ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『人類最強の純愛』著:西尾 維新

2016.06.05 (Sun)
4062990741人類最強の純愛 (講談社ノベルス)
西尾 維新 竹
講談社 2016-05-07

by G-Tools

「あんた今、誰かに愛されてるか?」

最強シリーズ第2弾『人類最強の純愛』!
前回は世界からハブられたり、月に追放されたりと散々だった哀川潤。
今回は久しぶりに普通に喧嘩を売られて人類最強の請負人もニヤニヤ☆
って、今回何気にニヤニヤしてることが多かったような~。

以下、ネタバレ感想です。
あとがきにもあったんだけれど~
哀川潤と釣り合う人を探そう(婚活)と始まったはずが、
人類外の概念とばかり対峙することになってしまって…
今回の「純愛」はどこへ行った?
まぁ、何かに愛というか感情は向けていたけどさ。

10歳の自分に「誰かに愛されてるか?」と尋ねられて
答えられなかったのは寂しかったな;
でもおばあちゃんと呼ばれるほど年をとれば
「当然だろ」といえるようになってる将来があるというのは救い。
誰かに殺されたりはしないだろうけれど、
かといってさほど長生きしそうには思えなかったからちょっと意外でした。

「あたしは結構、寂しがり屋だ」
あと印象に残ったのはこのセリフ。
うん、寂しがり屋なのは知ってた。
結構おしゃべりだし、おしゃべりの相手は必要だよね。

しかし人類最強が月に置き去りにされても死ななかったのに、
あんなことで死に掛けるとは…
意外と石丸小唄の方が長生きするんじゃなかろうか!

それにしても~哀川潤が最強すぎて、
せっかく登場した新キャラたちの影が薄いな…軸本ひよりとか。。。
別のシリーズに出てれば、それなりに目立ってたかもしれないのに…

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!相互リンクについてのコメントは、ここをクリック
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック