ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

雑誌「LaLa」10月号(2014年)の感想。田中メカ新連載スタート!

2014.08.23 (Sat)

LaLa (ララ) 2014年 10月号 [雑誌]LaLa (ララ) 2014年 10月号 [雑誌]
(2014/08/23)
不明

商品詳細を見る
表紙は新連載が始まった田中メカの『君のコトなど絶対に』。

付録は白黒ニャンコWメモ帳。
全サは「ニャンコ先生座椅子」がスタートしました。
色は白のみで、応募者負担は2500円…まぁ、それくらいはしますよね;

以下、ネタバレ感想です。
『君のコトなど絶対に』第1話 / 田中メカ
天使の笑顔の裏で、復讐に燃えるのが主人公・橘礼央(レオ)。
かつて自分を下僕のように扱った女に子に復讐を誓って帰国したものの、
その女の子・天馬のピンチを見て、何やかんやと助けてあげて~
これは「君のコトなど絶対に」好きになんてならない、といいつつ好きになるパターンか(ぁ
どうやったら恋になるのか、楽しみです。


『手裏剣とプリーツ』第2話 / 樋野まつり
日本で現役の忍に追われていた男性を助けてしまった美影。
男性とは貸し借りナシの状態になって、
なんだかそのまま彼を護衛する話になりそうな?


『うそカノ』第19話 / 林みかせ
互いに不安をぶちまけて、少しは進歩があるかな?
何気に妹ちゃんのほうでは時田が行動に出ちゃって…
妹ちゃんもとうとう姉離れをする日も近い!?


『ラストゲーム』第35話 / 天乃 忍
桃香のおかげというか、せいでというか…ようやく本心をぶちまけた美琴だったけれど、
柳がちょくちょく彼女を変え、その度に報告していたのもいけなかったのか;
彼女だといずれ別れる日が来る、友達ならずっと一緒にいられる、
という考えが、美琴の行動を制限させていたようですね。
進展がないはずだ。
絶対とはいわないまでも、大丈夫なんだということを美琴に思わせないと~
って、それは柳の役目か。


『赤髪の白雪姫』 第58話 / あきづき空太
ゼンの直属の部下として、
オビを白雪たちの向かったリリアスに向かわせようとするゼン。
しかしオビにはなにやら迷いがあるようで、
返事はどうするのかな。


『ウラカタ』第4話 / 葉鳥ビスコ
あれ?なんやかんやでいつの間にか美班のことが分かる流れに。
ここなりの新入生歓迎会か(苦笑)


『狼陛下の花嫁』第62話 / 可歌まと
弟溺愛・夕鈴と息子溺愛・蘭瑶は一点では気が合いそうだけれど、
その人、浩大が「毒花」と呼ぶような人だからね;
弟の晏流公が兄を慕う無邪気な子でも、
蘭瑶が狼陛下を慕ってるだなんて、とても思えない。
色々手回しして自分の息子を都に返し、ついでに王座も奪おうとしてるんだろうな;
ほだされそうな夕鈴はどうするんだか…


『ユキは地獄に堕ちるのか』第7話 / 藤原ヒロ
覚醒したすぐに、大きな力を使ったユキは寝込むことに~
けど、覚醒した状態のユキに腹を立てた天哉は突っかかってきて、
覚醒常態のユキが出てきた!
おまけにおもむろに服を脱ぎだしたところで、目が覚めて…あぁ。。。
ちなみに、前回の怪しい子供は右近という六辻寮の管理人なのらしい。


『フォアローゼズは笑えない』 / 野崎アユ
詐欺を働いてるようでいて、
実はみんなに笑顔を与えていた道化師のお話でした。
最後はハッピーエンド☆


『図書館戦争 LOVE&WAR』第70話 / 弓きいろ 原作:有川 浩
はじめの罰ゲームの図がいい♪
何やかんやでいちゃつきやがって☆
ただ本編はシリアス続行!のはずなんだが、
安全に大使館に向かうため先生には変装してもらって…
みごとなに大阪のおばちゃんに変身☆
郁のほうは別行動をとって、囮役でもするのかな…そっちの方が不安。
しかし「堂上郁」になる際は、知らせてくれと先生に言われたし~ニヤニヤ。
シリアスなのににやけてしまうわ。


『プラントガール』 / 咲月 晴
人間が光合成するとか『シドニアの騎士』とかぶるんだが(ぁ
いや、まぁ、中身は結構違うけど。


『空中都市ルインガルド』は特に感想はない…
新連載や最近始まったものも結構多いけれど、今月号はちょっと寂しかったような~。
田中メカは別格だけど!
『夏目友人帳』や『ヒノコ』がないとちょっとなぁ~と思いつつ。
次号は「狼陛下の花嫁」リフレクターチャームが付録についてるとのこと。
あと今後「Ane LaLa (アネララ)」は隔月刊となるらしい。


Ane LaLa (アネララ) 2014年 10月号 [雑誌]

にほんブログ村 漫画ブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック