ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『銀魂』#304「万事を護る者達」

2016.01.06 (Wed)
「俺ァ、てめェが百の者を捨てる間に、千の者と繋がってきた。
俺ァ、てめェが千の者を壊す間に、万の者に助けられてきた。
たかが幾千の軍勢がどうした。
俺達は万事を護ってきた三人だ。俺達ゃ、万事屋だ」


将軍暗殺篇 五。
全蔵のピンチに銀さんたちが駆けつけ、高杉vs銀時、神威vs神楽の構図に!
銀さんの戦いを「ままごと」だという高杉だったが、
銀さんの言葉の方が重いです;
高杉が人とのつながりを捨ててる間に、
銀さんは多くの人と繋がっていって、今があるのですね。
初めは険悪の仲だった真選組とは今はツーカーの仲どころか、
もう背中を任せられる間柄ですからねェ~。

「……俺は何も失ってなんかいねェよ。ただ一つ、護る背中が減っただけさ」
銀さんと高杉で互いに背中を任せていた過去の図があっただけに、
銀さんのこのセリフは悲しかったなぁ~。

二人の戦いの合間に、ようやくアニメでも過去が描かれたけれど、
高杉と銀さんの出会いもだけれど、
吉田松陽との出会いはかなりのインパクトだったな(苦笑)
銀さんが拳骨一個で地面にめり込んでるぅぅぅぅ!

「悩んで迷って、君は君の思う侍になればいい」
自分をもてあまし、毎日ふてくされてた高杉はこの出会いから変わったようで…
銀さんに勝負を挑む高杉が可愛かった~。
笑顔も見れたし☆
しかし松陽の声は山寺さんか…。。。

「私はこの地球で生まれた神楽アル。誰にもこの故郷を好きにはさせない」
心配してた神楽の方は、怪我を見抜いて何とかなりそうな感じ!
というか止めようとする、その気迫がすごい!
ただあの怪我が総悟のおかげだと知ったら、どんな顔するかな。ニヤリ

そうそう、OPとED変わりましたね。
OPはさすがのDOESさんで、銀魂によく合ってる♪
ただ血文字(?)がでかすぎて邪魔だよな(ぁ
OP最後の将軍のあの絵がね…なんともいえないよ;
EDは今と昔を写真で見せてて結構好きかも。信女たちもいましたね。

さて、本編最後、銀さんが血を噴出しながら倒れちゃって…
いいところで終わったな、ホント。。。

銀魂―ぎんたま― 58 (ジャンプコミックス)銀魂°11(完全生産限定版) [Blu-ray]KNOW KNOW KNOW(期間生産限定アニメ盤)あっちむいて

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

今年一発目の銀魂。 洞爺湖は相変わらず頑丈ですね。 力を受け流してるから壊れない……みたいな事を言っている人もいますが、単純に硬いと思う。 以下ネタバレあり
評価 ★★★☆ しっかり握れ……                  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。