ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

漫画『悪夢の棲む家 ゴーストハント(2)』いなだ詩穂 原作/小野不由美

2014.04.08 (Tue)

悪夢の棲む家 ゴーストハント(2) (KCx ARIA)悪夢の棲む家 ゴーストハント(2) (KCx ARIA)
(2014/04/07)
いなだ 詩穂

商品詳細を見る

さて、「ゴーストハント」シリーズ『悪夢の棲む家』の2巻目の感想です。
実はこっちの原作だけ、姉が文庫本持ってたのを読んでたんで、
1巻目が出たとき買うかどうか迷ってたのですよ~。
でも2巻が出ると知って、結局2冊とも購入!
で、感想を書くにいたります(苦笑)

今回は阿川というお宅を調査することになったのだけれど、
表紙の左にいる広田正義という人がちょっとしたたくらみを持ってナルに接近。
いつもの事件以外に、少々難ありでして…

以下、ネタばれ感想です。
わ~、広田さんの名前って「正義」って言うんだ~。
なんというかね、正義感の強い人っていうより、
「正義」を振りかざす人になってる;

ジーンの遺体を見つけたナルを殺人犯だと思い、ナルに接近。
しかも霊能者に対する理解がなさ過ぎるというか、
めっちゃ胡散臭いと思ってるようで、度々イラっとさせられるw
できるのは荷物運びだけかよ!

1度は電気系統のトラブルが隣人の仕業だとわかってホッとしたものの、
依頼人が何かを見て、
さらにはナル&麻衣もこの家で殺された人を見て~

って、ジーンはまだ成仏せずにナルたちの周りにいるようですね;
麻衣にとってはちょっとショックな出来事だったけれど、
真砂子と違って坊さんはそのあたりわかってないようだな~。

つーか、麻衣たちを見てもあまり時がたってないように見えたけれど、
(半年は経っていないらしい)
真砂子はなんだか髪がちょっと伸びてたなぁ~。
あとジョンもちょっと大人になったような?
たった数ヶ月で何が!?
って、まぁ、以前の最終回から間が開いたし、絵の雰囲気が変わっただけという可能性も(ぁ

ジーンが言うにはこの家で5人もの人がなくなり、
さらに悪い思念を感じるという。
それが「コソリ」なのか?
なんというか、コソリって響きが怖いよな。絵の怖さもあって…

さて、3巻目は2015年の初春発売予定ということで、やっぱり1年に1冊のペースか。
でも1巻と2巻の間はそんなに開いたとは感じなかったな。
時がたつのは早いものですね;ハハ
次回はもっと怖くなるかな…


悪夢の棲む家 ゴーストハント(1) (KCx ARIA)

にほんブログ村 漫画ブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!相互リンクについてのコメントは、ここをクリック
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック