ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

漫画『ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 3』著:日渡早紀

2017.09.25 (Mon)
4592214838ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 3 (花とゆめCOMICS)
日渡早紀
白泉社 2017-09-20

by G-Tools

「救けてほしい。小林蓮、君の力が必要にゃ」

カチコと仲直りするために、78日間ヘンルーカを引き止めることにした蓮たち。
次第にヘンルーカのことが分かってくるが、
ロジオンの影も色濃く出始める。

以下、ネタバレ感想です。
ヘンルーカの中には猫のオイとあともう一人の人物がいるようで、
その人物が暴力的で地球を欲している様子。
ヘンルーカはそいつを抑えるので精一杯なんだろうな;

蓮に助けを求めてきたけれど、このタイミングで
ロジオンはどうやら蓮に彼の「大罪」を知って欲しいと思っているようで…
どうやら彼は黒聖歌を歌ったことがあるようですね~
アスワドがロジオンを利用って…
ちまの前世がアスワドなんだろうに…幼女に耐えられるのか(汗)
しかしなぜこのタイミング??黒聖歌が必要になってくるのか?

何だかんだでオイの実物に会えたけれど、
「遠い宇宙より地球に飛来されました」
ヘンルーカの母親も地球外の人のようですね。
アリス=マリー=アースというのか。
そういえば凶暴な方のヘンルーカは亜梨子の夢には入れなかったとかいってたな。

富士山近くの神社関係者の方は蓮について何か探ろうとしていたけれど、
電話の人だれだろう。めっちゃ怪しいんだけれど。
あ、あと仲直りは全然してない…
ただチカコが色々見えてしまって、現状を問いただそうとしてくれたから、
これ以上蓮と溝が出来ることはないかな。
仲直り、期待しています。

にほんブログ村 漫画ブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック