で講演!?
会場にはかつてとったいわくつきのポスターも貼られており、
あれよあれよという間に、グッチーは更なる高みに…。。。

バチスタ・シリーズ最新刊!真の最終章!
と帯に書かれていたけれど、ちょっと煽りすぎたかな?(ぁ
本編のその後なのは確実だけれど、私としては番外編な感じがしました。

以下、ネタばれ感想です。
病院内での誤診疑惑の調査も同時進行で進んでいたけれど、
田口深く考えずに調査してたな~。
もっと自分を持てよ!と言いたくなる。
ほかのものについても高階病院長に言われるがままで流されてる感じで;
ちょろい調査した結果、白鳥が着ちゃうし!

でも白鳥のおかげですべて丸く決着がつきましたね。
まぁ、でも、正直最初から怪しいのは二人だけだったからなぁ~。

しかしエーアイ国際会議に向けて、
桐生、速水、彦根、白鳥、田口(+藤原さん)でのどんちゃん騒ぎはなんだかうれしかったなぁ。
ここは集大成かもしれない、と思った。
島津は参加しなかったけれど、こんな面白いものに参加しなかったとは!
まぁ、次の日のには参加してたけど。

なんやかんやでエーアイは順調に導入されていくかもね、というお話でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!相互リンクについてのコメントは、ここをクリック
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック