ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

「今期(3月終了アニメ)の評価 2017」Part.2

2017.04.05 (Wed)
3月終了アニメの総評Part.2です。3回に分けてUPする予定。

採点方法は以前参加した企画のものを参考にしています。
6項目を5点満点で採点。
評価の指標は、5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い

*各評価項目については、末尾に記載。

次は6作品について評価となります。

亜人ちゃんは語りたい
チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~
銀魂.烙陽決戦篇
ちるらん にぶんの壱
信長の忍び
ACCA13区監察課

*辛口コメントも混じってますが、ご了承ください。あくまで私的意見です。
ネタバレを含むのでご注意ください。

Part.1はこちら→Part.1
『亜人ちゃんは語りたい』

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…18

1話目見たときから、先生ハーレム状態になると気づいたけれど、
まぁ、教頭にセクハラまがいの疑いをかけられなくて良かったよ(オイ
ただなぁ、言葉は悪いがちょろインって言葉が思い浮かぶわ…。。。
もう一人先生のライバル(男)みたいなのが出てきても良かったけれど、
男性向けの作品だと、ハーレムは一人きりのものなのかなぁ~。
あ、あと佐藤先生について。
生徒に漫画を借りるまではいいけれど、学校で読むのはちょっと;
それに人に借りた本を読みながらお菓子を素手てつまむのはないわ…
せめて手を拭いてくれていたら良かったんだけれど、あれにはちょっと引いた。



『チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~』

ストーリー…2
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…2

総合点…16

なんといっても、途中から始まった感がすごかったよね;
ストーリー2点にするか1点にするか迷ったよ…それ程だ。
起承転結の1章の結から始まって、2章の起承転結に入ったような~そんな感じだった。
あとぽやっとした主人公のユーリの声が石田彰さんというのがね、
何かあるだろうと思ってたら、闇落ちしてブラック声出すし。
何となく予想はしてたけれど、ブルクハルトの闇落ちは早かったな(苦笑)
あといつもいじられてたお色気キャラ、内情とかなにも吐き出さず死んだのが可哀相…
黒の王は最後元に戻ったけれど、あぁなった経緯とか葛藤とかなにも出さず、
ボスキャラと存在してたのが、本当すごいよ…斬新というか雑だよな;



『銀魂.烙陽決戦篇』

ストーリー…3
キャラクター性…4
画…4
演出…4
音楽…2
総合的な評価…3

総合点…20

しばらく再放送になりそうなので、篇ごとに総評しようかと。
とりあえず、歌が酷かったですね…。
せっかくいつものようにOPとED入れ替えての締めに入ったのに、締まらない!!
今までもクセのある曲とかあったけれどさ、ここまで合わないのも珍しいよw
壮大な親子喧嘩&仲直りをしつつ、物語はさらに壮大に!ってところで終了。
あとはあれだよね、白夜叉(パクヤサ)が思った以上にいいキャラになってたね!
まさかのここで檜山さん起用かよ!
檜山さんならもっとほかにいいキャラあっただろうに…。。。
でも良かったよ。爆笑ものでした。



『ちるらん にぶんの壱』

ストーリー…1
キャラクター性…2
画…2
演出…2
音楽…2
総合的な評価…2

総合点…11

本屋で見かけた漫画の表紙はシリアス調だったので、おや?と思ったのですが、
本編の方でなく、スピンオフコメディの方がアニメ化されたのか。
なんというか、キャラの把握はできるのだけれど何のためのアニメ化だったのか…
キャラの魅力は伝わってこなかった。
新規ファンを得るためというより、原作知ってるファン用だったんじゃないの?
歌だけ妙にシリアス用だったな。あれも合ってなかった。



『信長の忍び』

ストーリー…5
キャラクター性…4
画…4
演出…4
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…25

基本ギャグだけれど、シリアスもあり、バランスの取れた作品でした。
信長&忍者モノで、こんなに明るい話も珍しいんじゃないだろうか。
2期もすぐに始まるから期待してます♪
ただ1期目最後の信長のことを後世に伝えていく云々は、フラグだよな…ゲフゲフ
あとは1クール目の歌の方が好きだったのですが、2クール目のほうも聞いてたら慣れたわ。
次はどんな歌になるかな♪



『ACCA13区監察課』

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4
演出…4
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…24

じわじわと真実が明るみに出て行く感じが良かった。
主人公が王族だと分かったのは、王宮のパーティのときかな。シュヴァーンが絵を飾る前。
ちらりと金髪の肖像画が映ったから、そういうことか!と。
ニーノの雇い主も近くにいる人なら~と薄々予想はできた。
はっきり美容室云々語ってくれたのは良かったわ。ただ銀髪を金髪に染めるのは大変そうだわ;
結局、ずっとジーンについて報告されていたからこそ、できた作戦だったんだね。
すべて丸く収まった良かったよ。ニーノとの関係もそのまま続くようだし♪
絵もオノ・ナツメの感じを崩さない、良い感じだった。



各評価項目については、以下が基準となっております。

ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。
キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。
画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。
演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。
音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。
総合評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック