ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

『百姓貴族 (5)』著:荒川 弘 (エッセイ漫画)

2017.11.27 (Mon)
4403671772百姓貴族(5) (ウィングス・コミックス・デラックス)
荒川 弘
新書館 2017-11-25

by G-Tools

「新書館の取材費で小●館の取材をする下衆!!!」

農家エッセイ・コミック『百姓貴族』第5巻でました!
いや~久しぶりですね。
つーか、連載10周年って、マジすか!?
そんなに長く連載してたんだ…
でもせっかくのカラーページは料理の失敗談。
カラーでダークマターを紹介ってどういうこと…

以下、ネタバレ感想です。
「害獣極悪度」なるものが表紙の裏に書かれていたが、
鼠<キツネ<鹿<タヌキ<クマ<リス
の順なのらしい。
タヌキは雑食で何でも食べるイメージだったけれど、
可愛らしいリスの方が農家にとっては天敵なのか!

表紙じゃタヌキとハクビシンが襲ってきてる図だったけどな。あとハチも(苦笑)
蜂に襲われたのは親父殿だけだったかw
いや、でも1年に何度も救急車で運ばれるというのは、農家あるあるじゃないと思う。
荒川家あるある、だよな!

あとなんとも言えなかったのは、鳥の巣と雛を見つけたときの親父殿が
すぐさまニャンコを呼んだのがな…
呼ばれてやってきた猫は雛を…。。。
うん、まぁ、やっておしまいとか言ったのではなく、呼んだだけだからな…
目的は明確だったとしても;

「自分で直せない物はいらん。」
でも親父殿のこのセリフは名言だと思う。
どんなに機械が発達しても、それを扱うのは人間だからね~。
失敗談も怖かったです…。。。
次はいつ本が出るかなぁ~。
あと小学館の方に取材したネタ取り入れてくるのかしら?(苦笑)

にほんブログ村 漫画ブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック