ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ』#6「Saintly Territory」

2015.05.10 (Sun)
「たまには本気になるのも悪くない」
氷の国の天を覆うオーロラ

シャイニングがSSSを盛り上げるために、自費で高さ世界一のタワーを作った!!
そのシャイニングタワーのオープニングレセプションで流す曲を
春歌とカミュが任せられることになった。
が、カミュは曲の相談に乗ってくれず、曲ができたらもってこいの一点張り。
春歌はカミュにふさわしい曲を作るため、彼の仕事について回ることに!
「仕事は完璧にできます、なんでも。
歌も芝居も何でもです。でも本気になることはないのです」

セシルから本気じゃないのに何でも完璧にできる人と聞いて、
カミュにふさわしい曲を作るため彼を知ろうと思い、
なぜだか下僕としてついて回ることになった春歌。

「だから私は本気になってもらえる曲を作ってきたつもりです」
仕事について回ってて、
彼が本気にならない人というのが本当だと分かった様子。
春歌の職人魂に火がついたのか、
カミュが本気になる曲を!と頑張ったつもりだったけれど、
「この程度」と一蹴されてしまって…

その後、カミュと話すことはなかったのだけれど、
タワーのお披露目当日、ドレスアップしてカミュとともにタワーへ!
そしてカミュの本気を見たw

「今宵は気分が悪くない」
もうなんというかね、
歌の歌詞にあったここの部分がカミュの性格を現してると思います(苦笑)
今宵は気分が悪くないって、本当素直じゃないよ!
本気になるのも悪くないって言ってたけれど、
それって春歌の曲が本気になってもいいと思えるくらい良い曲だったってことでしょう?
でなきゃ、本気にはならないと思う。

全く、面倒くさい性格だ。
あぁ、今回の理屈でいくと、セシルのことは嫌ってないんだろうね。
なんだかんだで同室続けてるんだし。
しかしカミュのマント、なんだかドラキュラ伯爵風に思えたわ(苦笑)

うたの☆プリンスさまっ(音符記号) マジLOVEレボリューションズ アイドルソング カミュうたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ 3 [Blu-ray]シャインマジLOVEレボリューションズ

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

SSSに向けてアピールに励むST☆RISH のメンバー。 しかし、時には意見が衝突して!? 連休でしたので2話まとめて。 「Code:T.V.U」 クロスユニットプロジェクト第2弾のレン、翔、セシルに与えられたプロジェクトは、 スマートフォンのCMプロデュース。 ところが3人ともそれぞれ自分の主張するコンセプトを譲らず、なかなか一つに まとまることが...
うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズの第6話を見ました。 Op.6 Saintly Territory 自費で建てられた世界一のシャイニングタワーのオープニングセレモニーの曲を歌うことになったカミュのために作曲する春歌だったが、曲のイメージを話し合うこともできずにいた。 本気ではないのに仕事を完璧にこなしていくカミュの姿に春歌はカミュ自信をもっと知り...