ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

「今期(12月終了アニメ)の評価 2016」Part.2

2017.01.12 (Thu)
12月終了アニメの総評、Part.2です。3回に分けてUPする予定。

採点方法は以前参加した企画のものを参考にしています。
6項目を5点満点で採点。
評価の指標は、5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い

*各評価項目については、末尾に記載。

次は7作品について評価となります。

夏目友人帳 伍
ユーリ!!! on ICE
舟を編む
私がモテてどうすんだ
ドリフターズ
亜人 第2クール
Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-

*辛口コメントも混じってますが、ご了承ください。あくまで私的意見です。
ネタバレを含むのでご注意ください。

Part.1はこちらから→Part.1
Part.3はこちらから→Part.3
『夏目友人帳 伍』

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4
演出…4
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…24

制作会社が変わったけれど、安定の夏目でしたね。
ただちょっと話数少なかったよねェ~。OVAは妙に浮いてたし;
ニャンコ先生の扱いがなんとも悪くて(苦笑)
もうちょっとレイコの話があると思ってたのだけれど、それは6期へ持ち越しか~。
あとはED、Aimerの声が良すぎて逆に浮いてた気がする…



『ユーリ!!! on ICE』

ストーリー…3
キャラクター性…4
画…4
演出…3
音楽…4
総合的な評価…3

総合点…21

OPとか滑ってるときの映像がよく動いていた。
ストーリーとしては主人公がパッとしなかった~というか、
うじうじしてばっかりだったので、ストーリーもジトジトしてた感じ;
初めはリンクメイトの女子のと恋愛に発展するかと思っていたのに、なぜこうなった(苦笑)
だいたいシリーズ通して同じものをすべるというのは分かるけれど、
アニメ1クールの3ヶ月で何度も同じものを見せられるとちょっと飽きてくる。
アニメでフィギュアスケートやるのは難しいなぁ。まぁ、同じに見えて違いはあるんだろうけれど。
(主人公以外の)キャラクターが良かった(オイ



『舟を編む』

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…5
演出…3
音楽…3
総合的な評価…4

総合点…23

原作は読んでないけれど、映画は見てました。
なので馬締の職場や住んでる家の映像が映画とほぼ同じだったので驚きました。
なるほど、そこを参考にしたのかと。いいモデルがあったもんだ。
アニメも丁寧に作られていて、少々重苦しい話があっても、
周りのキャラのおかげもあって、特に西岡さんのおかげで雰囲気が和らいだ。
こういう真面目な話もたまにはいいな。



『私がモテてどうすんだ』

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4
演出…3
音楽…3
総合的な評価…4

総合点…22

全体的には面白かったんだけどね。
ヒロインの…小林ゆうさんの声がときどき聞き取りづらかった。
特にBL談義で興奮してるときの声が(苦笑)
『銀魂』のさっちゃんのときとはまたトーンが違うんだけれど、うぅん、この声でよかったのか??
逆ハーレムで野郎ども+αが報われないとか、
原作終わってないならエンディングはこれしかないだろ。
しかし原作でもBL談義になるとあんなによだれ出してるのか、ちょっと気になる。
まぁ、でもアニメでいきなり突飛なことはできないし、そのままなんだろうな;



『ドリフターズ』

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4
演出…4
音楽…3
総合的な評価…4

総合点…23

初めはちょっと説明が足りないなぁ~とは思ったものの、
ちゃんと説明はしてくれるんだろうと、妙な安心かというか信頼感はあった。
まぁ、それがあるまで多少チンプンカンプンでしたが。
せっかく全面対決な感じになってきたところで終わってしまって~
第2期は制作進行中?みたいな話も出てきてるけれど、原作のストックが止まらないことにはな?
オリジナルでやるのはちょっと怖いし、次はいつになるんですかねェ~。



『亜人 第2クール』

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4
演出…4
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…24

全体的には面白かった。
時々絵とか動きに不自然さを感じたけれど、まぁ、しょうがないだろう…
主人公が自信満々で乗り込んでいって負けたときには目も当てられなかったけれど、
次もまた佐藤さんにしてやられて…最終的には勝ったけれど色々危なかった。
まぁ、そこが見所でもあるんだろうな。いい流れだった。
ただ主人公の友だちが駆けつけるのは結構間が空いたよな~。
もう出てこないのかと思っていたよ(苦笑)
まだ佐藤さんとの戦いは続く感じで終わったけれど、まぁご愛嬌ということで。



『Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-』

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4
演出…4
音楽…5
総合的な評価…4

総合点…25

とにかく主人公がうざ…もとい五月蝿かった。
全体的にみんな早口だったけれど、アレは尺のせい?
最後まで切り詰めてた印象…おかげで最終回は余韻に浸る暇もなかったな;
一応主人公以外は生き返ったというか無事で、
ガモタンは死んでしまったもののネットを続けているという…
ゲームが出るそうなのでそっちでトゥルーエンドとかありそうだな。
尺が足りなかったせいか、同人作家のポジションがイマイチ分からなかったわ~。
最後は合点がいったものの、もうちょっとわかってたらなぁ~と思わないでもない。
でもゲームはやらないからな。あぁ…。。。



各評価項目については、以下が基準となっております。

ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。
キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。
画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。
演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。
音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。
総合評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

2016年秋アニメ(12月終了アニメ)の個人的な評価を記述する。ピッコロさんのフォーマットを借用する。90%以上の視聴アニメは下記となる。 レガリア The Three Sacred Stars ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校 Vivid Strike ブブキブランキ 星の巨人 終末のイゼッタ DAYS 魔法少女育成計画 灼熱の卓球娘 装神少女まとい ステラのまほう 夏目友人...