ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

「今期(3月終了アニメ)の評価 2018」Part.3

2018.04.21 (Sat)
3月終了アニメの総評追記です。
Netflixのアニメ、ようやく見終わったわ~。

採点方法は以前参加した企画のものを参考にしています。
6項目を5点満点で採点。
評価の指標は、5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い

*各評価項目については、末尾に記載。

最後は2作品について評価となります。

B:The Beginning
A.I.C.O. Incarnation

*辛口コメントも混じってますが、ご了承ください。あくまで私的意見です。
ネタバレを含むのでご注意ください。

Part.1はこちら→Part.1
Part.2はこちら→Part.2
『B:The Beginning』

ストーリー…4
キャラクター性…5
画…5
演出…4
音楽…5
総合的な評価…5

総合点…28

アメリカの刑事ドラマみたいな要素と、異形の力云々をよくワンセットにできたものだなぁ。
接点はキースと黒羽だけだったし。多少無理やり感がないでもない;
異形の方はきっちり解決できなかったせいで、
最後はRISの方が目立っちゃったけれど;
モリモリ声の医者はキースがわざわざ序盤で会いに行った時点で少し怪しいなぁ~
とは思っていたけれど…
続編はきっとあるよね!これでなかったらヒドイよ!
今度は異形の方を解決しなきゃな。最後に出てきた子のこともあるし。
あ、あと歌がよかった。



『A.I.C.O. Incarnation』

ストーリー…4
キャラクター性…5
画…5
演出…4
音楽…5
総合的な評価…5

総合点…28

神崎雄哉という人物がずーっと謎だったけれど、正体が明かされるのは最後の最後。
初めはアイコの父親なのかと思ってたわ(苦笑)
ただ口調や態度が、すごい他人行儀だったから、
別のすでに(名前が)出ている人だとは思っていたけれど。
でも最後はアイコの父親が良いところもっていったなぁ。
多少、アイコが生き残ったことをご都合主義と思わないでもなかったけれど~
あそこで死んでたら神崎が可哀相だし…あれでよしとしよう!
子安さん声の医者は残念な結果だったけれど、自業自得でもあるしな。あれは仕方なし。
あとこっちも歌がよかった。



各評価項目については、以下が基準となっております。

ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。
キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。
画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。
演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。
音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。
総合評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。(最大500文字まで)


管理者のみに表示

トラックバック