ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『人類最強の初恋』著:西尾 維新(と『掟上今日子の推薦文』)

2015.05.27 (Wed)
4062990407人類最強の初恋 (講談社ノベルス)
西尾 維新 竹
講談社 2015-04-23

by G-Tools

「人類最強の請負人さん
───人類を滅ぼす手伝いをしてもらえませんか」


『人類最強の初恋』というタイトルからも分かるとおり、
主人公は人類最強の請負人・哀川潤!
「初恋」が過去なのか、現在なのか気になっていたのですが、後者でした。

ちなみに、戯言シリーズの番外編みたいな感じか~と思っていたら、
あとがきに《最強》シリーズと書いてあり、シリーズ化決定です;
以下、ネタバレ感想です。
あぁ、なんというか「今は無き零崎一賊」という文章があると月日を感じるな~;
哀川潤の語りというのもなんだか不思議な感じがしました。

今回の話では赤い人が強くなりすぎて、
誰も彼女に仕事を依頼しないでおこうという協定が結ばれ、
人類最強が仕事を干されることに(苦笑)

ただ一人寂しく(?)スカイツリーにしたら、隕石が直撃して!
生きてることにもビックリだけれど、
振ってきたのが隕石ではなく、地球外生命だったという(苦笑)

「世界中から仲間はずれにされている、可哀相な女の子がいたから
───抱きしめずにはいられなかった」

しかも、「彼」としては人類最強を助けようと思っての行動だったのらしい。
クレーターできたのに、あれで抱きしめたとか
普通の人類の弱さをなめんなよw
人類最強だから生きてたんだよ、あれは。

まぁ、でもこれが一応初恋だったってことになるのかな。
「彼」はチャームの力を持ってて、誰も彼も魅了しちゃったわけですが…
仕事モードになれば、何のそのって感じであっさり解決。

「人類に失恋したのか、あたしは?」
もうひとつの話は、宇宙服のテストと称して月にあがったら、
帰れないよう仕組まれていたという話。
も…もう、人類最強の話は宇宙規模なんだな。
どおりで中のカラーイラストが不思議なスーツだったんだな~。

というか、もう敵は宇宙人くらいしかいないのか!?
なんかまた宇宙人出てきたし!
と思ったら、彼もまたかつて宇宙追放にあった人間だったのらしい;
酷い目に合わされても、彼を知るものがいないなら故郷に帰りたいと思う気持ちは、
人類最強には分からないようですが…

はてさて、今後の彼女の物語はどうなることか…
合コンとか一応頑張って入るようだけれど、
悲しい最期が待ってる展開だけはやめて欲しいな、って思っちゃいますね。

ちなみに132ページにあった、
「リスケを避けるためにも」というヒューレット准教授のセリフ。
初め「リスケ」が「リスク」の誤植かと思ったけれど、
スケジュールを組みなおす「リ・スケジュール」の略か~。
あぁ、死ぬまでのスケジュールを分単位で組んでるとかいってたから、さもありなん。。。

あと同じ日に出た『掟上今日子の推薦文』は、
読むのがつらくて、休み休み読みました。
正直、あまり感想はない。1巻のほうが面白かった気がする。
最後の事件はノックスの十戒で行くと、犯人一人しかいなかったからなぁ~;


掟上今日子の推薦文

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>非公開様へ♪
YUMAさん、こんにちは。

昨日、記事を読ませてもらいました。
どうコメントすればよいのかわからず、そのまま素通りしてしまったのですが…
ブログを続けていく(モチベーションを保つ)のも難しいものなのかもしれませんね。
わざわざコメントありがとうございました。
コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック