ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

『いまさら翼といわれても』著:米澤 穂信(<古典部>シリーズ)

2017.01.18 (Wed)
4041047617いまさら翼といわれても
米澤 穂信
KADOKAWA 2016-11-30

by G-Tools

「いまさら翼といわれても、困るんです」

おや?折木?ホータロー?
なんだか聞き覚える名前が出てきたぞ~
と思ってたら、〈古典部〉シリーズ第6弾でした;
もっとこのシリーズだ!とタイトルで判別しやすいものだったらいいのに。
あぁ、でも単行本のときは、いつも学校の一風景が表紙になってますかね?
この表紙みたとき、病院の屋上かな?とか思ったけれど(ぁ

とりあえず、以下ネタバレ感想です。
なんだか、どれもスッキリしない話が多かったです;
「連峰は晴れているか」はアニメで先に見てたので、
それほど苦々しく感じませんでしたが。

摩耶花の漫画研究会のごたごたはまだ続いてたのか…
決着はついたけれど、微妙な決着だったような;
選挙のやつもちょっと嫌な話だったし~

ホータローがヒーローになった話は悪くはなかったけれど、
後世に残るいじめをしようとするとか、あの女頭悪いわ(ぁ

印象に残った話は、ホータローが
『やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければならないことなら手短に』を
モットーにするようになった理由。

ホータロー、昔はいい子だったんだね。
でもいいように便利に使われていたことを知って、
自分がやらなきゃいけないことじゃなかったら、
もう絶対にやらないでおこうという姿勢に変わったようで…

ただ、今回は自発的に掃除に加わったり、
その姿勢が和らいできたんじゃないのかね?
周りが頼ってきても、彼らはホータローを
いいように利用しようとしているわけじゃないからね。

最後は家を継がなくてもいいと言われたえるが迷う話。
今、高2ですからね。
3年になる前にいうのは正しいと思うけれど、
何も合唱祭の前にいわなくても…
まぁ、でも手を貸してくれる人や見守ってくれてる人もいるし、大丈夫かな?

にほんブログ村 小説ブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック