ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今期(6月終了アニメ)の評価 2016」Part.2

2016.07.02 (Sat)
6月終了アニメの総評です。3回に分けてUPする予定。

採点方法は以前参加した企画のものを参考にしています。
6項目を5点満点で採点。
評価の指標は、5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い

*各評価項目については、末尾に記載。

次は7作品について評価となります。

文豪ストレイドッグス
田中くんはいつもけだるげ
キズナイーバー
僕のヒーローアカデミア
虹色デイズ
三者三葉
薄桜鬼~御伽草子~

*辛口コメントも混じってますが、ご了承ください。あくまで私的意見です
ネタバレも多々あるのでご注意ください。

Part.1はこちらから→Part.1
Part.3はこちらから→Part.3
『文豪ストレイドッグス』

ストーリー…3
キャラクター性…5
画…4
演出…4
音楽…3
総合的な評価…4

総合点…23

ストーリーよりも、キャラで魅せる作品でしたね(ぁ
敦ではなく、太宰さんがメインだったら全く違う話になってそう…
初めてEDを見たとき、芥川という人物をまだ名前すら知らなくて~
敦のお姉さんか何かかな?でも似てないから太宰さんの元カノか?とか思ってました!
男だったし(苦笑)
ただ、ただならぬ思いを寄せていたのが伝わる、ちょっと切ないEDだったな。
歌とあわせてあのED好きだったけれど。
日本にやってきたギルドは口ほどにもなかったけれど、今後どうなることか。続きが楽しみです。
あ、あと麦わら帽子の宮沢賢治を見たとき、『黒執事』思い出したわ。
案の定というかなんというか、フィニと能力(?)かぶってるし!



『田中くんはいつもけだるげ』

ストーリー…3
キャラクター性…4
画…4
演出…4
音楽…3
総合的な評価…4

総合点…22

なんというか、最後までのんびりまったりだったな。
太田の声がとってもピッタリでした。
しかし田中に惚れる人がいて、大田にほれる人がいないってどういうことだ!?
越前はなんというか、意外と惚れっぽかったな;
プロポーズされたのかと勘違いした回は、モヤモヤした…
恋愛話より日常の方が楽しめた。
今、確認して気づいたんだけれど、妹たち以外はみんな苗字しか出てないのな。
それはそれで珍しい。



『キズナイーバー』

ストーリー…3
キャラクター性…4
画…4
演出…4
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…21

序盤はそんなに面白いと思えず…
じわじわ面白くなってはいったけれど、それと同時に千鳥がウザくなっていって(ぁ
意外に仁子が一番大人で、えぇ子やったわ~。
天河とくっつくエンディングじゃなくて残念。
かといってあまりもの同士で日染とくっつくというのもないからな;
まぁ、ハッピーエンドで終われてよかったよ。



『僕のヒーローアカデミア』

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…18

うぅん、何もかも見事にテンプレというか~
展開に予想がついてしまう点が残念。
主人公が力を手にするまでも長く感じたけれど、
能力を使いこなすまでにまだまだ時間がかかりそうだ(汗)
それにしても爆豪がヴィラン側にいく可能性もあるのかなぁ~なんて、
序盤では思っていたけれど、そんな兆候は全くなく。
まぁ、それだとNARUTOのナルトとサスケな関係になっちゃうからな(ぁ
学園生活だけだとぬるくなりそうだから、最後の話みたいにたまにピンチが欲しいな。



『虹色デイズ』

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…2
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…17

30分枠だったらきつかったかも~。15分だからこそ見れた作品。
みんな個性がバラバラだったけれど、ちょっとドSだけは異彩はなってたよな;
最後の杏奈の葛藤にモヤモヤさせられたけれど、
自分の気持ちに気づけたようで何より。
二人両思いになったのに、そうとは知らずに片思い中とか、青春だなぁ~。
まぁ、互いに思いあっていたからこそ許せるキスですね。少女漫画だなぁ。



『三者三葉』

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…18

双葉の声、違和感あると思ったらわりと新人さんだったのか~;
友達もなかなかにキャラが濃かったけれど、
ひとえに葉子様とその元使用人&メイドのおかげだろう。
薗部役は新井里美さん風な声で、いい感じでした。
って、意識してやってないかw
夢オチの話も、おまえの夢かよ!って感じで、
色々ツッコミどころがありました。ただ正直ネコの話はどうでもいい。



『薄桜鬼~御伽草子~』

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…2
演出…3
音楽…4
総合的な評価…3

総合点…18

キャラがディフォルメ等身されてるので、
いくらすごんでもギャグにしかならないという(苦笑)
最終回の花見も、鬼と遭遇しても何だかんだで楽しく終わっちゃって。
EDも切ない曲だったのに、あの絵だからな!
時々、BGMがゲームっぽいなぁ~と思いつつ、まぁ、もとがゲームだからね。
まぁ、久しぶりに薄桜鬼メンバーの美声が聞けて何よりでした。



各評価項目については、以下が基準となっております。

ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。
キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。
画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。
演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。
音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。
総合評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。