ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

「今期(12月終了アニメ)の評価 2016」Part.3

2017.01.20 (Fri)
12月終了アニメの総評、これで最後になります。

採点方法は以前参加した企画のものを参考にしています。
6項目を5点満点で採点。
評価の指標は、5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い

*各評価項目については、末尾に記載。

最後は6作品について評価となります。
『斉木楠雄のΨ難』だけ見終わってないので、あとで総評書き足します。1/31追記しました。

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター
うどんの国の金色毛鞠
マジきゅんっ!ルネッサンス
ナンバカ 第1期
戦国鳥獣戯画〜甲〜
斉木楠雄のΨ難

*辛口コメントも混じってますが、ご了承ください。あくまで私的意見です
ネタバレも多々あるのでご注意ください。

Part.1はこちらから→Part.1
Part.2はこちらから→Part.2
『うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター』

ストーリー…1
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…2

総合点…15

シリーズを続けていくごとに、マンネリ化していっているような;
今回にいたっては7人ずつもいるのに「デュエットプロジェクト」でそれぞれ見せて…
まるでCDの番宣アニメみたいになってたよ…マンネリ過ぎる;
最後はST☆RISHが勝ったけれど、
ぶっちゃけQUARTET NIGHTの歌の方が良かったよね(ぁ
まぁ、ST☆RISHの方が最終回の絵、気合が入っていたけれど。
髪の毛とかめちゃ細かかったわ~。
なので絵の心配はしてないが、ストーリーがね…5期は大丈夫なんだろうか…;



『うどんの国の金色毛鞠』

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…18

初めポコと主人公の父親が知り合いなのだとばっかり~
いつ正体がバレるんだとハラハラさせられました(苦笑)
最終回でやっと分かるという、ストーリー展開がよかったですね。
ただポコの声がなかなか慣れなくって…
あの声なら、いっそ普通に子役を使ったほうが違和感少なかったんじゃないかな?
『ばらかもん』とか『蟲師』も違和感はあったけれど、潔さがあったし。
まぁ、動物要素が加わるとまた難しいだろうけどな。
あと中島には幸せになって欲しいな(苦笑)



『マジきゅんっ!ルネッサンス』

ストーリー…2
キャラクター性…3
画…4
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…18

初めステージから飛び出しそうな雰囲気だったので、またアイドルものなのかと思った;
でもまぁ、本編で歌って踊ってだったので、第一印象もそれほど外れてないか?(苦笑)
一条寺家の問題はもっとドロドロしていくかと思ってたのに、
お兄さんたち理解があって、ちょっと拍子抜け。
いやちょっとって言うか、問題が深刻になりそうでならないんだよな。
最後主人公の問題だけはかなり深刻でしたが、
予兆があったのに海回入れてきたので、ここでも拍子抜け…
ちょっとストーリー展開が悪かったような?
アピールされても主人公が恋愛に疎くて、ちょっと物足りなかったです。



『ナンバカ 第1期』

ストーリー…1
キャラクター性…3
画…2
演出…2
音楽…2
総合的な評価…1

総合点…11

今期最低得点かな?
無駄に髪色とか派手な上に、毎回キラキラ入れてくるものだから目に毒;
ストーリーも雑だったり微妙で、シリアスも似合わない(苦笑)
どうすんのこれw
シリアスいれずにバカ騒ぎばかりやってたら~って、話が進まないか…
ただ一ちゃんはお気に入りでした。
看守長とは意外とお似合いだと思います。



『戦国鳥獣戯画〜甲〜』

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…18

絵の感じもあって、シュールで面白かった。
初めは声に違和感あったけれど…あの声優さんじゃない感じが。。。
『紙兎ロペ』とかと似た雰囲気だなぁ~。
EDの歌は毎回何言ってるか分からないほど早口w
そしてよく動く!『乙』の方も楽しみです。



『斉木楠雄のΨ難』

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…4

総合点…21

最初は期待していなかったのだけれど、面白かった。
絵はちょっと残念だったけれど、ギャグアニメだから許せる範囲。
楠雄の兄については~軽く伏線はってた割りにそんなに重要人物でもなく;
なんだか深刻そうというか、確執深そうだと思っていたのになぁ~。。。
ヤンキーの次に金持ちが転校して来たのは、ちょっと「えっ…」って思いました(苦笑)
最終回のサプライズ誕生会はちょっといつもと違う雰囲気でしたね。父がちゃんと父してた。
おじいちゃんが面倒くさいけれどお気に入りキャラでした。じじいでツンデレとか…
続編もあるようなので、2期に期待したいです。



ベストキャラクター賞…斉木楠雄(cv.神谷浩史)『斉木楠雄のΨ難』
アニメで口が動かない主人公(苦笑)
周りのキャラも濃かったのに、負けなかったな。
ツッコミ役でもあって、色々万能だった☆

ベストOP賞…「聖数3の二乗」いとうかなこ『Occultic;Nine』
む、難しい曲だった。
でも絵とこの曲と、すごく作品にあってた。

ベストED賞…「風が吹く街」ライラック『文豪ストレイドッグス 第2期』
切なくていい曲だった。
この作品の曲というより、芥川の曲って感じもしたけれど(苦笑)

ベスト声優賞・男性…神谷浩史さん
夏目も斉木も神谷さんだった~!
『舟を編む』に『文豪』にも出てたし、どんだけ出てるんだ;

ベスト声優賞・女性…小林ゆうさん
『私モテ』で(残念な)美少女役もやれるということを見せたから(苦笑)
うん、残念な、ね…

もう1月の半ばを過ぎたのに、ようやく昨年終了アニメの総評が終わりました;
冬のアニメはもう結構1話切りしてしまったし、
次の総評は数少なくなってるかも~。



各評価項目については、以下が基準となっております。

ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。
キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。
画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。
演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。
音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。
総合評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>非公開様へ♪
猫ひげさん、こんばんは。

一応記事の上のほうにも書いていたのですが、
『斉木楠雄のΨ難』はまだ見終わってないので、見終わってから総評を書く予定です。
うちの地域めっちゃ遅れ放送なのです;
コメントありがとうございました。
コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック