ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

「今期(12月終了アニメ)の評価 31」Part.1

2015.12.29 (Tue)
12月終了アニメの総評です。2回に分けてUPする予定。

採点方法は以前参加した企画のものを参考にしています。
6項目を5点満点で採点。
評価の指標は、5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い

*各評価項目については、末尾に記載。

まずは8作品について評価となります。

DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD
すべてがFになる
学戦都市アスタリスク
終物語
小森さんは断れない!
ワンパンマン
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
対魔導学園35試験小隊

*辛口コメントも混じってますが、ご了承ください。あくまで私的意見です
ネタバレも多々あるのでご注意ください。

Part.2はこちらから→Part.2
『DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD』

ストーリー…1
キャラクター性…3
画…3
演出…2
音楽…3
総合的な評価…1

総合点…13

新キャラ登場したけれど、やっぱりドSで…
これ以上、Sのバリエーション増やされてもな;
1話目から無神兄弟(?)と始祖たちが登場したけれど、話は終わらせられず~
どうすんだよ…これで続きなかったら目も当てられないぞ!
無神たちが人からヴァンパイアになった経緯もあいまいなまま、
色々投げっぱなしで終わったな…。。。



『すべてがFになる』

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…3
演出…4
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…23

原作ファンとしては、実写ドラマよりも細かくやってくれた点は嬉しい!
ただ絵がちょっと独特で、あの犀川先生のTシャツは許せないわ~。
いくら興味がないことには無頓着設定だからって、妹さんが選んだあの服はw
と思ってしまうのは、ちょっぴり実写の影響があるのかもしれない…
まぁ、でも原作に興味を持ってもらう入り口としてもよかったのではないでしょうか。



『学戦都市アスタリスク』

ストーリー…2
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…2

総合点…16

分割2クールなため、
大きな大会の途中で終わってしまったのは仕方ないとして~
お姉さんのこととかちゃんと終われるのか心配;
正直いうと1、2話で切ろうかどうか最後まで迷ってた作品です(苦笑)
いまいち盛り上がれなかったし、
主人公がモテモテのハーレム状態だったのもおなかいっぱいでした。
5分のタイムリミットがあるとしても、戦いに負ける気がしなかったしな。
もっとどうにかならなかったのか…。。。



『終物語』

ストーリー…4
キャラクター性…5
画…5
演出…3
音楽…3
総合的な評価…4

総合点…24

いつも時系列がバラバラで混乱するというのもあるのですが、
『憑物語』から結構経っていたので、ペアリングが切れてる云々とかもう忘れてたわ~。
まぁ、合間に小説の新刊読んだから余計混乱したんだろうけど;
結論、「阿良々木暦は時に恋人たちよりも、幼女を優先する男☆」。
色々モヤモヤする話が多かったけれど、扇が出てから特にな~。
『暦物語』はアプリとして、また今後もアニメ化されるのかねェ…
もともと語りが多くて、アニメ向きじゃないんだよな、この作品。
特にバトルがないときは。



『小森さんは断れない!』

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…18

日常系で話はそこそこ面白いのだけれど、主人公の胸がな…
あぁ、作者さん男で、雑誌も男性読者がメインなんだろうなぁ~という感じが;
雑誌内ので差別化の結果なのかもしれないが、
あの露骨な胸が嫌悪感を抱かせる…
キャラの特徴かもしれないけれど、中学生であの胸はやりすぎだろう;
って、胸のことしか語ってねェw(苦笑)



『ワンパンマン』

ストーリー…4
キャラクター性…5
画…5
演出…4
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…26

キャラは魅力的なのからそうでないのまで、幅広かったですね。
戦闘シーンの作画が熱くて、楽しい作品でした。
まぁ、ただサイタマは淡白すぎて、戦いもほぼワンパンだっけれど…
最後にようやくワンパンで倒れない敵が出てきたけれど、負ける気しなかったしね;
ただ最後、敵戦艦を突き破って戦闘が外まで及んで目撃されないかと期待したんだけどな。
サイタマが周りに誤解されていく様は、ちょっとハラハラさせられた。
隣にジェノスがいてくれてよかったわ。
あとアマイマスクの最終回の去り際の歩き方、動きがおかしかった(苦笑)
伏線もあったし、ぜひ2期を期待したい作品でした。



『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4
演出…4
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…24

花房を捕まえることはできなかったけれど、
二人の関係は元に戻り、一件落着ということで一応区切りはつきましたね。
原作途中まで読んでたので、暗めの内容にアニメ化を心配していたけれど、
絵が綺麗なのと、正太郎の性格に助けられましたね。
実写版の『すべてがFになる』のときもそうだったけれど、
推理するときにポーズとるのって、流行なのかしら?(苦笑)



『対魔導学園35試験小隊』

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…4
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…19

なんだろうなぁ~
素材は悪くないのに、いまいち盛り上がりきれなかった。
チームとしてそれなりにやっていたのに、個人の事情を知って協力。
心を新たに仲間になるっていうのはワンピースでも見た展開だな(ぁ
それに鳳が正式契約するのは読めてましたw
問題がおきて、仲間と協力して解決!を何度もやったからいけなかったのかなぁ~。
たまには違う展開があった方がよかったのかも。
あと主人公のレリックイーターがものすごくダサかったです!(ぁ



各評価項目については、以下が基準となっております。

ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。
キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。
画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。
演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。
音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。
総合評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

No title
>対魔導学園35試験小隊

1クールしか尺が与えられなかったゆえの悲劇ですね。
せめて2クールなら途中のギャグ回みたいな話も増やせたと思います。
そもそもヒロインたちを助ける話にしても、かなりのカットが入ってるのが原作未読でも感じられるほどでしたし。
>通りすがり様へ♪
通りすがりさん、こんばんは。

そういえば『対魔導学園35試験小隊』は遊び回が少なかったですね。
コスプレ回はギャグ回というより、幸せなひとときの象徴みたいなものだったし;
分割2クールでやってたら、後半見なかった可能性もあるので、
意外と1クール放送でよかったようにも思います。
コメントありがとうございました。
コメントありがとうございます!相互リンクについてのコメントは、ここをクリック
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック