ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『魔法科高校の劣等生』#18「九校戦編XI」

2014.08.03 (Sun)
「お前たちは俺の逆鱗に触れた、それだけだ」

十文字たちが出るモノリス・コードを残し、一高の総合優勝が決まった。
深雪の優勝もあわせて前祝をしていたが、そこに達也の姿はなく。
小野先生と車で密会中だと!?
お兄ちゃんはノーヘッド・ドラゴンの居場所を聞き出し、
一人乗り込んだ!!
相変わらずの圧勝☆

しかも一人一人消していって、ノーヘッド・ドラゴンのボスの名前まで聞き出してるし;
有能すぎるよお兄ちゃん…
おまけにこのノーヘッド・ドラゴン、「ソーサリー・ブースター」とかいう、
魔法師の大脳を使った魔法増幅装置の供給源らしく、
情報を得られたことに公安とかは大喜びなんだとか。

あんまりやりすぎると、ノーヘッド・ドラゴンに目をつけられそうなんだけれど、
実は十師族、一条の時期当主を達也が倒してしまったことを、
十師族の関係者はいたく気にしてる様子。

おかげで十文字先輩が十師族の力を見せ付けるために奮闘することになったけれど、
(なんか別人だったなw)
達也を十師族の一員だと確認してきたりとか、先輩するどい。
でも七草先輩を結婚相手にどうかと勧めてきたりとか、
七草の思いはくんでるかもしれないけれど、結構無神経な感じもしないでもない;
まぁ、忠告はありがたく~ということで、次回からいよいよ次の話に移るようですね♪

「三年前、君が四葉から引き抜いた深夜の息子だ」
そういえば、九島は四葉姉妹の師匠ということで達也の事情を知ってたようだけれど、
九島が達也を気にする事情って何だったのかね。
思わせぶりなことはいっても、ぼかしたまま終了;
続きはあるんだろうか…

とりあえず、四葉が他の十師族と比べて力が強く、
魔法師を兵器として捉えすぎてるということは分かった。
「兵器として作られた達也君に唯一残された感情。それが妹さんへの思いか…」
達也にシスコン以外の感情がないのは、
兵器となるために体をいじられたからなんですかね~。
まぁ、とりあえず次からの話に期待しております。
九校戦編、あまりにも長かった…

*アニメ単品で楽しもうと思うので、アニメの内容以上の情報提供はご遠慮ください。
あと記事より長いコメントはご遠慮願います。


魔法科高校の劣等生 九校戦編 4 [DVD]grilletto(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)Mirror(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)魔法科高校の劣等生 オリジナルサウンドトラック 2

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!相互リンクについてのコメントは、ここをクリック
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

お兄様による、一方的な殺戮の開始です。(^^;深雪にちょっかいを出そうとしたことで、ノーヘッドドラゴンは完全に達也の怒りを買ってしまいました。小野先生から組織の情報
お祝いの席で達也を見かけない。 「もう休んでいますよ」 この深雪の発言が、事情を知っていて故意に言ったウソなのか、本当に何も知らないで言ったのか見抜けなかった… Mirror(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)(2014/09/03)安田レイ商品詳細を見る
『魔法科高校の劣等生』 第18話「九校戦編XI」を観ました。<ストーリー>深雪がミラージ・バットで優勝したことで、最終日を待たずして一高の総合優勝が確定
魔法科高校の劣等生 Episode18「九校戦編XI」です。 どうも、どうしても
 魔法科高校の劣等生  第18話 『九校戦編ⅩⅠ』 感想  達也「保険です(殺さないとは言ってない)」  次のページへ
【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 入学編 3(完全生産限定版)(オリジナルステッカーver.3付き) [Blu-ray](2014/09/24)中村悠一、早見沙織 他商品詳細を見る 小野遥先生の諜報活動により、国際犯罪シンジケート・無頭竜の 拠点を知った司波達也。 司波深雪を狙った代償は、高かった。 そう、拠点を叩く。 あっさり...
くだらないバラエティ特番のせいで1日繰り延べになった関西での放送、しかもMBSはMBSでお馬鹿なことやって高校生たちに迷惑かけるという、日本の音楽業界とTV業界双方のオワコンの程度が今回の一件で改めて認識させられて、なんだかなァ・・・みたいな。 閑話休題。 「私もバイト代をもらおうかしら」 とボヤいていた響子おねーさん、原作ではこの後に達也から時間外手当を請求すべきではと言われて、ウチは労働...
立つ鳥跡を濁さず―
第18話「九校戦編XI」 九校戦は最終日を待たずに第一高校の総合優勝が決まる。 一足早くささやかな祝勝会。  そこに達也の姿は無く、がっかりするチョロインほのかちゃん。 え?まだあるの? 十文字が出るなら本戦でしょ?先に終わったんじゃないのか。
魔法科高校の劣等生の第18話を見ました。 第18話 九校戦編XI 総合優勝することができた第一高校の祝勝会が開かれるのだが、達也は祝勝会には参加せず、賭博の胴元で第一高校を妨害していた組織の情報を受け取っていた。 そして、藤林が同行して無頭竜の幹部達のもとへと近づいた達也は幹部達のボディーガードの射程からはるかに遠い高層ビルの屋上から皆殺ししてしまう。 「お前達が何人...
タッちゃん女子を取っ替え引っ替え。「魔法科高校の劣等生」の第18話。 達也と深雪が新人戦で活躍したことで最終日を残して総合優勝を決めた 第一高校の祝勝会の場には達也の姿はなく女子軍はガッカリ。 先に休んでいるとされているが実は遥に頼んでいた情報を元に賭博の 胴元で第一高校を妨害していた組織の情報を受け取っていた。 一方、達也の正体に気付いて風間に苦言と警告をする九島。 達...
兄妹と間違われない!きゃっ(*´∀`) 九校戦の決勝戦はナガレで終わっちゃったーw 服部先輩の活躍がVTRで終わっちゃったー。 ・魔法で肉体を消滅 公安から情報もらう必要あったの? 一番簡単だったのと、口封じも兼ねてだったのかな? パートタイムで公安のお仕事しないでー。 高層ビルから消滅させる魔法を放って皆さん((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル 妹に手を...
Episode 18 九校戦編XI 公式サイトから深雪がミラージ・バットで優勝したことで、最終日を待たずして 一高の総合優勝が確定する。真由美たちが一足早く勝利を祝う一方で、達也は横浜市内へと向かっていた。行き先は一連の事件を引き起こした国際犯罪シンジケート・無頭竜の拠点。日常では決して表に出すことのない能力を使い、深雪に危害を与えようとした幹部たちを消し去る。そして迎えた九校戦最終日。最後...
長い長い、九校戦編もようやく最終回(笑) 深雪に手を出された達也兄さんの怒りの攻撃が無頭竜を滅殺します…。 怖すぎるよ!!w     深雪がミラージ・バットで優勝したことで、最終日を待たずして一高の総合優勝が確定する。 真由美たちが一足早く勝利を祝う一方で、達也は横浜市内へと向かっていた。 行き先は一連の事件を引き起こした国際犯罪シンジケート・無頭竜の拠点。 日常では決...
「お前たちは俺の逆鱗に触れた それだけだ」 ノーヘッド・ドラゴンの拠点に向かった達也 九校戦編最終話――!    【第18話 あらすじ】 深雪がミラージ・バットで優勝したことで、最終日を待たずして一高の総合優勝が確定する。真由美たちが一足早く勝利を祝う一方で、達也は横浜市内へと向かっていた。行き先は一連の事件を引き起こした国際犯罪シンジケート・無頭竜の拠点。日常では決して表に出...