ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『銀魂』#313「届かなかったメール」

2016.03.09 (Wed)
「捜し続けろ。足掻き続けろ。
自分だけの真の道を選び、突き進め。
そう、俺達の名は…真選組だァァァ!!」


さらば真選組篇 六。
佐々木率いる見廻組に追い詰められていく近藤と桂。
血だらけの松平のとっつぁんも白服に連れてこられ、完全に包囲されてしまう。
って、長官がひと芝居うってました!
松平のとっつぁんを引き連れていた白服も、実は真選組でした☆

「俺達ゃ、アンタの隣歩けるんなら、どこだって構いやしねぇんだってな」
その隙に、土方たちも追いついて見廻組も一網打尽~
と思ってたら、結構佐々木ってば強い!
でもこのセリフ良かったわ~。本当真選組は絆が強くてね♪

「…でも異三郎を救うものは…誰もいなかった。誰も救えなかった」
それに比べて異三郎は一人ぼっち。
いや、正確には信女がいるんだけれど…

かつて悩んだ末に、使い捨てされるはずだった真選組を救ったものの、
烏に見破られ、妻と子供を失うことになった様子。
「どこへなりともむかえにいきますから。君と信女を」
セリフの感じからすると信女という名前は…。。。

死んだ妻の駕籠の上にいた骸、もとい信女を殺さず、
いつか国とともに滅ぶ自分を殺させるために、手元においているようで…
話を聞いていた神楽は総悟と信女の戦いを止め、
銀さんのほうも佐々木の目的を朧から聞いたけれど~
土方さんの方も佐々木の目的は知らないまでも、
無理にここで決着をつける気はなくなったろうな。

次回はとうとうあの人が登場か!

銀魂° 13(完全生産限定版) [Blu-ray]銀魂―ぎんたま― 60 (ジャンプコミックス)KNOW KNOW KNOW(期間生産限定アニメ盤)あっちむいて

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

評価 ★★★★ 自分だけの誠の道           
佐々木異三郎のお話。 なかなかに惜しいキャラです。 いや、まだ生きてますけどね。 以下ネタバレあり