ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『月刊少女野崎くん』#10「強まるのは、絆と手綱。」

2014.09.09 (Tue)
「先輩がミュージカル大嫌いになるように仕向けるのと、
そんな記憶無かったことにするの、どっちがいい?」


前回、若松と結月をモデルにしたサブキャラの雨の話は好評だったらしく、
剣さんに続きを勧められた野崎。
タイミングよく若松が結月に映画に誘われたため、
後押ししつつ、あとで感想を教えてくれるよう頼む☆
なんというか…若松と結月、好みというか価値観が全然違うよね;
映画見てても若松が青くなるところで結月は笑ってるし…
見てるところが違うというか…;

「分かったよ、次は別の奴誘うからよ」
食事中に平気でグロイ話するし…
さすがに食傷気味で来るんじゃなかったという若松に、
絶叫遊園地は男子バスケ部の彼女持ちか酔いやすい奴にするって言うんで、
結局若松が立候補することに!

いや~立候補した理由を省くと、ちゃんと少女漫画になってるんだなぁ~
不思議☆

「堀先輩が、『あぁ、ちょっと下手なんだなぁ~』って笑えるレベルになれればいいんだけど」
後半は演劇部の話で、堀先輩がミュージカルをやる気になったものの、
肝心の鹿島が歌がダメで、結月に歌を習うことに!?
ただ野崎と佐倉曰く、これは笑えるレベルになるのすら無理!
堀先輩をどうにかした方が早いらしい(苦笑)
ただ、これを結月の歌声と勘違いした若松がいたりもするw

もうひとつはケガ人が出て、堀先輩が代役で鹿島と剣を交えることになったのだけれど、
「やられなきゃいけないのはわかってるのに、こいつの足つかんでぶん投げてぇ」
日ごろの鹿島の行いが悪いせいで、つい鹿島を投げたくなる(苦笑)
これではダメだと、代役を野崎がやってみることに!

「野崎くんの選択は柔道ですよ」
けど思った以上に棒な上に、剣の扱いを知らなかった!(爆)
佐倉も野崎が柔道選択って、もっと早くいってやればいいのに(苦笑)
って、佐倉もまさか剣を放り投げて戦おうとするとは思ってなかったかなw

「こういうとき、調子いいこといったらすぐに乗ってくれそうな、
だましやすくてチョロそうな奴がいればいいのにな」

お次は乗せやすそうなみこりんにスポットが当たったけれど、
初めはみえみえだと気づいていたはずなのに、結局は乗せられるみこりん…

「妙に努力家で、すぐ恥ずかしがって、すぐヘコんでよく悩む…マミコだ!!」
ただ乗せられたとはいえ、頑張るみこりん。
その姿に既視感を覚えた堀先輩は、マミコに似てると気づいたようで、
思わず鹿島ではなくみこりん応援しちゃった☆
あとで「マミ…こしば」とか変な名前の呼び方しちゃってたよw

「一日たったら元に戻ったので、もう一度最初からならしてください」
ただみこりんはせっかく慣れたと思ったのに、
また初めの警戒する人見知りモードに戻ったので、堀先輩諦めた様子。
面倒くさいけれど、みこりん可愛い子だ。

月刊少女野崎くん 第5巻 [Blu-ray]TVアニメ「 月刊少女野崎くん 」オープニングテーマ「 君じゃなきゃダメみたい 」TVアニメ「 月刊少女野崎くん 」エンディングテーマ「 ウラオモテ・フォーチュン 」

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

結月ちゃんと若松くんをモデルに描いたお話が好評。 剣さんからもう一本オファーが入りますが。 モデルの"実態"を知っているだけに、二の足を踏む野崎くん。 訪ねてきた若松くんは結月ちゃんに映画のチケットを貰った! ネタにする気満々の野崎くんwww さっきまでのためらいはどこへ^^; 映画当日。 どう見てもデート♪ なんだけどなあ(ぇ マイペース結月ちゃんに笑ったww 若松...
もしかして初めてじゃなかろうか。千代が野崎を好きだと気づいた人。個人的にイチオシのカップルは鹿島と堀なんですが、気がつけば瀬尾と若松の仲が進展している様に見える。一番色恋と縁無さそうなのに不思議。更に瀬尾の友達がよく瀬尾に恋愛相談持ちかけるのも不思議。美人だから経験豊富だと思われているんだろうか。 若松の自己犠牲的精神に涙。瀬尾先輩に映画に誘われた! 嬉し恥ずかし初デート、他のカッ...
月刊少女 野崎くん 10話 「強まるのは、絆と手綱。」 感想 結月は黙っていれば可愛いのだけれど、 KYなだけでなく感性もかわっていたようで・・・
若松と結月のまったく気の合わないデート(笑) このまま勘違いから付き合いが続きそうな予感が(^^;     剣さんに次の「恋しよっ♥」で、若松と結月がモデルになっているサブキャラ クターの話を勧められた野崎。 そんな野崎の元に「結月から映画のチケットをもらってしまい、 どうすればいいのかわからない」と若松が相談にやってくる。 野崎は気の進まない若松に対して絶対に行くべき...
月刊少女野崎くん 第十号「強まるのは、絆と手綱。」です。 先週8/27に発売され
月刊少女野崎くんの第10話を見ました。 第十号 強まるのは、絆と手綱。 剣さんに次の「恋しよっ♥」で若松と結月がモデルになっているサブキャラクターの話を勧められた野崎の元に結月から映画のチケットをもらってしまい、どうすればいいのかわからないと若松が相談にやってくる。 野崎は気の進まない若松に対して絶対に行くべきだと思うと答え、若松と結月をデートへと送り出す。 「絶対に...
評価 ★★★ サブキャラ回       
月刊少女野崎くん #10「強まるのは、絆と手綱。」 恋愛関係でなくとも本人達が幸せそうならそれでもいいじゃない。 各々一風変わった関係ではあるけど相性の良さはバッチリだ。
第十号 強まるのは、絆と手綱。 雨の日ののエピソードが評判が良い。剣さんからサブキャラでエピソードを考えてはと言われる。でもオリジナルが結月と若松だから乗り気じゃない野崎。若松が結月からチケットをもらったと相談に来る。是非に行ってこい、あとで感想きかせて。 どうすれば勝てるかなと考えて漫画をヒントに 服装を決める若松。映画館では肘置きの所有権で揉めますよね。そうなのかと結月は両方を自分のもの...