ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今期(9月終了アニメ)の評価 2016」Part.2

2016.10.06 (Thu)
9月終了アニメの総評です。3回に分けてUPする予定。

採点方法は以前参加した企画のものを参考にしています。
6項目を5点満点で採点。
評価の指標は、5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い

*各評価項目については、末尾に記載。

次は9作品について評価となります。

不機嫌なモノノケ庵
魔装学園H×H
はんだくん
この美術部には問題がある!
ももくり
orange
モブサイコ100
D.Gray-man HALLOW
テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス

*辛口コメントも混じってますが、ご了承ください。あくまで私的意見です
ネタバレも多々あるのでご注意ください。今期は最新アニメでない総評もあります。


Part.1はこちらから→Part.1
Part.3はこちらから→Part.3
『不機嫌なモノノケ庵』

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…18

芦屋といったら、蘆屋道満の名前が思い出されるんだけれど~
特にこれといって芦屋の血筋の話はなく、ちょっと肩透かしを食らった;
見えるようになったのは、「思い」のおかげなのか…
隠世に行ったとき、モヤっとしたのが出てたのになぁ。
なんだかこれといったピンチはなく、少々物足りなかった。



『魔装学園H×H』

ストーリー…2
キャラクター性…3
画…2
演出…2
音楽…3
総合的な評価…2

総合点…14

原作はラノベで漫画も連載中なのか…
主人公が「エロス!」って叫ぶとか、読むのと見るのどっちがマシなんだろう;
愛音が向こうの人だというのは薄々わかってたので、
最後あぁいう終わり方になる前に、他の道はなかったのか…
あのまずい絵と話といい、円盤売れないだろ。2期ないんだろう?
主人公の母親もいずれ出てくるだろうと思っていたよ。
少々ありきたりな展開が多かったな…



『はんだくん』

ストーリー…3
キャラクター性…4
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…19

期待していなかったけれど、意外と面白かった。
半田君の周りは、個性豊かなキャラばかりだったな。イレイサーとか…
まぁ、白校の連中は必要だったか?と思ったけれど(ぁ
しかしなんだか半田君の言うことすべて、いい話にしてしまうんだな。
川藤、最後に嘘をばらしていたけれど、
これで少しは穏やかに学生生活を…って、送れる気はしないな;



『この美術部には問題がある!』

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…4
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…19

最初は見るかどうか迷っていたけれど、
1話目でロッカーに女の子がいるのを発見して、見る気になった。
特にネタばらしとかなかったけれど、アレ、コレットだったな…
美人な転校生がやってきてから、少々見づらくなったけれど、
悪い子ではないんだよなぁ~。複雑だった。



『ももくり』

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…18

やっぱりテレビ放送のほうが見やすいな。(ネット配信のときは1話切りしてた)
あっさりカップルになってしまって、それからの方がももくんはモヤモヤすることが多かったな。
それに比べてヒロインの天然っぷりのすごいことすごいこと~。
なんだかももくんが可哀相になってくるほど…
せめてもうちょっと嫉妬するとかなかったのかな;
まぁ、でもももくんも彼女のストーキングとか気づいてなかったんだし、
どっこいどっこいか…。。。あの仲良し三人組については消化不良だったな。



『orange』

ストーリー…4
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…19

話としては面白かったと思う。
少女漫画特有(?)の女同士の嫌がらせとか見たくなかったけど。
しかし過去に手紙を送るのにブラックホールがどうのこうのは必要だったのかな~
と思わないでもない…別にそこにリアルさは求めてなかったんだが;
あとは絵がたまに崩れたのは残念。
ときどき菜穂と翔の行動がじれったく、そして面倒くさく感じた(ぁ
アニメはほぼ原作どおりだったのかな?で、劇場版は須和の視点か…
何気に須和が一番いいやつだったよな(誉め言葉)



『モブサイコ100』

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4
演出…4
音楽…3
総合的な評価…4

総合点…23

純粋に楽しめた。まぁ、律がブラックになったときは見るのつらかったけれど~
最終回は霊幻が格好よかった!
力をモブからもらい受けていたとはいえ、マジ「師匠」って感じでした!
律よりもよっぽど師匠の方がモブを理解してたんだなぁ~。
あと気になったのは花沢の頭頂部が盛り上がったカツラ…
斬られて程よい長さになってたけれど、何であんなカツラをチョイスしたのかねェ。。。
ぜひ2期もあって欲しい作品でした。



『D.Gray-man HALLOW』

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…18

原作読んでたんで感想はザックリといきますが~
12話の戦闘シーン、しょぼかったな…ほかは割りと頑張ってたのに。
あとはなんといってもキャストが変わったのが痛いなぁ。
割りと主人公の声になれるのは早かったけれど、たまにしか出ない人は難しい。
ティキやロードの声を聞くたびに、「えっ?誰?」ってなった。
続きはあるんですかねェ~。。。



『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…5
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…20

なんというか、絵は無駄にきれいでしたね;(ぁ
合間にあった『ベルセリア』は、ゲームの宣伝とかではなく話が繋がってるのかな?
タイトルに「クロス」がついてることだし、二つの話がクロスするといいんだが。
でなければ本当にただ宣伝…ゲフゲフ
あとはキツネ風な男のポジションがよく分からなかった。
ときどき説明が足りなかったな。
何だろう、こっそり導師が片付けるというパターンが多くて、ちょっと物足りなかった。



各評価項目については、以下が基準となっております。

ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。
キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。
画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。
演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。
音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。
総合評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。