ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

漫画『ゆめの守人 4』(完結)著:潮見知佳

2016.05.28 (Sat)
4592214242ゆめの守人 4 (花とゆめCOMICS)
潮見知佳
白泉社 2016-05-20

by G-Tools


「やっと…君をつかまえた」

少々遅くなりましたが、『ゆめの守人』最終巻の感想です。
『ゆららの月』から派生した物語も、ここまで続くとは思ってなかったな;
何気に羅雪と夜行もラブラブでした☆

以下、ネタバレ感想です。
前巻で両思いになって、思いを確認しあったのに、
緋一郎はゆめを置いてけぼりにして、一人で天界の術者たちに対抗!
(あ、羅雪たちの協力もあったけれど)

緋一郎がボロボロになるのを見ていられなくて、
ゆめはまた一人眠りにつくことを選んでしまって…
なんだろうなぁ~二人でラブラブシャイニングフィンガー!!
な展開を想像していたのに、この肩透かし感(汗)
互いに互いを思いあって、互いに自己犠牲というか自分を大切にしていないんだよな;

「僕は一人じゃない。君は一人じゃない───」
ただ緋一郎が絶望の淵にいたとき、ゆめが生きる理由で、
孤独から救ってくれた大切な存在なのだと知って起きてくれましたね♪

「君はもう一人で生きていける」
まぁ、また突き放すような言葉を言われて離れ離れになってしまったけれど…
蝶をほぼ開放しきったゆめは緋一郎のところに戻ってきてくれました!
おまけマンガじゃ、意外に尻に敷かれてるというか~
ゆめ、先生の扱いがうまくなってた(苦笑)

最終回で何度もハラハラさせられたけれど、ハッピーエンドで終わってよかったよ;

にほんブログ村 漫画ブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!相互リンクについてのコメントは、ここをクリック
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック