ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今期(12月終了アニメ)の評価 2016」Part.1

2017.01.05 (Thu)
12月終了アニメの総評です。3回に分けてUPする予定。
タイトルに今期とか書いてるけれど、もう年越しちゃったな;

採点方法は以前参加した企画のものを参考にしています。
6項目を5点満点で採点。
評価の指標は、5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い

*各評価項目については、末尾に記載。

まずは7作品について評価となります。

ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校
文豪ストレイドッグス 第2クール
終末のイゼッタ
魔法少女育成計画
刀剣乱舞-花丸-
ステラのまほう
装神少女まとい

*辛口コメントも混じってますが、ご了承ください。あくまで私的意見です。
ネタバレを含むのでご注意ください。

Part.2はこちらから→Part.2
Part.3はこちらから→Part.3
『ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校』

ストーリー…5
キャラクター性…4
画…5
演出…4
音楽…4
総合的な評価…5

総合点…27

まさか決勝だけで丸々1クール使うとはな…
いやでも昔のド○ゴンボールとかと違って、無駄に長引かせてるとかそういうのはなく~
ずーっと試合のため緊迫したストーリーでした。
たまにクスッと笑えるシーンがあるのもよかった。
今回はなんといってもツッキーが輝いてたわ!
これでようやく烏野メンバーに正式に入った感じかな(苦笑)
あとはな、放送開始前に烏養監督の声優さんの訃報が報じられて…
まさかの9話目になってからの交代ですよ(涙)
違和感半端なかったけれど、ここで代役とか…本当お疲れ様でした!
でも最後まで 田中一成さんの声で見たかったなぁ~。。。



『文豪ストレイドッグス 第2クール』

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4
演出…4
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…24

序盤の太宰さんの話は小説が原作だったようで、
敦が出る回と雰囲気全然違って、オトナな感じ☆
ただ、まぁ、誰が死ぬのか薄々予想がついてたので…そこだけはちょっと;
まぁ、でもあれがあったおかげで太宰さんが探偵社側にいることが際立ったように思えた。
後は芥川の印象が変わったかな。初め残念な構ってちゃんだと思っていたけれど、
(報われないけれど)可愛い子☆な感じに変わりました(苦笑)
あの太宰さんに対する一生懸命さがいい。
誉められて涙流しながら倒れていったよ(気絶)w
それに比べて敦はヘタレというか、あまり可愛げがないというか(コラ
また敵が出てきそうだし、なぜか太宰さんはそれを察知した上で作戦立ててたようだけれど~
続きもぜひともアニメ化して欲しいな!



『終末のイゼッタ』

ストーリー…2
キャラクター性…3
画…4
演出…3
音楽…3
総合的な評価…2

総合点…17

もやしもんの人の『純潔のマリア』を思い出した。
あっちも魔女で戦争ものだったし。
オリジナリティには欠けたけれど、戦闘シーンはスピード感があってよかった。
パイロットのバスラーは割りと好きなキャラだったので、もうちょっと活躍が欲しかったけれど~
まさかベルクマンが生き残ってたとはねェ。半々だとは思ってたけど。
ゲルマニア帝国が滅んでイゼッタも生きててハッピーエンドだったものの、
イゼッタが死んで第二の魔女の伝説が残った、
でも良かったんじゃないかなぁと思わないでもない。
ここまで重苦しい魔女の話にしといて、軽く落とすとはな…
まぁ、でも一般的に望まれるのはハッピーエンドなんだろうな。



『魔法少女育成計画』

ストーリー…2
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…2

総合点…16

1話目のアバンで、あぁ、魔女が死んでいく話なんだな~とは思っていたけれど、
あのアバンいらなかったんじゃね?伏線にしても見せすぎだろう…
しかしイゼッタと同じく、生き残っちゃったな;
スノーホワイトは最後まで強そうに見えなかったけど(ぁ
まぁ、生き残った人たちがこれから頑張ろうとしているのは何より~
でも『まどマギ』見ちゃってると、絶望感が少なく中途半端だよな…
ものすごいハッピーエンドかものすごいバッドエンドか、どちらか振り切った方が良かったような。
特に続編を見たいとは思わない。



『刀剣乱舞-花丸-』

ストーリー…2
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…2

総合点…16

ゲームはプレイしたことないけれど、絵だけは知っていたので、
アニメ絵の三日月宗近を見て愕然とした!エッ、誰これ?状態でした;
美形キャラほどアニメになると残念になることあるけれど、これはひどい~。
どうも大和守安定メインでしたね。1話目から。
最後までそんな感じで、彼のファンなら嬉しいだろうけれど、
もっと違う人の話も見たかったよ!
初めはやって来た人の紹介回があったのに、あとは雑になったよな;
人数を出し過ぎちゃったのかな…もうちょっと丁寧に作って欲しかった。



『ステラのまほう』

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…2

総合点…17

おじ様好きという点が気になって、微妙だなぁ~と思いつつ視聴。
うぅん、ちょっとみんなしてキャラが弱いかな;
締め切りなどの修羅場はあっても、最後まで空気はゆるいまま進み、
見なくてもよかったかもしれないと思ってしまった…(ぁ
ただ欠点らしい欠点もなかったので、点数は思ってたより高くなった。



『装神少女まとい』

ストーリー…4
キャラクター性…5
画…4
演出…4
音楽…5
総合的な評価…4

総合点…26

また魔法少女ものかよ~とあまり期待していなかったけれど、意外と面白かった。
主人公のやる気のなさはちょっとうぅむ…とは思ったものの、
周りのキャラの濃さにも助けられたな。
檜山さん声の銀髪がいいキャラしてた。ロリコン疑惑とかまた(苦笑)
一番良かったのはストーリーとその展開でしょう。
スムーズな流れだった。まぁ、多少母親のことを引き伸ばすなとは思ったけれど;
服がなくなるわりにエロさはなく、そこもちょっと好印象だった。
あ、あと和風のBGMも良かった。



各評価項目については、以下が基準となっております。

ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。
キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。
画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。
演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。
音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。
総合評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

No title
>魔法少女育成計画

そもそも、まどマギとは作品の方向性が違ってたので無理に比較しない方が楽しめたと思います。

この作品の主軸は魔法少女同士のバトルロワイヤルであり、
ぶっちゃけてしまえば、Fateのマスターと英霊が魔法少女に置き換わっただけです。
デスゲームのルール面とマスコットにして元凶のファヴの性格とデザインはダンガンロンパ、
一部の魔法少女のキャラには仮面ライダー龍騎の影響が見られますが。

まあ、早い話、次にどんな戦いが展開されるか、誰が生き残るのかを考えながら見た方が楽しめた作品です。
冒頭で殺伐としたシーンが入ったのも
この作品が意表を突いた展開で楽しませる類のものではなく、
単純なバトル系だと示したいというスタッフの意思表示たのではないかと。

>スノーホワイトは最後まで強そうに見えなかったけど(ぁ

実際、強くないでしょう。 少なくも現時点では。
ラストでも以前よりたくましくなったにも拘らず隻眼、隻腕になったリップルにさえ、かないませんでしたし。
むしろ自分の弱さを痛感したからこそ強さを求めるラストだったわけですし。

興味ないかもしれませんが、一応デスゲームからラストまでの合間を埋める
「スノーホワイト育成計画」がWebで無料で読めますよ。
デスゲームで大切な人たちを失ったスノーホワイトがラストで某エミヤさんみたいにやる気になってたくましくなるまでの期間の物語です。

>装神少女まとい
>主人公のやる気のなさはちょっとうぅむ…とは思ったものの、
周りのキャラの濃さにも助けられたな

というか、そのバランスが面白さのポイントの一つでしたね。
主人公は最後まで一貫して「普通」を望んでるのが、この作品のテーマですし、
「普通の女の子」はあの状況でやる気にならないのは当然ですしね。

その分、周りが主人公に代わって話を進めないといけないわけで、
特にゆまちんは話の進行役&狂言回し役をつとめ
コメディからシリアスにかけて大活躍した良キャラだったと思います。
可愛いですしw
>通りすがり様へ♪
通りすがりさん、こんばんは。

> デスゲームのルール面とマスコットにして元凶のファヴの性格とデザインはダンガンロンパ、
あぁ、確かに。
『まどマギ』よりも『ダンガンロンパ』に近い感じがしますね。
比較したのはここの総評くらいで特別に他の作品を意識してたわけではないのですが、
あの可愛い絵のせいでドロドロのバトルロワイヤルをしても、
微妙な空気が流れてた気がするのですよね(汗)

> まあ、早い話、次にどんな戦いが展開されるか、誰が生き残るのかを考えながら見た方が楽しめた作品です。
人が死に始めた時点であまり闘いには興味がもてず、
最悪みんな死んでバッドエンドなんじゃ…と思ってました(苦笑)
あぁ、でもダンガンロンパでも人は生き残ってましたね;

> むしろ自分の弱さを痛感したからこそ強さを求めるラストだったわけですし。
友達が死んだ時点で「強さ」を求めていてくれたら~と思わないでもないですが、
そこで頑張ってたら死んじゃってたでしょうから…
難しいですなぁ。


> 「普通の女の子」はあの状況でやる気にならないのは当然ですしね。
本人は普通を求めてても、どう見ても「普通」じゃなかったですけどね(苦笑)
昔のアニメだったら「私がやらなきゃ!」ってなりそうなものなのに、
ある意味斬新な主人公だったかも~。

> 特にゆまちんは話の進行役&狂言回し役をつとめ
> コメディからシリアスにかけて大活躍した良キャラだったと思います。
ゆまちんは本当にいいキャラでしたね♪
情に厚く、主人公の支えにもなってくれて、えぇ子やったわ~。
コメントありがとうございました。
コメントありがとうございます!相互リンクについてのコメントは、ここをクリック
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。