ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

漫画『PandoraHearts(22)』著:望月 淳

2014.04.28 (Mon)

PandoraHearts(22) (Gファンタジーコミックス)PandoraHearts(22) (Gファンタジーコミックス)
(2014/04/26)
望月 淳

商品詳細を見る

「私は───死にたくない。まだここにいたいです…」

本を手に取った瞬間、いつもより分厚いことに気づき、
ひょっとして最終巻なのか!?とあわてたけど違いました。
(『07-GHOST』のとき、ちょっと分厚い!と思ったら最終巻だった…)
次に出る23巻が最終回なようです…
最後にその告知があったけれど、一人だけみなと違う方へ歩いていく人が…。。。

過去を改変しようとするグレンをとめようと、
サブリナへ向かおうとするオズたちのもとに、みなが合流。
最終決戦は近い…

以下、ネタばれ感想です。
今回ので、とうとうブレイクさんが逝ってしまったようです;
でもね、最後は一人ではなく、
シャロンやレイムさんに本音をこぼし、見守られていくという…
当初のブレイクからは考えられない、幸せなおなくなり方だった気がします。

もう22巻の初っ端から具合悪そうだし、武器落とすし、
嫌な予感しかしてなかったけれど、
吹っ切れたオズに感化されたのか、本音を言ってくれたのは嬉しい!

オズにブレイクは光を見たようですが、
帯の「最後に残されるものは、決して希望とは限らない」という文字が不吉すぎるw
どんな最終回になるのか、怖いじゃないですか~。

今のところアリスもギルも自分をちゃんと保ってるし、
心配なのはヴィンセントとツヴァイとグレンたちかな。

「どれだけ過去に手を伸ばしても、そこに貴様の未来はない!!」
過去改変の経験者のブレイクがいうと、セリフに重みが;
ただブレイクの言葉がヴィンセントに届いたかどうか…
とくに不安定なグレンの行動or主導権によって、
物語はどちらにでも行きそうな気がするわ;

あとオズがジャックと何か取引してたのもちょっと心配かな。
お茶会の約束があるので命までかけないと思うけれど、うぅむ;
あとどうもエイダも一緒に過去改ざんに向かうようだし、大丈夫なのか?(汗)
まぁ、なんだかんだでヴィンセントと対面するのに、
エイダをつれていくのは何かしらの影響を与えるかもしれないけれど、
感情を爆発させそうで怖い。

結論。最終回を見るのが怖い。
ハッピーエンドって、あるんだろうか…。。。


PandoraHearts (22) 初回限定特装版 ドラマCD付き (SEコミックスプレミアム)

にほんブログ村 漫画ブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!相互リンクについてのコメントは、ここをクリック
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック