ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『ALDNOAH.ZERO -アルドノア・ゼロ-』#3「戦場の少年たち」

2014.07.20 (Sun)
「決行は明朝。あの火星カタクラフトを撃退する」

トンネルから学校まで逃げてこられた伊奈帆たち。
ユキ姉は怪我をしているので、自分たちだけで火星のカタクラフトに挑もうと、
まずは敵機の性能を知るための情報収集と、解析に乗り出す。
「判断は臨機応変。いざとなれば自分を信じて行動する」
淡白そうだった主人公が動き出した背景には、やはり起助の死が影響しているようですね。
ユキ姉も止めようとしていたけれど、伊奈帆の固い決意を見て止められず;

「物質や光も音も電波も、触れるものすべてを吸収するバリア」
まずは敵のバリアの性能が分かったけれど…これをどうしろと!?
と思ったけれど、バリアの内側は真っ暗で外側は見えていないんだろうと推測。
周りの状況を見るために、上空にカメラを飛ばしているはず。

作戦には姫さんとあとライエが加わったけれど、まさかここまでうまくいくだなんて;
まぁ、多少スレインがでてきたときは冷や冷やしたけれど、
彼が(地球)人を殺せない人でよかったね~。

彼のせいで居場所がばれたけれど、トリルランを橋まで誘導する作戦だったようで。
これからどうするのかと思ったら、橋ごと落とした!!
火星のカタクラフトはたちまち水を吸収し始めたけれど、
水を吸収しない、バリアのないところを伊奈帆に伝えると、彼がそこに冷静に攻撃を…。。。

あぁ、外部カメラのデータ受信部だったのか;
バリアもなかなか不便…
武器で攻撃してこなかったのはバリアのせいで使えないのか、
力を過信して持ってこなかったのか~って、前者かな?

足りなかった時間稼ぎは姫様が正体を現してくれたおかげで何とかなったけれど、
変装かと思いきや、なんだか魔法っぽい感じで姿を変えていたんですね;
それもアルドノア・ゼロの力だったりするんだろうか?

なんというか、火星のカタクラフトに対抗するには同じ力を手に入れないと!
と思っていたのにこの結果…
このままでも何とかなりそうな気がしてきたけれど、
数機で攻め込まれたらどっちにしろ厳しいか;

「知ってるよ!だから殺すんだ。今度こそ確実にな!」
姫様が生きていたことに驚くスレインだったけれど、
姫様が生きていたら自分たちが逆賊になるという話とかを聞いて、
真相に気づいたようで、トリルランを射殺…
これから彼は姫様と合流するのかな;

まぁ、今の現状では合流しても姫さま帰ろうとしないだろうし、
この件が解決しないことには、
火星側の船に乗って帰ろうにも、火星にたどり着くまでは安全とは言い切れないからな;

気になるのはトリルランがザーツバルムに色々報告して立ってことは、
姫様暗殺計画も、彼の計画ですかね。
クルーテオは姫さんが地球に行くのは反対していたけれど、そのことまでは知らなかったのかな。
姫様が生きていたということで、今後戦争の行方はどうなるんだか。

とりあえず、3話目は盛り上がったけれど、頭脳戦で…
なんとも静かな盛り上がりだった(誉め言葉)


【Amazon.co.jp限定】アルドノア・ゼロ 1(オリジナルデカ缶バッチ)(完全生産限定版) [Blu-ray]


heavenly blue


A/Z(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)


アルドノア・ゼロ オリジナル・サウンドトラック

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!相互リンクについてのコメントは、ここをクリック
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

投稿者・フォルテ 【Amazon.co.jp限定】アルドノア・ゼロ 1(オリジナルデカ缶バッチ)(完全生産限定版) [Blu-ray](2014/09/24)花江夏樹、小野賢章 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日21時半から アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。 掲示板も設...
友達の分だ
「作戦開始」 トリルランのニロケラスを相手に戦いを挑む伊奈帆たち! アセイラムとライエも協力し作戦決行…!    3話目にして伊奈帆も動きだしカタフラクトへ搭乗したりと面白くなってきました 練習機だけでトリルランのニロケラスに対抗したりと 強力な相手に情報と戦略で立ち向かう学生たちが良いですね 澤野さんの音楽が 戦闘シーンでのテンションを上げてくれます! トリルラ...
絶望的な状況の中、伊奈帆たちの反撃の開始です!なんとか学校まで逃げ延びたものの、そこさえも安全とはいえない状況です。そんな中、伊奈帆は冷静に戦況を分析していまし
面白い!3人の主人公たちがそれぞれに活躍。そして伊奈帆が高校生離れした冷静さと計
【第3話のあらすじ】 ヴァースの一方的な搾取に立ち向かうと決めた少年たち。 学校の教練用カタフラクト“KG-6スレイプニール”。 少年たちは着々と準備を進め、起助の仇、ニロケラスとの決戦に臨む。 鞠戸は撤退行動を取る軍の考えに憤慨する。 ユキはまだ敵と戦っている。生存していると信じて疑わなかった。 それに軍事教練を施していた生徒たちの安否も気がかり...
EP03 戦場の初年たち 暫くすると揚陸城が蝕に入る、トリルラン卿に ネズミ退治の成果を尋ねるクルーテオ伯爵。ネズミを取り逃がしたが、居場所は分かる。それなら隕石爆弾を準備する。 本部は基地を放棄する決定をしたと鞠戸に 報告するマグバレッジ大佐。市民の避難は終わっていない、俺の生徒達も 名簿に載っていない。司令部には揚陸艇を一隻残すように連絡しておく。 アセイラム姫が殺害された場所を眺めるス...
地球と火星を結ぶ「アルドノア」のハイパーゲート。地球と火星の間に平和は訪れるのか。第3話 ゆき姉さんは学校のベッドで目をあけた。 伊奈帆は火星のカタフラクトに攻撃する決...
自分のため、他人のため、友のため、大切な人のため。 彼らに迫るのは選択の道。 たとえそれが不可視の敵であっても…。 生き延びるために、伊奈帆たちはトリルランのニロケラスに挑むが…。 ニロケラスの弱点を見抜き、練習用の機体で戦う伊奈帆たちがイイですね。 ただの量産機で強力な敵と戦っていく展開が痛快でした!  
<記事内アンカー> 残響のテロル 第2話「CALL&RESPONSE」 アルドノア・ゼロ 第3話「戦場の少年たち」  溜まってる積みコミックを消化せねば。そしてその前に昼食。
第3話でやっと主人公がロボに乗って活躍するというスロースターターでしたが、引っ張っただけあって魅せてくれました。これはいいSF。アルドノア・ゼロ 第3話 『戦場の少年たち』 のレビューです。 第2話の感想も書いていなかったので、一緒にやります。第1話の感想で「期待半分、不安半分」と書いたのですが、2話を見ている最中は、ネガティブ寄りで、「なんかいまいちかなぁ」と思っていました。敵があま...
「起助が死んだ」 やっぱり起助の事を気にしていた伊奈帆。 1話の頃は理解出来ない主人公だったニロケラスけど段々好感が持ててきた。 そしてニロケラスを攻略する策を練る。 運動エネルギーだけでなく電波もレーザーも触れるものすべても吸収するバリア。 その特性からバリアごしに見る事も聞く事も出来ない。トンネルの一件から上空に別のカメラがあると推測。 こういう描写はわくわくするな。...
    感想 : 強敵 に対し 『平凡な機体』ながら知恵を駆使 して相手を倒すのはまるで 『ガルパン』 を見ているようで面白いです!   そして Cパートに火星側で味方殺し をするのも 『監督:あおきえい×脚本:虚淵玄』 の作品らしい 次の展開が気になる構成 でした!    3話で一度 大きな山 を持ってく...
衝撃のラスト! てめーは俺を怒らせたってか。 つか、そうそうに姫様が生きている事をばらしたな。 これスレインこっち側に来る? ・学校に逃げ込んだはいいけれど 住民も皆逃げたのか。 てっきり高校組が囮をするっていうから、そこから続けるのかと思ったら、流石に住民だけ逃げるのは無理かぁ。 インコとカームも優秀だな。 つか、インコなにその狙撃技術うううう! こりゃ立派な戦力だな...
 ALDNOAH.ZERO   -アルドノア・ゼロ-  第03話 『戦場の少年たち -The Children's Echelon-』 感想  次のページへ
アルドノア・ゼロ 第3話。 圧倒的な能力の火星カタフラクトに、伊奈帆たちは知恵と勇気を武器に挑む。 以下感想
ALDNOAH.ZERO -アルドノア・ゼロ- 03「戦場の少年たち -The
これはいいロボアニメ! 面白いですね。 これから先もこんな風に進んでいくなら、これからも楽しみです。 1972年、アポロ計画の最中に月で地球と火星を繋ぐ古代文明の遺産 「ハイパーゲート」が発見された。 地球はレイレガリア博士を中心とする調査団を火星に派遣。 人類にとっての新天地、火星への進出がその後の長き戦乱の始まりとなることを この時は誰も知る由がなかった。 火星が開拓...
覚悟ある者達よ、戦え―
伊奈帆の才と度胸に胸が熱くなる展開の連続 姫様がまさに勝利の女神でしたw