ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

OVA『黒執事 Book of Murder』下巻

2015.03.11 (Wed)
B00NE8WGPW黒執事 Book of Murder 下巻 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2015-02-25

by G-Tools

「すべては女王陛下のお望みなのですから」

女王陛下の思し召しでファントムハイヴ家に招いた
ジーメンス卿が亡くなり、さらに二人の人物が殺された。
犯人は最後に現れた13人目・ジェレミー牧師なのか?

以下、ネタバレ感想です。
上巻はアーサーが探偵役っぽかったのに、
下巻は完全にジェレミーが探偵役!
薄々正体は気づいていたので、セバスチャンの死体確認ってどうやってすんの!?
と思ってたら、最後の最後でネタあかしがありましたな。

てっきりタナカさんが身代わりしてくれてたと思ってたのに、
隣の部屋にいたフェルペスを使ったのかよ~。

一応、みなの前ではウッドリーを犯人として突き出したけれど、
セバスチャンを殺した犯人はグレイだった様子。
もともとジーメンスにうまいこといって狂言で死を装ったけれど、
偽装に使った小瓶をセバスチャンに見つけられ、セバスチャンを殺害;

その後、眠ってたジーメンスを殺したようですが、
それに気づいてたのに止めなかったセバスチャン。
なぜならばそれが、ジーメンスの死こそが女王の望みだったから。
どうやらドイツ軍事力の強化を阻むための措置だったようですね。

「ころあいを見て暖炉に瓶を。いいな」
シエルはサーカスの件がばれたため、
何か起きたときのためにと、スケープゴートとしてウッドリーを招待してた様子。
で、最後は罪を擦り付けて犯人に仕立て上げたと。
もともと殺人犯してるようなやつだから罪悪感はない様子。

「私は人間でないという事実がね」
しかし、なんでしょうかね~
違和感に気づいて屋敷に戻ってきたアーサーでしたが、
セバスチャンの死体をみんなで確認したとか言うよりも先に、
あなたは死んだはずだ!と問い詰めるのが先な気がするんだけれど(苦笑)
怖くてその確認は最後にとっておいたのかしら?

不思議な出来事に触れ、アーサーはのめりこむように小説を書いたようだけれど、
これもシエルたちの思う壺?
色々予想通りにことが動いたようですが、
ネタばらしの映像で死んだ振りするセバスチャンに乗っかって、
指輪つけた手でセバスチャンを往復ビンタするシエルがなんともドSだったのが印象的…
いつもやられてばっかりだから、ここぞとばかりに思いっきりやったんだろうな;

「スネーク、僕の屋敷に来い」
予想外だったのは、フェルペスを殺害したのがスネークだったということ!
それは…伏線とか、何もなさ過ぎただろう!まさかの本当に13人目!
いや、まぁテレビアニメの続きと思えば、
蛇が出てきた時点で推理できたかもしれないけれど、
なんというか、サーカス編に出てきたキャラがまた出てくるとは思ってなかったわ~。

「嘘でも突き通せば真実になる」
みんなが死んだことを明かさず、事件解明のために探していると嘘をつくシエル。
皆で幸せになろうと言うが、この嘘がのちのち仇とならなければいいのですが。
まぁ、とにかく一件落着かな。
セバスチャンの生き返りの儀式は、
セバスチャンが皆に愛されていることを実感できるシーンでした☆


黒執事 Book of Murder 上巻 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック