ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE』#6「狂気の城」

2014.11.13 (Thu)
「ガンドは皇帝の遺体を使って強大な兵器となり、
再びこの世に戦乱を巻き起こすことになりえる、か」


島でニーヴァを手に入れたチャイカだったが、
それが皇帝の遺産だと気づいているのかいないのか…海の幸を満喫中!
ニーヴァも一緒に食事をしてなんだか和やかムード。
「大差なし。ニーヴァ人格あり」
なんだか、もうチャイカはニーヴァを人として扱ってる様子。
けれどハルトゲン公国につくと、ニーヴァはギイに促されるままついていっちゃって;

「君の役目はここまでだよ。
この子をここまで連れてくるのは君たちの役目のひとつだ。それは完了した」

「君たちが手に入れたんだね」と意味深な発言したと思ったのに、
ニーヴァをハルトゲン公国までつれてくるのがチャイカの役目だったのかよw
うぅむ、これはギイの目論見を裏切って、ニーヴァがチャイカのところに戻ることを期待したい!
たぶん、そんな要素はあると思うから!

武芸大会の賞品に、
ガズ皇帝の遺体を与えられるっていうんでやってきチャイカだったけれど、
紅チャイカたちもいるし、ここは戦わずして得られるならと城を探ったけれど、
そう簡単にはいかないでしょうね~。

しかしこの城にニーヴァをつれてきて、何をするんだか…
ギイがハルトゲンに味方してるってことはないと思うんだけどなぁ~。
でも戦後に大会の様子が一変したというのは気になるな。

「ガンドは皇帝の遺体を使って強大な兵器となり、
再びこの世に戦乱を巻き起こすことになりえる、か」

まぁ、この目的は大いにありえると思うけど~
だからってハルトゲンはボスキャラの器じゃないw

あと、そういえばジレット…記憶を失っているようですね;
ジレットの世界に対する不満や疑問を見抜き、助けたようだけれど、
記憶が戻ってヴィヴィたちとハッピーエンドの再会を果たすことはできるんだろうか;
今のままだと嫌な予感しかないんだけれど!
何とか隊長の正義を取り戻してほしいなぁ~。

「お前の気が済むまでやればいい。俺は最後まで付き合うと決めたんだ」
そういえば、チャイカ喧嘩して一人で島にいったんだったな…
結局、トールが腹をくくってチャイカに最後まで付き合うと決めてくれたようで、
最後、どうなるんだろう…。。。
今はいい感じに聞こえるセリフだけれど、
最後振り返ってみると(涙)なんてことにならないといいんだがな(ぁ


漆黒を塗りつぶせ(初回限定盤)(DVD付)


ワタシハオマエノナカニイル(初回限定盤)(DVD付)


棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE 第3巻 [Blu-ray]

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

白チャイカに赤チャイカ、そしてジレット隊が、ハルトゲン公国に集まってきます。ガズ皇帝に娘はいなかった。その事実を知っても、チャイカの皇帝の遺体を集めたいという気
配色がゴレンジャイ並にアンバランスですが。あとは一堂に会する機会があるのかが気になる所。さぞや壮観…いや不気味な光景かもしれない。ほぼ同じ顔が5人ですからね。 波とたわむる。海を知らない連中なので全てが珍しかろう、と思ったらここでも食い気。小柄な体に似合わずチャイカはよく食べます。フレドリカに至っては何でもかんでも丸かじり。そしてニーヴァことニーヴァラーダまで食欲旺盛。大飯食ら...
棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE第6話感想。ガズ皇帝の遺体を手に入れるためハルトゲン公国に向かう棺姫のチャイカAVENGING BATTLE第6話。チャイカがニーヴァのお姉さんのようにしっかりしてます。
「狂気の城」 探索必要? 探索、その上遺体奪取 奪取完了、同時任務完了? …ニーヴァ愉快、好人物! 人物にあらず、私ガンド
[ 狂気の城 ]ギィが初めて敵だとはっきり認識できた。 全ては皇帝が書いたシナリオ通りなら、こんな悲しい話ってないよ
棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE 第6話『狂気の城」』 感想(画像付) チャイカたちも集合しての舞踏会が始まる!? ジレットを助けたのもギイ。 チャイカたちも操り何を企むのか…? 二―ヴァには意志は無かったのですね、信じたチャイカ可愛そうに…   ハルトゲン公国の首都ゲランソン――そこでは、来る“お祭り”に備え、 世界各地から猛者達が集結していた。 ...
評価 ★★★★ 貝、所望           
第6話 狂気の城 公式サイトからハルトゲン公国の首都ゲランソン――そこでは、来る“お祭り”に備え、世界各地から猛者達が集結していた。領主は八英雄の一人であり、討伐隊隊長として実際にガズ皇帝の首をはねたというシュテファン・ハルトゲン公王。彼の号令のもと行われる武芸大会の勝者には、ガズ皇帝の遺体が与えられるという。チャイカ一行も参加を決めるが、噂によればそこで繰り広げられるのは、大会とは名ばかり...