ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画『スキップ・ビート! 35』著:仲村 佳樹

2014.09.21 (Sun)

スキップ・ビート! 35 (花とゆめCOMICS)スキップ・ビート! 35 (花とゆめCOMICS)
(2014/09/19)
仲村佳樹

商品詳細を見る

「俺、生まれて来て良かった───」

グアムでキョーコが出会ったのは、表紙の元の姿に戻ったコーン!
初めは純粋に再会を純粋に喜んでいたキョーコだったけれど、
よく見たらコーンと蓮の身体の情報が同じだと気づいてしまって…!

以下、ネタバレ感想です。
せっかく同一人物だと気づくチャンスだったのに、
メルヘン思考を利用されて、絶対視感が狂わされたw
やっぱりここでもコーン(蓮)の方が上手;

だったんだけれど、キョーコがよいしょよいしょで蓮のことを口にするのが気に食わないコーン。
自分が作り出したキャラに嫉妬しちゃってるよ。
キョーコがそんなこと知ったらキュン死しちゃうなw
今回はバレないようにしたものの、何度キョーコがキュン殺されたことか!

マウイオムライスで復活するかと思いきや、
なんだか(自分は幸せになっちゃいけない)呪いを解くためにキスする流れに!?
しかもクチでやるとか、逃げ道なくなった;

蓮との約束もあって、キスをためらうキョーコだったけれど、
そこは芝居をすることでカバー…なんて忠実な後輩なんだ;
いや、まぁ、蓮もコーンもどっちも大事なんだよな!
苦肉の策で間を取ったんだよ。

「けれど気づいたのです。それら総ての経験は
現在のわたくしになるためにはいずれも必要なことであったのだと」
「ひいては…あのお方にお会いする事もなかったはずで……」

あのお方(蓮)に会うきっかけを作ったショータローに感謝すらしていると語るキョーコ。
よく考えれば、コーンにとっても再会するきっかけを作ったのは、
ショータローになるんですよね;
ショータローを感謝しているとの言葉に戸惑ったコーンだけれど、今ならその気持ちも分かる様子。

キョーコのちょっと唇が触れるだけのキスでは物足りなかったようですが~(苦笑)
総ての経験が今の自分になるために必要なことだったと、
すべては思えないまでも、ある程度は必要なことだったと思える様子。
生まれてきて良かったと思える日が来るだなんて、もう特別な人作れんじゃ?
あとは正体明かしたら二人くっつけるじゃないですか!

ただ、コーン…去り際にキスしていくのはどうかと思うw
さすが夜の帝王のおおもと(ぁ
何だか最後に載ってた予告のところでは、
キョーコそれバラしてるようだけど…本人だしな(苦笑)

コーンと別れ、冷静になって再びコーンと蓮の類似性を訝しむキョーコだったけれど、
蓮のご先祖様が妖精のDNAを持ってた、ということが彼女の中では決着がついたのらしい(苦笑)
すんごい発想だわ☆

にほんブログ村 漫画ブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。