ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

『結物語』著:西尾 維新

2017.02.08 (Wed)
4062839008結物語 (講談社BOX)
西尾 維新 VOFAN
講談社 2017-01-12

by G-Tools

「100%趣味で書かれた未来です。」ということで、
オフシーズン最終作『結物語』は大学時代をすっ飛ばして、
社会人になった暦の姿が描かれています。
暦がついた職業とは…以下、ネタバレ感想です。
暦がついた職業とは国家公務員!しかもキャリア!
なんだけれど、お堅いイメージとは裏腹に、
暦が所属するのは怪異譚となる前の“風説”を取り締まる「直江津署風説課」なるもの。
やってることは昔と変わらず…
本人も趣味が仕事になったのではなく、日常が仕事になったとかいってたなぁ。
職場も女性だらけなのもお約束☆

調べた事案も怪異がらみから、人が起こした事件だったものまであったけれど、
全体的には暦とひたぎの将来の話でした。ザックリ

「ひたぎとの結婚式は、ここで開く。神前で」
こういうはセリフは女性が言うものだと思っていたがなぁ~。
暦ってば意外とロマンチスト…。。。
二人とも考える(やる)ことは一緒なんだが、勤務先は前もって一言相談とか…ねぇ。

一番驚いたのは羽川さんですかねェ~。
戦争を仲裁するような大物になっちゃって;
戦争がなくなるのはいいことなのだが、
世界征服を目論んでいるのと似たり寄ったりの危険思想と判断され、
扱いはほとんど国際指名手配犯の域に達しているもよう…
どんな女性だよ;

まぁ、でも暦と羽川の恋愛(?)は完全に終わったと見ていいのか。
表紙が神前式っぽい感じでいいと思うけれど、
お留守だった八九寺が全く影も形もなかったのが残念。
このシリーズで一番好きなキャラなのに。

今後は<物語>シリーズモンスターシーズンという続編が出るようで、
第一弾は『忍物語』とのこと。
八九寺の活躍はあるんだろうか…モンスターじゃ望み薄か?
まぁ、おみくじしおりは堪能しました。
紙で「噛ミマシタ」はないよな(苦笑)

にほんブログ村 小説ブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

No title
>戦争がなくなるのはいいことなのだが、
世界征服を目論んでいるのと似たり寄ったりの危険思想と判断され、
扱いはほとんど国際指名手配犯の域に達しているもよう…

完全にFateの英霊エミヤと同じ道を歩んでますなあ・・・
まあ、彼と違って今の羽川さんは要領がよいので、同じ結末にはならないと思いますが。
>通りすがり様へ♪
通りすがりさん、こんばんは。

> 完全にFateの英霊エミヤと同じ道を歩んでますなあ・・・
うわぁ…本当ですね(汗)
羽川さんもちょっと疲れているっぽい発言はあったけれど、
彼と同じ道は歩んで欲しくないですねェ…
コメントありがとうございました。
コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック