ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『棺姫のチャイカ』#2「怠け者の選択」

2014.04.17 (Thu)
「君を雇ったあの銀髪と紫の瞳を持つ少女の名は、
チャイカ・ガズ。ガズ皇帝の娘だ」


トールを昼間やってきたクリーマン機関の連中と勘違いして、
攻撃を仕掛けてくるロベルト・アバルト。
だが、チャイカが姿を現せると態度が一変!
チャイカは死んだはずだというが…
アバルトは力に頼りすぎてる感じでしたね~。
トールが囮役だと気づかず、手首を奪取するまで付き合ってくれたけれど、
「馬鹿な!あの娘もウィザードなのか!?」
それは結界がやぶられないという自信があったからなのかな?

妙にチャイカ(それともアカリ?)がウィザードだということに驚いていたようだけれど、
そういえば、かつては殺されたみたいだったし…
アバルトがかつてあったチャイカが魔法が使えなかったとすると、
同一人物ではない可能性もありそうだけれど~
「でも私、娘。禁断皇帝の」
でもチャイカは自分が禁断皇帝の娘だといってたなぁ~。

「君が持っているのはガズ帝国皇帝アルトゥール・ガズの手首だ」
手首は案の定、ガズ皇帝のものだったわけだけれど、

「私、集めたいだけ。父上の遺体バラバラ。
私集めたい。そうしたい、それだけ。私、父上弔うだけ。私のやるべきこと」

チャイカは別に世界を恐怖やら支配するために遺体を集めているわけではない様子。
けどまぁ、ジレットはそんな風には思えないんだろうな;

「我々、戦後復興推進機関は
脅威になるかもしれない程度の案件に、真剣にかかわっている暇はない」

ただ、ジレットの上官っぽい人は、そこまでチャイカのことを重要視していない様子;
増員が来ないことは嬉しいことだけれど、ジレットちょっと可哀相だな…
じゃぁ、山越えをしようとするチャイカたちを空から見ていたのは、
別の関係者か~。

平和になっても平和を期待しすぎた人たちによって、世界には不満があふれ~
平和なのは表面上だけみたいですね;
口では戦乱上等というトールだったけれど、
チャイカの方を信じた、ってのも大きいよね。きっと。たぶん…(希望)
今後はどんな珍道中になるんだろう~。

棺姫のチャイカ 第1巻 [Blu-ray]DARAKENA快楽原理

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

「怠け者の選択」 戦乱上等だ!もう一度戻してもらおうじゃねぇか、戦国時代によ!
チャイカの正体が明らかになるお話でした。何かを取り戻すために、領主の館へと忍び込んだチャイカたち。ところが、領主は彼らが来るのを待ち構えていたのでした。どうやら
妹の家探しが手馴れている。手際よく空き巣やってますね。ひと通りひっくり返してダメなら即破壊です。その躊躇の無さに感心する一方でなんか怖い。 こうして見つけた「大切なもの」まであやうくぶっ壊す所でした。カプセルに入った手みたいなもの。ターミネーターを思い出させます。これがイコール魔法の動力源であり、伯爵の魔法も消えて一挙両得です。 一難去ってまた一難。逃げおおせたトール達の前に別の連中が現れま...
あらすじ アバルト伯爵の魔の手を切り抜け、“あるモノ”を持ち出すことに成功した一行は、闇夜の中を逃走する。町はずれまで辿りついた3人の前に立ちはだかったのは、戦後復興推進(クリーマン)機関に所属するヴィーマック王国の騎士(キャバリア)、アルベリック・ジレット率いるジレット隊だった。チャイカを追っているという彼はトールにこう告げる。 「彼女に協力しても良いことなどない。むしろ世界中を敵にま...
棺姫のチャイカ 怠け者の選択
禁断皇帝の娘… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201404170000/ 【送料無料】棺姫のチャイカっか [ 榊一郎 ]価格:605円(税込、送料込)
チャイカは禁断皇帝の娘! トールたちは世界を敵に回し、再び戦乱の世を望むのか? 物語が動き出す第2話です。   アバルト伯爵の魔の手を切り抜け、“あるモノ”を持ち出すことに 成功した一行は、闇夜の中を逃走する。 町はずれまで辿りついた3人の前に立ちはだかったのは、戦後復興推進(クリーマン) 機関に所属するヴィーマック王国の騎士(キャバリア)、アルベリック・ジレット率いる...
第2話 怠け者の選択 公式サイトからアバルト伯爵の魔の手を切り抜け、“あるモノ”を持ち出すことに成功した一行は、闇夜の中を逃走する。町はずれまで辿りついた3人の前に立ちはだかったのは、戦後復興推進(クリーマン)機関に所属するヴィーマック王国の騎士(キャバリア)、アルベリック・ジレット率いるジレット隊だった。チャイカを追っているという彼はトールにこう告げる。「彼女に協力しても良いことなどない。...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。