ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画『オトナの小林くん 2』著:森生まさみ

2016.11.09 (Wed)
4592210972オトナの小林くん 2 (花とゆめCOMICS)
森生まさみ
白泉社 2016-11-04

by G-Tools

「甘いモノがゆっくり味わっていられない性質なんだ。悪いね♪」

罠王子・小林千尋に「発情期」がやってきた!(苦笑)
今回の犠牲者は大和でも吹雪でもなく、もちろん小林藍。
あ、でも大和クンの登場もあります☆

以下、ネタバレ感想です。
あぁ、千尋に翻弄される藍が可哀相なような、
でも何だかんだで美形にいい寄られる良いポジションだよな!
お母様にも遊ばれてるけど(苦笑)

「今日は心の声に正直で実に可愛かったヨ♪」
途中からは、なぜだか藍の心の声というかトモダチが現れて、
その声に藍が翻弄されるという展開でしたが~
おかげで気持ちに踏ん切りがついたようですね。

つーか、心の声を的確に読んでしまうとか、千尋君エスパー…
まぁ、大和君も負けてなかったけど(苦笑)
ただ、まさかここで藍が告白してしまうとはね…
意外と早い展開だわ~。

ちなみに遅い展開、吹雪と健吾の話もあったんだけれど、
途中でやめるから恥ずかしいんだというのは、確かに正論だと思います!
こっちの二人も頑張れ!

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。