ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

「今期(6月終了アニメ)の評価 2016」Part.3

2016.07.15 (Fri)
遅くなりましたが~6月終了アニメの総評、これで最後になります。

採点方法は以前参加した企画のものを参考にしています。
6項目を5点満点で採点。
評価の指標は、5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い

*各評価項目については、末尾に記載。

最後は6作品について評価となります。

テラフォーマーズ リベンジ
ふらいんぐうぃっち
うしおととら 3クール目
甲鉄城のカバネリ
暗殺教室 第2期
少年メイド

*辛口コメントも混じってますが、ご了承ください。あくまで私的意見です
ネタバレも多々あるのでご注意ください。

Part.1はこちらから→Part.1
Part.2はこちらから→Part.2
『テラフォーマーズ リベンジ』

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…2
演出…3
音楽…2
総合的な評価…3

総合点…16

1期とキャラデザが違う!なんだかゆるい顔つきになって、緊迫感に欠ける。
特に燈とミッシェルさんが…結構なメインなのに(汗)
おかげで話が全体的にゆるくなった気がする…
OPとEDの絵も酷かったけどさ…もうちょっとこう~どうにかならなかったのかな。
今度は地球にもゴキが!ってところで終わっちゃって~
最後のモブキャラも相当酷かったけどな…
とりあえず、石田彰声のジョセフが異彩を放ってました。
絵がゆるいとギャグ要員に見えてしまうのが難点;
って、意外と総合点低くなったな…



『うしおととら 3クール目』

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…3
演出…2
音楽…2
総合的な評価…2

総合点…15

とりあえず、最後までやれたのは何よりだけれど~
私はどうも潮の声が好きになれないというか、苦手で。
他作品でもたまにあるけれど、いつも叫んでる風に聞こえてしまうという…
新人あるあるというか、まぁ、潮がそういうキャラでもあるんだけれど。
もっとほかにいい人いなかったのかな(ぁ
とらの力也さんの声も最初は戸惑ったけれど、潮ほどじゃなかった。
絵は原作のままやったから古臭いのは仕方ないけれど、(歌もどうにかならなかったのか)
どうせならもっと早くにアニメ化して欲しかったな。



『ふらいんぐうぃっち』

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…4
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…19

田舎でのんびりまったり魔女ライフ。
って、魔女要素がなかったら、日常過ぎて物足りない作品になっちゃうな。
まぁ、魔女要素も意外に少なくて、ハラハラドキドキもなくてやっぱり物足りなくはあった(ぁ
もうちょっと事件が起きてもよかったよなぁ~。
くじらは魅力的だったけれど、意外にあっさり終わったし…
なんだか惜しい作品でした。



『甲鉄城のカバネリ』

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…4
演出…3
音楽…4
総合的な評価…3

総合点…20

ゾンビものにありがちな、真の敵はゾンビではなく人間。人間の方が怖いってパターンでしたね。
たいていゾンビものは後味悪く終わることが多いので、
美馬を倒し、ピンチだった二人が助かってハッピーエンドってのは仕方ないと思う。
ただ仲間内で死んだのが逞生だったことを思うとな~
まぁ、二人が助かる終わり方にするのに必要な犠牲だったんでしょう;
最終目標は無名を人間に戻すってことだったしなぁ。ちょっと大きくいい過ぎたかしら?
来栖に活躍があって何よりだったけれど、
線路というか吊り橋上げてたワイヤーをあっさり切るとか、曲芸じみた描写があったり、
絵がきれいな割りに時々雑だったのが残念。
でも意外と美樹本さん絵でも大丈夫だったので、ホッとしました。(失礼)



『暗殺教室 第2期』

ストーリー…4
キャラクター性…5
画…3
演出…4
音楽…3
総合的な評価…4

総合点…23

無事に最後まで終わりましたね。いや、劇場版もまだあるそうですが、
1期目あったときは最後までやってくれると思ってなかったので、ホッとしました。
一番意外だったのは、柳沢が正体ばらしたときの豹変っぷりかな。
あの高ビー(死語)な人が、よく地を出さずにいられたなぁ~と。
正体がバレてないのと、先生が暗殺対象になっているのとで優越感があったのかな。
もともとの元凶のクセによ!
最後、吹っ飛ばされて終わりだったのでその後をウィキペディアで確認したけれど、
うん、納得の終わり方だ☆
E組のみんなもそれぞれいい方向に向かっての最終回で、まるっと終わっていい最後でした。



『少年メイド』

ストーリー…3
キャラクター性…4
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…19

割りと楽しめた。けれど、知り合いの芸能人の件は必要だったかなぁ~と。
登場するまでEDが謎だったし…
まぁ、あの短パンキャラは小学生とはよく馴染んでいたけれど(苦笑)
円の声?口調?がちょっと苦手だった。
この人の声、他作品では気になったことなかったのになぁ??
桂一郎さんがお気に入りでしたが、おばあちゃんもそんなに嫌いじゃなかった。



ベストキャラクター賞…太田(cv.細谷佳正)『田中くんはいつもけだるげ』
目つき悪い割にスイーツ大好きで、オバケが苦手という。
いろいろ盛りだくさんなキャラでした。(誉め言葉)
太田がいたおかげで田中は暮らせている、という感じがひしひしと伝わった。

ベストOP賞…「KABANERI OF THE IRON FORTRESS」EGOIST『甲鉄城のカバネリ』
作品にあってたかどうかは置いておくとして~(オイ
異彩放ってたけれど、今期で一番かな。

ベストED賞…「名前を呼ぶよ」ラックライフ『文豪ストレイドッグス』
総評でも書いたけれど、映像とあわせてこの曲好きでした。
ちょっと切ない系でね。
次点は『薄桜鬼~御伽草子~』かな~耳に残る曲だったw

ベスト声優賞・男性…細谷佳正さん
やっぱり太田がよかったから!
って、基本この人の声好きなんだけどね。

ベスト声優賞・女性…なし



各評価項目については、以下が基準となっております。

ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。
キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。
画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。
演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。
音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。
総合評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!相互リンクについてのコメントは、ここをクリック
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

2016年春アニメ(6月終了アニメ)の個人的な評価を記述する。 90%以上の視聴アニメは下記となる。 学戦都市アスタリスク ビッグオーダー コンクリート・レボルティオ くまみこ ばくおん!! ハンドレッド ジョーカー・ゲーム 文豪ストレイドッグス あんハピ♪ 迷家 うしおととら ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? テラフォーマーズ リベンジ 田中くんはいつもけだるげ キズナイーバー ハイス...