ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

漫画『PandoraHearts (24)』(完結)著:望月 淳

2015.06.29 (Mon)
4757545290PandoraHearts (24)(完) (Gファンタジーコミックス)
望月淳
スクウェア・エニックス 2015-06-27

by G-Tools

「アヴィスの意思からアリスを解放する───」

『PandoraHearts』24巻でとうとう最終巻です。
表紙のアリスは幸せそうに手を広げているけれど、
とてもこの作品がハッピーエンドを迎えるとは思えないのだが(ぁ

何はともあれネタバレ感想です。
過去を改変するためにレイシーを殺そうと動くオズワルドでしたが、結局妹を殺せず…
誰かに止めて欲しかったのですね。
止めてもらって、殺さず済ませられてホッとしたんだろうな~
あぁ、オズワルド好きだったのにここで退場に。

「黒うさぎ(オレ)の力でアヴィスの意思の躯を破壊する…!!!」
ギル、アリス、オズの三人は最終決戦に向けて、作戦を立ててきていたようで…
オズが全力で戦ってたのは、
刻印を一周させてアヴィスに落ちるためだったとは…!(汗)
(ギルがそんな作戦OKする日が来ようとは…!)

体の主導権を取り戻したリーオと協力して、臨むことになったけれど、
意外なことにオズの言葉になぜだか心を動かしたジャックが、
アリスを迎えに行くことになり、ポロポロ本心出てきたな。
演技しすぎて自分が分からなくなってるジャックでしたが、
一生懸命生きてる人間たちに感化されちゃったかな。

ギルとヴィンセントが共闘するという珍しいもの見れたけれど、
アヴィスに落ちたオズはジャックに体を返したあと、黒うさぎとして登場!
アリスのおかげもあって自分を取り戻した白アリスは黒うさぎと契約し、
あとは鎌で一振り~

っと思ったら、ありえたかもしれない別の世界の幸せな光景が見れましたね(涙)
しかもお茶会の映像だった!
だいたいオズは作戦立ててたんだからお茶会無理だって分かってただろうに、あのセリフ;
あれが「その後の話」でないことはわかってたから、
幸せな光景なのに、いつ夢が覚めるんだろうかとヒヤヒヤしながらこのシーン読みましたよ(涙)

でもいいお茶会でしたね。
エイダとヴィンセントのツーショットを見てショックを受けるお父さんたちがよかった(苦笑)
あぁ、あんな幸せなシーンが見たかったなぁ~。

体をなくしたアヴィスの意思は際限なく力が使えるようになり、鎖も復活!
ただオズとアリスはここでさよならに~
「またな!ギルバード」
ギルがどうしても二人が帰ってくるのを待つというので、
「さよなら」ではなく、「またな」で一時別れたけれど~
待つのもつらかったろうな…何年待ったんだ?

その後、ヴィンセントはエイダとくっつくことはなく~
シャロン&レイムの後姿のシーンで、エイダ一人だったので、
案外一人身通したんじゃないかなぁ~と思いつつ。
ヴィンセントはお兄ちゃんと幸せな日々を送りつつ、一足先に旅立っちゃって~

どうせならお兄ちゃんの幸せな、待ちに待った瞬間を見て欲しかった気もする。
(めっちゃ嫉妬しそうだけど)
しかし最後の再会のシーンで、二人の顔が描かれてないのがなんともにくいw
いや、ジャックの顔も描かれてなかったか~
でもなんだろう。何となくジャックの泣き顔は想像できます(苦笑)

丸々ハッピーエンドとは行かなかったけれど…
死んだ人は生き返らない、シビアな話だったけれど、
最後、何とか幸せな終わりを迎えられてホッとしました!
表紙の下の絵は卒業式風で、別れを意識させられるな。

もともとアニメから入ったクチで、続きが気になり漫画を大人買いしちゃって☆
ギルやブレイク、オスカーさまにオズワルド。
魅力的なキャラがいっぱいで、シリアスが続いても表紙下の話とか、
合間のおまけとかに癒されました。
絶妙なバランスだったよなぁ~。

あぁ、これで終わりとは寂しいけれど、またこの作者が本を出したら読んでみようと思います。
ではでは。


望月淳 2nd画集 PandoraHearts「There is.」


PandoraHearts Official Guide 24+1 Last Dance! (Gファンタジーコミックス)

にほんブログ村 漫画ブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>非公開さまへ♪
非公開さん、おはようございます。
今のところ広告の掲載予定はありませんm(_ _)m
コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック